ももくその、楽園てどこにあるんだろう・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

じゃぽ~ん と 他の国の人たち 其の2

パリに住んでいた時って、人種のるつぼだった。
街を歩いてもそうだし、最も面白かったのがフランス語学校だったな・・・。


学校では普段、出会うことの無い人たちと出会うことが出来た貴重な時間だった。


(╬⓪⓪)  国連か!!


って思うほど色んな国から来ていて、色んな職業の人が居た。


サウジアラビアの石油王の王子様とか、イタリアの女子アナとか、オランダのインターナショナルチームのバレーボール選手、アメリカのカメラマン、ブラジルのコーヒー農園のお嬢様、謎の台湾人、北○鮮の工作員(疑惑)の女の子(←読んでいない人はここから)など・・・。


クラスの先生が名前を覚えられないから、各自名前を書いて机の上に置くように言われた。
端の席から自己紹介が始まる。


スウェーデンから来ためっちゃ可愛い女の子。
「IngerborgelleniÅkeböra Magnusson」 ←あくまでもこんな感じの長~い名前。


イ、インゲルボルグ・・・、エ、エレニ?・・・???



。:゜(;´Д`)゜: 読めないし、発音自体が難解でマネ出来ません・・・。 


本人も、自分の名前が長くて難しいのを気にしていた為、
「みんなエレンって呼んで♡」と言っていた。


次はオランダ人のプロバレー(ボール)選手の女性。(身長190センチ以上)
彼女の名前は難解すぎて覚えられなかった・・・。
「大体こんな感じ・・・」っていうことすら出来ないくらい凄い発音。(´Д`ι)アセアセ
 

自己紹介した時点で、クラスのみんなが一斉に


(゚Д゚)  「ハ?」


と、3回も聞き返したくらいで、仕舞には「ジェーン」て勝手に名前を変えられて呼ばれていた。
本人も自分の名前を発音するのは難しいの知っていて、私が何度かトライして言えなかった
時には、


「ももくそ、ジェーンでいいよ ( ´,_ゝ`) フ 」 と、言ってくれたくらいだ。


みんなその国の読み方とか発音があって難解だけど、名前ひとつで面白かった。


私も「momokuso」、台湾人も「jerline ジャーリン」と自己紹介。


そしてサウジの王子様。
机の上のお手製名前プレートには・・・、


「 عِيدٌ 」   ← 憶えてないけど、こんな感じ・・・。
 

一斉に各自の言語でつっこむ。

 

(╬⓪⓪)  読めねーーーよ!!!


なぁ~んで母国語で書いちゃった?(笑)
それ、先生読めないっしょ・・・。( *´艸)プッ


こういう時って、各自母国語でつっこみが入るんだけど、



「あ~、言葉は分らなくても言っていること分るし、
        世界が繫がったな・・・」 ・:*:・(*´Д`*)ウットリ・:*:・



ってちょっと感動。

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
           にほんブログ村 
関連記事
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。