ももくその、楽園てどこにあるんだろう・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

潜入!日本三大セレブ病院入院レポ ②

手術当日。
朝に手術着に着替え、紙ショーツに履き替える。

私は午後13時から。

お向かいの方は9時かららしい・・・。(←聞き耳たてて知った)
しかし、緊急手術が入った為、時間がずれるそう・・・。


入院4


バイタルを計る為にやって来た看護師が、枕元のモランを見て「ペンギンですかー?」


面倒なのでスルー。


次に浣腸するためにやって来た看護師もモランを見て
「アザラシですかー?」


スルー。



てか浣腸が辛かった。


ベッドに横になり、紙ショーツを下げて浣腸。
120mの薬剤を入れられるのだが、タイで2度の腸洗浄を経験した私は最初は余裕でいた。

しかし、実際は120m入れ終わったら苦しくてしょうがない。

看護師に「3分は我慢して下さい」と言われるが、我慢できない。
限界まで我慢できたとしても、トイレまで一歩も歩けないだろう・・・。

ベッドや歩きながら糞をまき散らす前に、歩ける今、トイレまで移動しておこう・・・。

括約筋をフル活用してトイレまでたどり着く。



もうダメだ。



がまんできーーーん!!!



と、トイレに辿り着いて便器にしゃがむ瞬間に脱糞。
便器から外してもうた・・・・。



かお怒


いやーこれは不可抗力だよね。
私は悪くないよね???


まず最初に大を終わらせ
(あまりの強力な浣腸の威力に全身の武者震いが止まらなかった)

その後、せっせとトイレ掃除。


同じ時間に浣腸したお向かいさんと交互にトイレに入る。(でも1度も顔合わせてない)


お向かいさんは3分我慢できたのだろうか・・・。
恐らく出産の時も体験しているだろうから、ベテランさんか。


腕に点滴の針を入れられる。


入院13


手首の上に針を入れるのは痛い・・・。
昔は点滴の度に肘の内側に針を刺していた為、退院間際にはシャブ中の人の腕
みたいに(想像だがw)まムラサキで凄い事になっていた。

今では一度針を入れたらそのままなんだとか・・・。

でもこの位置に針は痛い。


そして「深部静脈血栓症・肺塞栓症」を防止するために弾性ストッキングを履く。


深部静脈血栓症 : 術後の臥床によって血液の流れがうっ滞した場合、服薬や
             外傷から血液が凝固し血管内壁を損傷してしまう

肺塞栓症 : 深部静脈の血栓が遊離し、肺動脈に詰まり呼吸困難や心肺停止を
         引き起こす


そうなんだーーー。
昔はこんなのなかったな~。

今ではどこの病院でもこんなストッキング履いたりするのかな?
手術後はこの上から血栓予防のマッサージ器も付けるらしいし・・・。


夫がこんなものを買ってきた。

入院11


お守りを買って来るなんて、夫のイメージではないので驚いた。
自分専用の冷蔵庫があったので、ご飯のお供も買ってきてくれた(なめ茸・岩のり・ハム)


30分遅れで手術スタート。
手術室まで看護師と歩いて移動。


手術室に入ると、まるで映画やドラマで見る世界が広がっていて、

なんだか凄いなーーーと思ってしまう。


入院16

要らないから取っちゃえ的でお願いした手術なので(建て前は違う事言ったが)
正直、なんか悪い事をしているような。申し訳ない気持ちでいっぱいになった。


背中に硬膜麻酔(背中に針を刺しそこから2,3日分の麻酔を絶えず流し続ける)をし、
次に全身麻酔。


全身麻酔が効くまでの間、あれだけ飲みたかったお酒を大量に飲んだ感覚がやってくる。
不安と緊張が一気になくなり、気分がよくなり解放された感じになる。

マイナスの精神状態から一気に多幸感状態・・・。







その時の私の顔はぜったいこんな表情だったに違いない・・・。
       ↓
動物8


「あー、マイコーが麻酔中毒だったって噂は、こんなラリった感じになるからなのね」
と、どうでもいい事に納得し、いつの間にか寝落ち。


寝落ちするまで看護師が不安にならないように体をさする。(さすがセレブ病院)


残念・・・下半身麻酔だったら天井に鏡つけて自分のオペ見たいくらいだけど
全身麻酔だしね・・・。


ももくそさん!と、声をかけられてハッと目を覚ますと手術台で既に終わっていた。
その瞬間、『屁』が出る・・・。


あ、屁が出た。

って事は今夜から食事OK? ←無理だろ
(恐らくこの時の屁は術中にお腹に入れた炭酸ガスが漏れただけ)


なんて思うのだが人工呼吸器で声が出ない。
呼吸器を外す時、喉かかなり痛く声もでなかった。



病室に運ばれ麻酔の所為か寝たり起きたりを何度も繰り返す。
体中から管がいっぱい出てて驚き(心電図やら点滴やら呼吸器やら血圧やらカテーテルなど)


動物4


背中からずっと麻酔薬を入れているので、傷が痛むという事がまったくない。
(3日間分絶えず流れるようになっている)


盲腸の手術の時は、夜に麻酔がキレて痛くて辛かったな~~。
座薬を入れてもらったけど、それでも痛かった思い出がある。


癒着しないように横向きになってゴロゴロしなきゃならないんだけれど、背中からの
麻酔のお陰で痛みなくゴロゴロできる(多少は痛むが)。


開腹ではありえないなーーー。
術後にすぐ横向きなんて、痛くて死ぬ思いするもん。

腹腔鏡って開腹に比べたら物凄い患者の体に優しいわ・・・。


翌日には立って歩いてトイレに行かなければならないんだけれど、起き上がるのも
歩くのも全然平気。

これが開腹だったら起き上がるだけでどんなに痛くて苦しいか・・・。

手術の翌日にはこんなストレッチも出来たし・・・。


入院9

お行儀悪いですが、テレビ台に足を乗せてストレッチしてました。

寝ているのは良くないので、ずっと立ってジャンプしたりランバダ踊りしたり
昔、とんねるずがやっていたモジモジ君の動きをしながらテレビを見ていた。

てか、手術の翌日で痛みなくここまで動けるのが凄い。

夫が2日続けて見舞いに来ると連絡が来るが、お向かいさんが搾乳中だった為
談話室で待ち合わせしそこに向かう。(カーテン閉まってるが男性来たら気になるしね)


途中で執刀医に出会うが、あまりの私の元気さにかなり驚かれる。
普通は翌日でここまで回復はありえないと・・・。


さすがにテレビ見ながらジャンプとかランバダとかモジモジ君をしていたほどだとは
思いもよらないだろう・・・。


てか、開腹手術を経験していたら、腹腔鏡の術後の痛みなんて屁でもない。
みんな本当はここまで動けるはずなんだけれど、今ある痛みに向き合いすぎて
心が弱って動けないだけなのだ。


起き上がるのにどれだけ腹筋を使わない様に努力するかとか、それでも痛くて泣き
ながら、でも泣くとまた腹筋使って激痛が走り、にっちもさっちも行かない状態で・・・
なんて腹腔鏡はないからな~。


あれを考えたら楽勝ッス!


関連記事
スポンサーサイト

PageTop
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。