ももくその、楽園てどこにあるんだろう・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

伊豆ヶ岳

(予約投稿記事です)

8月に富士山登山を終えて、9月には終に 4,095.2mに挑戦。
(この記事UPの時には無事に登頂を終えているでしょう・・・)

キナバル


東南アジア最高峰のキナバル山登山を目前にし、事前に3,000mクラスを練習したかったの
だが、週末は生憎の天候で山に行く事が出来なかった。

鈍足の私は少しでも筋肉を鍛えて行きたい為、今回初めて、単独で山に行ってきました。

行先は奥武蔵の銀座「伊豆ヶ岳」。

今年の春頃に、『東京からお手軽に電車で行ける山の為、土日の伊豆ヶ岳は銀座並みの混雑』と
ニュースで紹介されていた。




登山道が銀座並みに混雑???

かお26


ここ数年の登山ブームって凄いわ・・・。

4、5年前がピークだと思っていたけど、あの時はシニア登山者が急増して、現在は若い年齢
の登山者が増えているって感じだ。

4,5年前はほとんど見なかった20代、30代のハイカーを物凄く多く見るもん・・・。
ソロでの登山者も多いな~。


単独登山で不安なのが「道迷い」。
しかし、銀座並みに混んでいるような登山道なら安心して単独で歩ける事でしょう。

平日だけど・・・・。


正丸駅に10時過ぎに到着(おそっ!)

伊豆ヶ岳

ここまでの道のりが長かった・・・(時間的には家から3時間ほど)

最近お腹の調子が悪く、この日の電車でも怒涛の様にやってくる便意と格闘していた私。
何度途中下車しようと悩んだ事か・・・。

しかしここで降りてしまったら、確実に1時間は遅くなる(電車の本数が少ない)


頑張って耐え、やっと目的の正丸駅。
駅の外にあるトイレで用を足して出発です。


「銀座」と報道された登山道は、平日の為かはたまた出発が遅い為か、私意外にはシニア
夫婦とトレランの女性一人しか居なかった。


伊豆ヶ岳1

この階段変。
全てが斜めっている・・・・。


登山道までの道がイマイチ謎なので、シニア夫婦の後をゆっくり歩く。


伊豆ヶ岳2


トンネルを超え。






なんじゃこりゃ!!!




伊豆ヶ岳3


気持ち悪い。

ムカデ?ヤスデ?


初めて見たな~~~。
節足動物を見たのは、今回2度目(1回目は静岡のペンション)

ボルネオ島にはこんなのボロボロいるんだろうな~~~(←テンションダダ落ち)


伊豆ヶ岳4

気が付くと、前を歩いている夫婦を追い抜かしそうになる為、何度か立ち止まって時間を
稼ぐ(← 道迷いが怖い)


馬頭観音分岐に到着。

伊豆ヶ岳5

このまま舗装した道を進めば正丸峠。
左の登山道を進めば伊豆ヶ岳に直接登れる。

舗装した道が嫌だったので左に曲がります。



てか、前を歩いていた夫婦がここを曲がったからついて行っただけなんだけど・・・。

かお15


やっぱり舗装した道より森林を歩く方が楽しいな~。


伊豆ヶ岳6


ここら辺までは夫婦の後をいい感じの距離で尾行する。


伊豆ヶ岳7


しかし、ここら辺からは傾斜が厳しくなり、鈍足の私は一気に夫婦と距離が開く。


伊豆ヶ岳8


気が付いたら、夫婦の姿はどこにも見えなかった・・・・。


やっぱ登山て歳関係ないな~~~~。(←お前が鈍足なだけだ!)


何度か道が分からなくなり(赤いテープ少ない)不安になるのだけど、「恐らくこっち
でしょう」的な道を進んだら、赤いテープを確認する事が出来る。


来ました。
泣き坂です。


伊豆ヶ岳9

この道は画像だとぜんぜん普通の道に見えますが、実は傾斜が酷い上、土が物凄く滑る。
『泣き坂』と言われる道なのだ。

ツルツル滑って凄かった・・・・。


やっと登って尾根に到着。


伊豆ヶ岳10


ふう。


完全に一人ぼっちになったけど、こんな道なら迷うことなし。
普段も夫は先を常に行っていて、正直私の登山の道中は単独そのものだ。


ペースを好きに出来る為、とても歩きやすくて楽しい。


あのシニア夫婦、ずーーーと夫婦で一緒に歩いていたな~~~。
ああいうのいいな~~~~。

なんて思うのでした。


伊豆ヶ岳12


森林からやっと展望が開ける。

ここで、単独の60代の男性と遭遇。
足を悪くしたのか、リハビリなのか、2歩進んでは立ち止まって呼吸している。
かなり辛そうだ。


みんな、自分のペースで進む。
それが1番だね。

水を飲んでも飲んでも喉が渇く。
この勢いだと、ハイドレーションの水を登りで全て飲んでしまいそうだ。


赤岳に行った時に隊長から貰った飴がザックに残ってた。
飴で口の中を潤そう・・・。

伊豆ヶ岳13

糖類ゼロでした・・・。


気を使ってくれたのね・・・隊長(しみじみ)


道標が見えてきた。

伊豆ヶ岳14


私の歩いてきた道は「危険」なんかい!!!



いや~、泣き坂は滑って酷かったけどね・・・。


伊豆ヶ岳名物、男坂に到着。


伊豆ヶ岳15


右に巻き道の女坂があるのだが、どうやら最近登山道が崩落してしまった為、別の迂回路が
出来た模様・・・・。


私は男坂を進みます。


伊豆ヶ岳16


はいはい、自己責任で登ります。


到着。


伊豆ヶ岳17

結構、急な岩だな~。
でも、私以外には誰もいない。


ゆっくり自分のペースで登ります。


鎖を使わずに右から登る。
登り切ったと思ったら・・・・。





どえーーーーーーー!

まだ続くーーーーーーーー!!!




伊豆ヶ岳18


な、な、長くね????


でもまあ、一人で鎖場独占だからね・・・。
じっくり登ります。



登りました。


伊豆ヶ岳19


ここが山頂だと思ったら違ったみたい。


先がありました。


伊豆ヶ岳20

つづく

にほんブログ村 主婦日記ブログ ぐうたら主婦へ にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ

関連記事
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こんにちは!

さすが
スカイダイビングするだけのことはあるな~

一人で山登りですか
私の近くの山でも(ワラビとり)いったけど
道に迷いそうで怖かったからな~
山に登って歩くと方向感覚がなくなるんですよね~

そそ
ある筋肉はは年取っても退化しない
と私はおもいますね
やはり日ごろから鍛えてるのとの差だと思います
うちのオヤジの仲間達
山でわかいころから~ず~と
歩き回ってますから凄いですよ
70-80歳でも日ごろから歩き回ってるので
私など山歩き付いていけませんね~

間違いなく ももさんの肛門括約筋も鍛えられてますね(爆)

tookue | URL | 2013/09/11 (Wed) 15:53 [編集]


一人で登山なんてさすがだわ~
平日は空いてるしと味をしめて、これを機にますますチャレンジしそう~

転がってる虫、暑い国からやってきてグロテスク
さされないようにしたいですね
やっぱり虫に爬虫類との遭遇は怖いですね

シニアのご夫妻はのんびりしてそうだけど、足腰は強いんですね
泣き坂なんて、壁にしか見えないし、
最後の写真も崖みたい・・・
すごい山の眺めはいいのは、苦労したからこそ眺められる風景なのでしょうね

キナバル山もどうだったのかしら
楽しみに報告待ってます~

Yottitti | URL | 2013/09/11 (Wed) 20:02 [編集]


ももさん、かっこいい! この鎖つきの岩とか根っこの林とか危険コース、すごいじゃないですか。
私もこういうのみたら興奮しちゃいます。
銀座並みの山登りコース見てみたかった気もするけれどやっぱりこういった素晴らしい眺めを独占でき、マイペースで安全に進める事に越した事はないです。
これでボルネオでもばっちしですね。
もうそろそろですのかな。

楽しい旅行になりますように。

カントリーママ | URL | 2013/09/12 (Thu) 17:24 [編集]


こんな凄いコースを一人で!?
すごいなあ。
でも、一人で練習すると、力がつきますよね。

キナバルでは、虫に遭遇したのでしょうか?
そちらの感想も楽しみです。

ゴー子姉 | URL | 2013/09/13 (Fri) 07:01 [編集]


単独登山って楽でしょう?
私は安達太良山を一人で登った時は登山者が多かった
から余計リラックスして登ってました。
(おかげ帰り道はダッシュでしたがw)

あの鎖があるところ、ほとんど垂直じゃないですか?
すごいところ登ってきましたね スゴイ!

富士山の後、ほぼ毎週のように山登りに行っていてキナバル山への思いがヒシヒシと伝わります。

お土産話、楽しみにしています。

ねこ地蔵 | URL | 2013/09/13 (Fri) 11:28 [編集]


帰国しました

v-281 tookue さん、こんにちは~。
> さすが
> スカイダイビングするだけのことはあるな~

今度はバンジージャンプしたいですね~(笑)

> 一人で山登りですか
> 私の近くの山でも(ワラビとり)いったけど
> 道に迷いそうで怖かったからな~
> 山に登って歩くと方向感覚がなくなるんですよね~

そうなんですよ~。
方向感覚なくなるし、同じ道に見えますしね。
怖いですよね。
それさえなければ、単独登山はいいですね。

> そそ
> ある筋肉はは年取っても退化しない
> と私はおもいますね
> やはり日ごろから鍛えてるのとの差だと思います
> うちのオヤジの仲間達
> 山でわかいころから~ず~と
> 歩き回ってますから凄いですよ
> 70-80歳でも日ごろから歩き回ってるので
> 私など山歩き付いていけませんね~

やっぱりそうですか~。
今回、キナバル山に登った時のガイドさんもかなりの年配でした。
いくつだったのか謎ですが、60代にも70代にも見えました。
なのに普通のスニーカーでヒョイヒョイ登るんです。
週に2回はガイドで登っているんだそうです。
いくら仕事でも私は無理です。
鍛えている人は全然違いますね~。

> 間違いなく ももさんの肛門括約筋も鍛えられてますね(爆)

だったらいいけど(笑)
でも腿の筋肉が鍛えられて、中腰でトイレが楽にできました(笑)
(ボルネオの便座は濡れてて座れなかった)


v-281 Yottitti さん、こんにちは~。
> 転がってる虫、暑い国からやってきてグロテスク
> さされないようにしたいですね
> やっぱり虫に爬虫類との遭遇は怖いですね

これを見た時は驚きました~。
でも意外にも今まで1度もヘビには出会ってません。
いっぱいいそうなんですけどね。

> シニアのご夫妻はのんびりしてそうだけど、足腰は強いんですね

全然追いつきませんでした。
見えなくなってからは1度も姿も見れず。
下山してやっと会えました。
30分以上はきっと早く進んでいたんでしょうね~。

> 泣き坂なんて、壁にしか見えないし、
> 最後の写真も崖みたい・・・

伊豆ヶ岳はこの鎖場が名物らしいんですが、平日とあって私だけがここを
登ってました。
他の人はみんな巻道使っていた模様です。

> キナバル山もどうだったのかしら
> 楽しみに報告待ってます~

徐々に記事をUPしていきます~。


v-281 カントリーママ さん、こんにちは~。
> ももさん、かっこいい! この鎖つきの岩とか根っこの林とか危険コース、すごいじゃないですか。
> 私もこういうのみたら興奮しちゃいます。

カントリーママさんだったらグングン簡単に登っちゃいそうですね~。
パパさんは海の申し子でママさんは山なんでしたっけ?

> 銀座並みの山登りコース見てみたかった気もするけれどやっぱりこういった素晴らしい
> 眺めを独占でき、マイペースで安全に進める事に越した事はないです。

マイペースいいですよね。
特に鎖場で混雑は危険ですからね。
きっと今度夫と行く時は、土日になるので混んでいると思います。

> これでボルネオでもばっちしですね。
> もうそろそろですのかな。

無事に戻りました~。
これから記事を書きます~。

ももくそ | URL | 2013/09/16 (Mon) 16:27 [編集]


昨日帰国で良かった

v-281 ゴーコ姉さん、こんにちは~。
> こんな凄いコースを一人で!?
> すごいなあ。
> でも、一人で練習すると、力がつきますよね。

今回キナバル山に登って、自分がどれだけ岩場が好きなのか痛感しました。
普通の登山よりテンションが違います。
この伊豆ヶ岳もそうですが、今までの岩場の練習のお陰で楽々登れました。

> キナバルでは、虫に遭遇したのでしょうか?
> そちらの感想も楽しみです。

それがですねーーーーー。
散々でしたよぉ~。
間違いなく人生で1番過酷な登山でした。
最初で最後でしょう~。
画像もなくなってしまい~~~(遠い目)


v-281 ねこ地蔵さん、こんにちは~。
> 単独登山って楽でしょう?
> 私は安達太良山を一人で登った時は登山者が多かった
> から余計リラックスして登ってました。

道迷いがなければ単独はいいですね~。
自分のペースで登れますものね。
足を鍛えるのには、早い人と歩いて訓練もいいですが、そればかりだと辛いし。
癖になりそうです。

> あの鎖があるところ、ほとんど垂直じゃないですか?
> すごいところ登ってきましたね スゴイ!

雨だと滑りそうですが、晴れていたのでしっかり足もかけられました。
長かったですが、手足をかける場所がたくさんあったので、意外に簡単に登れ
ましたよ。

> 富士山の後、ほぼ毎週のように山登りに行っていてキナバル山への思いが
> ヒシヒシと伝わります。

8月の週末は結構雨が多くて思ったほど登れませんでしたー。
私はいいんですが、夫は2000メートル代しか登っていないので、3000
メートルに1回は登りたかったんですが、行けませんでした。
その所為か、夫は高山病に・・・・。
そう考えると、私たちの富士山は誰も高山病にならなくてラッキーでした。

ももくそ | URL | 2013/09/16 (Mon) 17:16 [編集]


えっ?旦那さん高山病になったんですか??
うおおお、どうなったのか気になるーー!

私なんか1000mにも満たない筑波山しか登ってないのに高山病にならずに登れたのはスローペースのおかげでしょうねぇ。
旦那さんガシガシ登っちゃたんですかねぇ。

ねこ地蔵 | URL | 2013/09/17 (Tue) 21:30 [編集]


ボルネオでは痩せてたのに帰国したら太った~

v-22 ねこ地蔵 さん、こんばんわ。
> えっ?旦那さん高山病になったんですか??
> うおおお、どうなったのか気になるーー!

高山病になりましたーーー。
まさかですよ!
頭痛と吐き気でクラクラだったそうです。
ずっと気分が悪く、朝食も食べれませんでした。

> 私なんか1000mにも満たない筑波山しか登ってないのに高山病にならずに登れたのはスローペースのおかげでしょうねぇ。
> 旦那さんガシガシ登っちゃたんですかねぇ。

それがですね~。
現地ガイドが一緒なので別行動はできないんです。
なので私が先頭で次に夫、最後がガイドだったんですが、富士山に続くちょー
スローペースでした。
高山病って難しいんですね~。
あんなに弱っている夫、初めてみましたwww
私がグングン歩いて、夫がヘロヘロで追いついたところを、休みなく私は出発
しましたもんw
いつもの立場が逆転ですw

ももくそ | URL | 2013/09/17 (Tue) 23:34 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。