ももくその、楽園てどこにあるんだろう・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

石割山

では富士山を眺める為に、石割山に登ります。
車を石割神社駐車場に停めます。
トイレもあるのでここで済ましておきます。

石割山

では出発です。

私達以外には、20代の娘とお母さんの親子1組だけ・・・。


石割山1


403段!


登ります。


1/3まで登って振り返ってみると・・・。

石割山2

結構登ってきたな~。


私達より一足先に登った親子のお母さんが、へばる・・・へたばる・・・くたばる(?)。
私より鈍足な人に出会うと、なんか嬉しい・・・(笑)


403段の階段を登りきるとベンチと東屋があり、ここで一休み。

石割山4

早っ!

今回の山行は2時間~3時間程度の短い行程なので、出発から飲んでます(笑)
ハイキング気分です。


階段を登り切ったからと言って、神社があるわけではありません。
ここから意外に歩きます。


石割山5

 
へびいちご?


石割山6


ちょっと違うか・・・・。



着きました。


石割山7

夫が岩の割れ目を覗いてます。


石割神社は大岩を御神体とする神社で、この岩の隙間を3回くぐると無病息災の御利益が
あるといわれているのだそう・・・。


石割山8


大きな岩です。


夫が『メンドクサイ』と言うのを、写真を撮る為に岩の間を通ってもらう。


石割山10

おーい!
そっちからじゃないよーーー。

反対側から通るのが正式なんだよ!と、
反対側から通ってもらう。


石割山9


奥は横を向いてカニ歩きしないと通れないくらいに狭いけれど、途中からはこんな風に
楽に通れます。


ここの狛犬は左右両方の口が開いてます。
そしてドラゴンボールならぬ、狛犬ボールをくわえています。


石割山11


紅い目がキュートです。


2匹とも口が開いているのは珍しい。
しかも、背中に狛犬の赤ちゃんを乗せているんだよ。


石割山27

ピントが母狛犬(?)に合ってしまっている為に、良く見えないけど背中に赤ちゃんが
乗っているのお分かりですか?

今まで見た狛犬で、ここの狛犬と大岳山にある大岳神社の『ずんぐりむっくり狛犬』が
お気に入り。


では山頂に向けて先に進みます。


ここからの道のりが凄かった。

石割山12

画像では分からないけど、傾斜が物凄い。


土が滑ってズルズル滑る。
ドリフの坂を登るコント思い出しちゃったよ・・・。(古っ!)


石割山13

簡単なハイキングコースだと高をくくっていたから、思わず笑ってしまう。


す、す、滑るーーーー。


あまりの傾斜に何度も二人で笑った。


やっと山頂です。
富士山見えるかなーーーーー????












ガーン
 

石割山15




見えないーーーー。


せっかくここまで登ってきたのに・・・・。


本当ならこの先にドーンと見えたはずだ。



石割山26



これじゃあイメージが湧かないと思うので・・・・。


(借り物画像)

石割山28


やっぱり富士山は雪があったほうがいいね。
今度は雪がある時に来ましょう。


先に山頂に来て寛いでいた白人の夫婦が、子供に電話で「もう1時間も待っているけど
富士山が見えない」と言っていた。


諦めて帰ります。


平尾山方面に向かって駐車場に戻ります。
こっからがこれまた凄い!


傾斜が凄すぎて、砂で滑り落ちそう。

石割山17


本来なら目の前の富士山を眺めながら縦走、もしくは下山が出来たのだ。

なかなか会えないな~。


石割山16

カニ歩きでもズルズル滑る・・・。


こ、こ、こ、怖い!

ロープがあって助かったわ~~~。


石割山18


平野方面に向かいます。


石割山19


ずんずん下ります。


石割山20

わ、わ、わ。
なんだこの階段は・・・。

どこのとは書いていませんが、駐車場方面へ・・・。

石割山21


沢を渡って、駐車場に到着。


石割山22


前回に夫が発見した、ほうとうの美味しいお店に行く。


大豊


私が頼んだ、普通のほうとう。

石割山23


緬がモチモチしてうまーーー。
カボチャが美味しい~。


夫の頼んだ塩ほうとう。

石割山24

ここは塩ほうとうが有名なのだそうけど、私は普通の味噌の方が好みでした。

この時、塩ほうとうを頼んでいた他のお客さんも「やっぱほうとうはスタンダードが
美味しい」と口々に言ってました。

今回も渋滞を予想して、温泉に入らずに早めに帰りました。


おわり。


にほんブログ村 主婦日記ブログ ぐうたら主婦へ にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ

関連記事
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

403段の階段を登るだけで疲れそうだけど、
大きな見事な岩の立派な神社ですね
太った人は通れなそうな岩の合間、これも健康のバロメーターになりそう
旦那様は通れたから見事クリアですね
夫は通れるかしら?
それに愛くるしい狛犬、やっぱり目がちがうのでしょうね

乾いた斜面がすべりそうー
滑って降りたほうが早いんじゃないかって思っちゃうけど、そんなことできないですからね
これで富士山が見れたら最高だけど、お天気ばかりは難しいですね
広がる湖に緑がとてもきれい~

Yottitti | URL | 2013/09/02 (Mon) 12:01 [編集]


403段か~e-351
私は、多分…途中でへばってた(笑)お母さんと同じことになるでしょうe-330
その先の急斜面も凄いですね~。
やっぱり富士山見えないとガックリしちゃいますね。

それにしても、ご夫婦そろってパワフルだわe-451

Mic | URL | 2013/09/02 (Mon) 23:14 [編集]


いまいち心が躍らない(旅行前)

v-281 Yottitti さん、こんにちは~。
> 403段の階段を登るだけで疲れそうだけど、
> 大きな見事な岩の立派な神社ですね
> 太った人は通れなそうな岩の合間、これも健康のバロメーターになりそう

高い山の上にこんな奇岩があると、やっぱりどこでも信仰の対象になるんですね。
岩の間の入り口は、巨大な岩の重なった所で落石が怖かったです(笑)

> それに愛くるしい狛犬、やっぱり目がちがうのでしょうね

背中に赤ちゃん狛犬を連れていて、狛犬って雌だったんだーと驚きました。
この狛犬だけなんですかね。
可愛い狛犬でした。

> 乾いた斜面がすべりそうー
> 滑って降りたほうが早いんじゃないかって思っちゃうけど、そんなことできないですからね

段ボールが欲しいね~と話してました。
あったら土手を滑るように降りる事が出来たのに・・・。
そのくらい凄い滑る坂でした。

> これで富士山が見れたら最高だけど、お天気ばかりは難しいですね
> 広がる湖に緑がとてもきれい~

不思議な事に、雲一つない空の中、富士山だけに巨大な雲がかかっているんです。
毎回、毎回。
嫌がらせのようでした・・・。
富士山の前って雲が出来やすい湿度とか気温なんですかね。


v-281 Mic さん、こんにちは~。
> 403段か~
> 私は、多分…途中でへばってた(笑)お母さんと同じことになるでしょう

階段てきついですよね~~~。
去年訪れたタイのお寺の1237段は466段で断念して帰ってきましたが、
今度また行ったら再挑戦してみたいです(笑)
また無理かもしてないですが・・・。
お坊さんは修行だから楽々行き来するんですよね。

> やっぱり富士山見えないとガックリしちゃいますね。

目当ては富士山でしたからね~~。
登っている時も全然見えませんでしたし(←登っているから当たり前)
降りてもガスで、本当にそこに富士山があるのか謎でしたから、今回、その
姿を見に行ったんですよね~。

ももくそ | URL | 2013/09/03 (Tue) 09:25 [編集]


富士山のいけずぅ〜。

夏の富士山は雲が多いのですね。
そういえば、雪がないときの富士山は殆ど見たことがないかも。
でも、下りで富士山がよく見えたら、
気が散って滑落しそうな斜面でしたね。

石割神社の403段、登ってみたい!
ご神体の石も、見事に真っ直ぐな断面ですね。
落雷でもあったのかなあ。

ほうとう、思い出した。
昨年の富士山マラソンで食べていこうと言っていたのに、
渋滞がひどくて断念したのでした。
それにしても、店のオリジナルの塩ほうとうより、
スタンダードな味噌のほうがおいしいって、お客さんが口々に・・・
伝統料理にありがちな展開で苦笑。

ゴー子姉 | URL | 2013/09/03 (Tue) 20:46 [編集]


狛犬Lovelyv-238

赤い目の狛犬って珍しい?見たことないです。
口の中の玉はてっきり登山者のイタズラでゴムボールかなと思ってたんですが違いますよねw

傾斜がすごいー!こういうの道を見ると鎖とかロープとかを張ってくれた人たちに感謝しちゃいます。

ねこ地蔵 | URL | 2013/09/03 (Tue) 21:12 [編集]


キナバルのダウンを買おうか考え中

v-263 ゴー子姉 さん、こんばんわ。
> 富士山のいけずぅ〜。
> 夏の富士山は雲が多いのですね。
> そういえば、雪がないときの富士山は殆ど見たことがないかも。

まさか、こんなにも富士山の姿が見えないとは思いも寄りませんでした~。
きまぐれんな富士山ですね~。
さすが日本一!

> でも、下りで富士山がよく見えたら、
> 気が散って滑落しそうな斜面でしたね。

た、た、確かに・・・。
ここは酷かった~~~。
なんだかんだ言って、山中湖は富士山の噴火後で出来た、火山灰のザレザレの土地
なんですね~~~。
雨の日の土砂が心配なくらいです・・・。

> 石割神社の403段、登ってみたい!
> ご神体の石も、見事に真っ直ぐな断面ですね。
> 落雷でもあったのかなあ。

まじっすか???
ここは、是非、走って登って欲しいです~(笑)
このご神体、不思議ですよね~。
落雷が正解ですかもね^~~~。

> ほうとう、思い出した。
> 昨年の富士山マラソンで食べていこうと言っていたのに、
> 渋滞がひどくて断念したのでした。
> それにしても、店のオリジナルの塩ほうとうより、
> スタンダードな味噌のほうがおいしいって、お客さんが口々に・・・
> 伝統料理にありがちな展開で苦笑。

ここは実は山梨ではなく、住所では静岡県なんです・・・。
それでも「ほうとう」のお店が何件かありました・・・・。
数年前、山梨に「ほうとう」を食べに行ったんですが、ネットで有名なお店より
静岡のここのお店の方が、数百倍美味しかったです・・・(笑)

ももくそ | URL | 2013/09/04 (Wed) 00:19 [編集]


v-263 ねこ地蔵 さん、こんばんわ~。
> 狛犬Lovelyv-238

可愛いですよね!
この狛犬。
よく見るのは恐ろしい顔が多いんですけどね。

> 赤い目の狛犬って珍しい?見たことないです。
> 口の中の玉はてっきり登山者のイタズラでゴムボールかなと思ってたんですが違いますよねw

この赤い目が可愛いですよね。
しかも背中に赤ちゃん狛犬乗せているし・・・。
口の中のボールはちゃんと石でしたよ。
作る時、外の狛犬と口の中のボールを同時に彫って作ったんですかね。
後からボールを入れる事は出来ないので、きっと同時なんでしょうけど。
ボールはちゃんとツルツルで丸だったです。

> 傾斜がすごいー!こういうの道を見ると鎖とかロープとかを張ってくれた人たちに感謝しちゃいます。

もうドリフでしたよ(古)
乾いた土でズルズル滑るんです・・・。
へっぴり腰で上り下りしてました。

ももくそ | URL | 2013/09/04 (Wed) 22:55 [編集]


こんにちは!

大きな岩の前に
長い竹の筒繋いでますが
ソーメンでも流れてませんでしたか?

缶ビール流石にパック版売ってないですね^
登る前に1本
登り降りたときは1ダースw

今回軽装なんですね
マッハGOGOさん半ズボンだ
ももさんは
ビキニとかヾ(ーー )ォィ

しかしこの青いラインの大きな富士山いいですね~~
こんな綺麗な富士山初めて見ました

この山 会談といい・質といい登りにくいそうな山ですね
写真見ただけですが
階段など幅が広すぎ

最近一週間に1度は山登りですか?
うちの近くは山だらけなので あまり山登りってピンと来ない都会ならではなのかな~?

tookue | URL | 2013/09/05 (Thu) 14:00 [編集]


tookueさん、こんばんわ

> 大きな岩の前に
> 長い竹の筒繋いでますが
> ソーメンでも流れてませんでしたか?

おー!素麵いいアイデアですねー(笑)
ここまでガスコンロもしくは火を起こして素麵茹でるの大変ですけど。

> 缶ビール流石にパック版売ってないですね^
> 登る前に1本
> 登り降りたときは1ダースw

炭酸ぬけてそうですねー。
紙パックビールw
飲んだくれ登山は危険なんですけどね。

> 今回軽装なんですね
> マッハGOGOさん半ズボンだ
> ももさんは
> ビキニとかヾ(ーー )ォィ

今回は甘く見て夫は軽装でした。
虫にも刺されることなく下山できました。
ビキニは、白人がやりそうですねー。

> しかしこの青いラインの大きな富士山いいですね~~
> こんな綺麗な富士山初めて見ました

しかも存在感ありますでしょ?w

> この山 会談といい・質といい登りにくいそうな山ですね
> 写真見ただけですが
> 階段など幅が広すぎ

そうなんですーーーーー。
苦労しました。

> 最近一週間に1度は山登りですか?
> うちの近くは山だらけなので あまり山登りってピンと来ない都会ならではなのかな~?

ない物ねだりなんですかねーーー。
でも私は昔から、海より断然山派です。

ももくそ | URL | 2013/09/12 (Thu) 23:05 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。