ももくその、楽園てどこにあるんだろう・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

キナバル登山③~初日編

雨の登山・・・いや、豪雨での登山は初めて。

富士山を下山中、最後の30分ほど雨に降られた経験はあるが、今回の様な大雨を長時間
歩くのはこれが最初で最後にしたい。



過酷すぎる!!!




景色を見る余裕すらなく、ただただ足元だけを見つめて登る事5時間半。
先頭を進む私の前には、その姿を見るだけで勇気と希望を与えてくれるあの人が居た・・・。


中国人登山隊のポーター



歩荷6


でもこれは借り物画像で、実際はこの荷物の3倍を運んでいた。

証拠写真が無いのがとても口惜しいが、パーティー8人全員の荷物を一人で背負い、
後ろから見たら、大きな荷物の塊がユラユラ歩いている様にしか見えなかった・・・。


ちょうどこんな感じ。



歩荷9(雨避けのビニールを覆っていた)


大げさじゃなく、マジでこんなにデカかったんだよ!!!
足が見えなきゃ、人がいるとは分からない程。

その姿は、ボルネオに生息する伝説の妖怪『ニモツユラユラー』なのか?と思うほど異様で
あり得ない大きさだった。

※ニモツユラユラー:巨大な荷物に足が生えユラユラしながら山を上り下りする妖怪(嘘)


彼が後ろからゆったり私たちを追い越した時は、思はず


すげーーーー!!!
  って叫んだよ・・・。


普通に登っても辛いのに、この大荷物を背負い叩きつける雨の中を歩くのは、いくら仕事
とは言え過酷すぎる・・・。


100万、いや、1千万積まれても私はやらないな・・・、てか 出来ない


彼らはいくらでこの仕事をしているんだろう・・・。
と思って、ポーターを雇う金額を調べたらこんな感じだった。

ポーター金額

1番高くて51リンギット。
現在1リンギット32円ほどなので、約1,632円払えば雇えるのだ。

あとは自分が何人分、どれだけ運べるかだ。

てかこれって一人が支払う金額なのだろうか・・・?
まさか10キロまでなら何人分の荷物を運んでも51リンギットなのだろうか・・・?





だったら割に合わない。




しかも支払った金額の何割が貰えるんだろう・・・。
辛い仕事だ。


いつまでも長く出来る仕事じゃないし・・・。

歩荷 (首がーーー!頸椎がーーー!)


膝が~~~!!!!

腰が~~~!!!!


見ているこっちが痛くなる。


大体、私のザックで1泊2日の荷物を詰めて、すでに8キロなのだ。

    

隊員7


一体あの人は何キロ背負っていたんだろう・・・?


画像は無いけれど、荷物オバケと化したポーターのユラユラ歩く姿は、我々に勇気を
与えてくれた。


雨が辛いなんて言ってられん!!!
お前(私)はまだマシだ!

あの姿を見ろ!!!


と、弱音を吐きそうな自分の心にそう叱咤するのだった・・・。


てか、この程度の山でポーターを使うことが分からない・・・・・。
どんだけ荷物持って来たの?


ヒマラヤじゃないんだし・・・・。
ベースキャンプに長期滞在して高度順応させるとかじゃないんだから・・・。


中国人、みんなポーター使ってたな~。
まあ、ポーターからすれば使ってくれた方がありがたいんだろうけどね・・・・。


土砂降りの中、歩く事5時間半。
ようやく今夜の宿泊先のペンダントハットが見えてきた!!!


ペンダントハット(ペンダントハット3280m)


実はここ。
画像に見える木の階段、これが、今回の登山の中で1番キツイ場所だった・・・。

何よりもここが1番苦しく辛く、めげそうになった。

ゴールは目前なのに、傾斜が酷くなかなか辿り着かなかったからなのかもしれない。
でも、ここを通る誰もがヒーヒー言っていた(ファランもw)


小屋に着いたら 4時だった・・・・。



雨で遅れる人が多かったからか、ヴィアフェラータの講習会は到着して数分後に始まった。
良かった~~~~。


が、しかし・・・。
靴を脱ぎ、レインスーツを脱いだ私は、つま先から頭の上まで びしょ濡れ!


土砂降り5時間半の道のりは、ゴアテックス機能の限界を超えてしまったと言うのか・・・?

「アホだ!ポンチョ」とか「命知らず!ファラン」と、バカにしていた人たちとまったく
変わりがないではないか・・・・。


キナバル山23
(ヴィアフェラータの説明を聞きながら、寒さでブルブル震え濡れた長袖を脱ぐ姿 


登山靴が濡れたのは私の大失態ではあるんだけどね(登山に行く度に靴を洗い、今回は
防水スプレーをかけるの忘れた)


しかし、レインスーツは違った。


私のモンベルのストームクルーザーはびしょ濡れなのに対し、夫のバーグハウス
(berghaus)の中は、カラッカラ に乾いていた。 


おそろ1


ベテラン登山者にお勧めのレインウェアを聞くと、誰もが口をそろえてモンベルの
ストームクルーザーを推してくる。(神保町のさかいやの店員もそうだった)

あまりにみんなが強く推すから、選択したのに・・・。
まさか、こんなずぶ濡れになるなんて・・・。


古くから登山をしている人は、やたらモンベル崇拝者が多い。
(赤岳を登った爽やか隊長も全身モンベルだった)

昔はモンベルが最高だったのかもしれないが、今では技術がどんどん上がってそれを越す
海外メーカーもあるのに、受け入れられてないって事かしら?
(山男は頑固そうだからな!)


たしかに金額も上下3万ほどで他の海外メーカーよりはお手軽だし、何よりどこの
メーカーのスーツより軽い。

たまたま天候が変わり、普通の雨の中を2,3時間歩く程度ならモンベルでも問題はない
のかもしれない。

しかし、今回の様な土砂降りの場合、全くと言っていいほどゴアテックスの力が発揮
されなかった・・・・。



これは命が危ないです!




帰国したらそっこう買い直します。



こうして、ガタガタ震えながら講習を聞きます。


キナバル山24
(タイツ姿のシンガポール人 


ひとりひとり、ザイルの付け方、カラビナの受け渡し方を実践。


途中、寒さで耐えきれなくなり、抜け出してトイレで着替えて戻る。
最後に私も練習。


キナバル山25


着替えて少しは落ち着いたけど、フリースを着ても寒い。
山小屋には暖房はない。


震えながら夕飯を食べに行きます。
夕食はこの山小屋から少し降りた所にある、ラバンラタレストハウスへ移動してになる。


やっと登ったキツイ階段を「ヒー」と言いながら降りて向かいます。


つづく

にほんブログ村 主婦日記ブログ ぐうたら主婦へ にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ

関連記事
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

雨が降る想定はして行ってるんですよね

なのに濡れた、レインスーツの機能最新のはすごいですよね
ゴアテックで蒸れましたか
考えれば外の気温は低い(でしたよね)運動は激しい
水分は嫌でも多く外に出る
その上の雨
小屋に登れば 寒い
最悪じゃないですか!

その挙句、シンガポール人のタイツ姿指導(笑)
堪えますね

でも ももさんも タイツじゃないですか
パンツははいたら駄目でしょヾ(ーー )ォィ
やはり
一番は タイツ姿に、チャイナ風味のガウンが一番w

そやけど
あの小屋で3300mあるんですよね~
凄い

ここまできた リタイヤする人いるんですか?

ニモツユラユラー風にひと
やれば出来るもんですね 
なぜか
ゲゲゲの鬼太郎 子泣き爺 のイメージが浮かぶ(^^♪

tookue | URL | 2013/09/28 (Sat) 13:27 [編集]


v-279 tookue さん、こんにちは~。
> 雨が降る想定はして行ってるんですよね

キナバル山は一年中、雨がよく降るらしいんですが、中国人は知っているのか
謎ですね~。
山頂の気温が-5度~5度の真冬並みと知っているのかも謎でした。
知ってたら足元ずぶ濡れで来ないですよね???
そういう事は気にしない人種なんでしょうね~。

> なのに濡れた、レインスーツの機能最新のはすごいですよね
> ゴアテックで蒸れましたか

いや~~~。
蒸れて自分の汗と湿気でびしょ濡れなのか、外から染みたのか謎です。
もう完全に水吸って重くなって全然乾かなかったです。
その点、同じゴアテックスでも夫のは中は乾いてました。

> 考えれば外の気温は低い(でしたよね)運動は激しい
> 水分は嫌でも多く外に出る
> その上の雨
> 小屋に登れば 寒い
> 最悪じゃないですか!

今回、マジでヤバいと思いましたよ~。
靴の中が濡れたのは致命的でした。
それでもゴアテックスの靴に羊毛(?)の分厚い靴下だったので、しっとり
濡れているってくらいだったんですが、足から冷えるのは1番ヤバかったです。

> その挙句、シンガポール人のタイツ姿指導(笑)
> 堪えますね

何故かシンガポールの若い中華系の男子にタイツ1つで歩いている人が
多かったです・・・。

> でも ももさんも タイツじゃないですか
> パンツははいたら駄目でしょヾ(ーー )ォィ

しかもタイツは2つ重ねてはいてます。

> そやけど
> あの小屋で3300mあるんですよね~
> 凄い

いったいどうやって建てたんだー?と思いますよね。
ヘリが停まるような場所も確認できませんでしたし。
しかし翌日、衝撃の場面に遭遇します。

> ここまできた リタイヤする人いるんですか?

かなりの中国人を抜いて宿に着いたんですが、どうでしょうね~。
装備不備で取りあえず宿までは来たんですかね~???
謎です~。
でも食事が終わって外はすでに暗くなってきたときに、ガイドも連れず一人で
到着した中国人男性に宿の場所を聞かれました。
きっと一人遅れて辿り着いたのか、グループの他の人がガイドと後からやって
くるのか謎ですが、あのスピードで宿に到着は山頂までいけないかもです。

> ニモツユラユラー風にひと
> やれば出来るもんですね 
> なぜか
> ゲゲゲの鬼太郎 子泣き爺 のイメージが浮かぶ(^^♪

妖怪みたいですよね!

ももくそ | URL | 2013/09/29 (Sun) 12:34 [編集]


よくがんばりましたね~
確かに富士山の下山30分は雨に降られましたけど
可愛いものですね~、今回に比べたら。。。

スーツによってはゴアテックスであっても耐水圧に
違いがあるようですね~

東南アジア、いや世界的に見ても降雨量は恐らく
世界で指折の地域でしょうから、いろんな意味で
装備も限界があるのかなあ~~

寒くて講習どころではなかったのですね?

う~~ん、僕も気軽にキナバル山に登りたいなあ~
なんて思ってましたが、再考のきっかけになるかも?
この記事(苦笑)

chempakaでした!

Chempaka | URL | 2013/09/30 (Mon) 00:50 [編集]


大変でしたね!
びしょぬれで寒いのに暖房も無いなんて。
風邪は悪化しませんでした?

モンベルの神話が崩れた瞬間w
でも「軽い」っていうのは重要項目ですよね、
私も「こっちの方が軽いですよー」って言われたら
モンベル買っちゃうわ。

靴擦れとか大丈夫でした?濡れた状態で歩くとテキメン
でなりやすいから。(自分がそうだったw

ねこ地蔵 | URL | 2013/09/30 (Mon) 10:23 [編集]


雨の中の登山はつらいですね
ポーターが心のよりどころだったなんて・・
それだけ鍛えられてるのですね
それにしても、中国人はらくしすぎですね

雨は、寒さで体力を取られちゃいますね
一度冷えちゃうとなかなか温まらないし、温かい食べ物とか、暖房設備がほしいところですね
無事で何よりです

Yottitti | URL | 2013/09/30 (Mon) 15:51 [編集]


キナバルに登ったら体質が変わった

v-281 Chempaka さん、こんばんわ。
> よくがんばりましたね~
> 確かに富士山の下山30分は雨に降られましたけど
> 可愛いものですね~、今回に比べたら。。。

実際、雨の中の登山はアレが初めてですね~~~。
今までは、少しでも雨が降りそうな場合は絶対に山には行きませんでした
からね~。

> スーツによってはゴアテックスであっても耐水圧に
> 違いがあるようですね~

今回、初めて知りました。
一体どこのメーカーが1番いいのでしょうか・・・?
私としては多少重くても、絶対・絶対!濡れないゴアテックスが欲しいです。

> 東南アジア、いや世界的に見ても降雨量は恐らく
> 世界で指折の地域でしょうから、いろんな意味で
> 装備も限界があるのかなあ~~

モンベルじゃなければ大丈夫ですよ(笑)
確かChempakaさんのレインスーツはノースですたよね????(そんな記憶)
だったら大丈夫な気がします。
ノースは登山用品の中でも高い分、評価もされてますし。

> 寒くて講習どころではなかったのですね?

この時は寒いだけでしたが、寝る時には少しだけ命の危機を感じました。
人生で1番、冷静に「やばい」と思った瞬間です。

> う~~ん、僕も気軽にキナバル山に登りたいなあ~
> なんて思ってましたが、再考のきっかけになるかも?
> この記事(苦笑)

みんな、気軽に登ってますよ~(笑)
雨具持たない程に・・・。
ゴアのレインスーツ&登山靴を持っているのなら問題ないです。
※ただ、私みたいにゴアの登山靴を洗って防水スプレーをかけ忘れないように!!!


v-281 ねこ地蔵 さん、こんばんわ。
> びしょぬれで寒いのに暖房も無いなんて。
> 風邪は悪化しませんでした?

寒かったですね~~。
でも運よく、風邪をこじらせることはありませんでした~~~。

> モンベルの神話が崩れた瞬間w
でも「軽い」っていうのは重要項目ですよね

本当ですよ!!!
この事から、日本人は何かが流行ると、一気に「それに倣え」的なものがありますが
やっぱり信用できません。
基本、浅はかですね~~~。
単純なんだな~と思いました。
NHKのあまちゃんが流行って公共の場で「じぇじぇじぇ」とか言う輩は、完全に
見下しております、私www

> 靴擦れとか大丈夫でした?濡れた状態で歩くとテキメン
> でなりやすいから。(自分がそうだったw

靴擦れは大丈夫です。
なんせ、靴下がそれはそれは凄いやつだったんです。
穿けても脱ぐのは苦難な品物。
ぶ厚くて羊毛も入っていたので、寒さや水には目を見張る機能を果たしました。


v-281 Yottitti さん、こんばんわ。
> 雨の中の登山はつらいですね
> ポーターが心のよりどころだったなんて・・

それはそれはもう・・・
ありえないぐらいに凄い荷物を持っていたので、驚きました。
どんな超人なのかと・・・・。
しかし、登っている姿はやっぱり辛そうで・・・・(そりゃそうだ)
勇気を与えてくれましたw

> 一度冷えちゃうとなかなか温まらないし、温かい食べ物とか、暖房設備がほしい
> ところですね

この後、死にはしないだろうけど、自分は一体どうなるんだろう???と
人生で1番怖い時を迎えました・・・。

ももくそ | URL | 2013/09/30 (Mon) 23:31 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。