ももくその、楽園てどこにあるんだろう・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

シュラスコ ? !ファヒータ ? !~ バカ (゚Д゚) ウマー!!

軽井沢のバーベキューで大好評だった、「シュラスコ風ローストビーフ&チキン」を
家でも作ってみようと思う。

シュラスコは、串刺した肉を豪快に焼いたブラジルの肉料理。

   top_06.jpg

香味野菜と白ワインビネガー、スパイスなどで味付けをして焼いていく。
酢とスパイスのお陰で、防腐効果もありバーベキューにも最適。


今回は、普通の家のフライパンで焼いていくので、塊のローストビーフではなく、
薄くスライスされたステーキ肉でやってみようと思う。


味もスパイスをたくさん入れるので、少し「和(醤油)」のテイストを入れてみる。

   ファヒータ2

シュラスコ風グリルビーフ&チキン
A
玉ねぎ 1個 (すりおろす)
にんにく・しょうが 1片 (すりおろす)
白ワインビネガー 100cc
醤油 50cc
オリーブオイル 50cc
塩 1/2大
レモン 1/2個 (薄くスライス)
スパイス(ナツメグ・クミン・オレガノ・ブラックペッパー) 1/2小

肉(好きなもの) 今回は牛肉250g・鳥もも肉1枚

① 肉をアイスピックやフォークでたくさん穴を開ける。

② Aを混ぜ合わせ肉を漬けて、1~2晩置く。

③ ②を焼く。(余分な漬け汁の野菜カスはふき取る)


焼けたら食べやすい大きさにカットしてそのまま食べても良し。
パンにレタスやトマトなどを挟んでサンドウィッチにしても GOOD


そのままでもお肉に味が染込んで美味しいが、今回はお肉用のソースを作って、
ファヒータ風にトルティーヤで野菜と挟んで食べよう。

 
万能シュラスコソース
玉ねぎ 1/2個 (みじんぎり)
ピーマン 1個 (みじんぎり)
トマト 2個 (0.5~1cm間隔の角切り)
パセリ 2房 (みじん切り)
白ワインビネガー 大5
塩・胡椒 適量
オリーブオイル 大4

① 全てを混ぜ合わせ、煮沸した綺麗なビンで保存。

1週間は冷蔵庫で長持ちするので、お肉にかけたり、ソテーした白身魚にかけてれば、
夏っぽい南欧風の魚料理に早変わり。
サラダのドレッシングとしても GOOD


上の写真にもある、玉ねぎ・ピーマン・パプリカを塩とたっぷりのブラックペッパーで、
炒めてトルティーヤで一緒に巻けば・・・、


ふぁひーた4



            コリャ (゚Д゚) バカ ウマー!!


にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
                  にほんブログ村
      アップランキングに参加しています。 
関連記事
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。