ももくその、楽園てどこにあるんだろう・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

オフ会『富士山登山』②

では出発です。(午前9時半)
須走口は標高1980mからのスタート。(吉田口ルートは標高2305m)

森林の中を歩きます。

富士山12

登山道に入るとすぐに古御嶽神社に着きます。


シャトルバスの運転手さんのアナウンスでは、昨日までは大雨が降っていたのだそう。
その為か、本来なら火山灰のザレた道で歩きにくいのに、雨で湿っていてとても歩きやすい。

富士山13


ガスってきました。


富士山14
(一休みするChempakaさんとガスで幻想的な登山道)


先頭は隊長のChenpakaさん、2番手は私、3番手はねこ地蔵さん、という順で進みます。
今考えると、何故一列で進んでいたのか(笑)

別に並んでも良かったのに・・・・。


でも普段から、歩く時は人の後ろを付いて行くのが好きな私。(安心する)
ついつい当たり前の様に、Chempakaさんの後ろについてしまった・・・。


ガスった砂走り(下山道)が見えます。

富士山15


走って下りているのかと思いきや、みんなトボトボ歩いてますね~~~。

砂が昨日の雨で湿って、滑って下りれないのかな・・・・?


隊長がかなりゆっくり歩いてくれた為、息も切れることなく確実に足を進められる。
これが夫だったら、先に進んで早く来るように物凄いプレッシャーを与えるんだような~~~。


やっぱアイツは置いてきて成果だったわ・・・!!!


すると登山道にこんなものが・・・・。


富士山18


この時はなんなのか分からず、写真を撮ってそのまま通過。
後で調べたら、これは月待塔というものらしく、特定の月齢に集まって月の出に拝んだり
故人を供養したり、願掛けをしたり、信仰の1つなんだそう・・・。


3人で歩いて行くと、いつしか森林限界を超え、富士山らしい登山道に出る。


富士山16

晴れたーーーーーー!!!


ガスで頂上も地上も見えない山歩きは、見えない迷路を歩いている感じだ。
自分がどこまで進んだのか、あとどれくらい進まなければならないのか分からないのは
歩きがいが全くない!!!


やっと今夜の宿、大陽館に到着。(午後14時半)

富士山19


ねこ地蔵さんの 「ヤッターーーー――」 の声が響き渡る(笑)


さっそくチェックイン。


通された今夜の寝床はこんな感じ・・・・。



富士山21


通路を真ん中にして両脇が二段になって寝床がある。


我が隊の寝床は昼間でも光が射さない1階だ。



富士山23

フラッシュを焚いて撮りました。


布団も空気も(←これは気分)、ジメ~~~っとしていて、常に薄暗い。
寝床・・・というか部屋全体が、ほんのり古臭い腐った木というかカビっぽい匂いがする。


画像に写っているChempakaさんの右横(赤いシュラフ)にねこ地蔵さん、その横に私が
寝る予定・・・・。







1枚の布団に3人で寝ます!!!



1枚の布団に3人で寝ます!!!



1枚の布団に3人で寝ます!!!





(3回繰り返しました(笑))



寝返りは絶対に打てない過酷な寝床・・・・。


噂&想像通りだわ~~~(笑)


これって欧米では考えられない環境だと思うんだけど・・・。

例えば、モンブランがあるフランスのシャモニーの山小屋なんかでは、大部屋があっても
必ず一人に1つのベッドは当たり前。


日本の世界遺産の宿はなんでこんな過酷なんだろう・・・・。


山小屋で快適に眠れる環境の人数で入山制限をしないで「世界遺産」を謳うのは
どうかと思うのは私だけ・・・?


『過酷な環境でも詰め込んで儲け主義』は、いつか止めないと、世界遺産認定が取り消しに
なってもおかしくないかもね・・・。

しかし、ここだけ見ると、先進国っぽくないねぇ~(苦笑)
そんな事を考えていたら・・・。


ねこ地蔵さんに「ここは2階じゃなくて3階なんだね」と、言われる。


えーーーー?マジ????


上を見ると、通路のど真ん中の天井が寝床になっていた・・・。

富士山22

子供が3階にいるお父さんと話しています。


凄い・・・。


どんだけ詰め込むんだ~(笑)



すると、昨夜から寝ないで運転してここまで来たChempakaさんは、さっそく夢の中へ・・・・。

到着してすぐにこの寝床を見て、無言でシュラフを開いて臭いを嗅ぎ、ダメージを
受けていたChempakaさん・・・(笑)

洗濯されることなく繰り返し使用される不衛生なシュラフより、やはり睡魔と疲れが
勝ったのだろう・・・。


14時半から夕食の17時まではとても暇。


いいな~。
私も少し仮眠したい・・・。

でもここで寝てしまったら、きっと夜中に起きてしまって、それ以降眠れずに明日は
かなりの寝不足状態で山頂を目指す事になってしまうだろう・・・。


寝不足で眠いけれど、ここは我慢!!!


昼間でも光の射さない穴蔵(寝床)を抜け出して、外に出る。
しばらく外の空気を吸って、大陽館の休憩所(食事処)に入ってコーヒー(450円)を注文。


富士山25


癒される~~~。


着替えを終えたねこ地蔵さんも合流。(大陽館で着替える場所はないのですが、穴蔵の
真ん中にカーテンのかかったシュラフ置き場があり、ここで着替える事が出来た)


休憩場は満席で大盛り上がり。


コーヒーを飲み終わったねこ地蔵さんは、やっぱり寝不足で疲れた模様で、夕食まで
少し仮眠を取るのだとか・・・・。


仮眠を取っている所を撮りました(笑)



富士山24


せま!!!(笑)


今はまだ、Chempakaさんとねこ地蔵さんの脇に人が来ていないから、ゆったりして見えるけど
これが両隣に人が来たら、凄いな~~~。


何とか時間を潰して・・・。
17時に夕ごはんです。


富士山26


メニューは、水っぽい切り干し大根と、予想に反して手作り風のハンバーグと漬け物。
3人に対して鍋いっぱいの豚汁とごはん。


カレーのメニューが多い富士山の山小屋では、頑張っている方。
しかし、なぜ山小屋の米は酷いんだろう・・・。

まるで古古古米のようなパサパサべったりした食感。
実際に古いコメを使っているからなのか、または標高の高いところで炊くとどんな米も
あんな風になってしまうのかとても謎。


早い夕食を終えてとても暇。


ねこ地蔵さんが「影富士が綺麗だよ」と、外から駆け寄って教えてくれたので、さっそく
見に行く事に・・・。


富士山27


日中はずっと曇りでほとんど山頂が見えなかったのだが、ここに来てやっと美しい
富士山の全貌を拝めることが出来た(影だけど)。


富士山29


何もすることが無いので、18時半か19時には3人で就寝。





しかし・・・。





私の隣で寝ているグループが突然起き始めて、大声で話をし始める。
あまりにもうるさくて、2時間ちょっと眠っただけで目が覚めてしまった・・・。


しかし、ねこ地蔵さんとChempakaさんは隣でぐっすり。
2人を起こさない様に穴蔵から這い出て、星空を見に行く事にした。
(が、廊下に飛び出ていたねこ地蔵さんの足を踏んづけてしまう私なのだった)


外には弾丸登山の若者がたくさん休憩していた。


眠れそうもないし、高山病の予兆もなく、今日一日は一度も息が切れる事もなく歩けた
ので、買ってしまった・・・・。





富士山31
(725円、富士山で売っている日本酒で1番高かった・・・他の山小屋では600円)


標高2920mで飲む日本酒はとても美味しく、いい感じに酔いも回る。


薄手の長袖1枚と春夏用の薄いジャケット、タイツに短パンを着た私の横で、ガクガク震え
ながらフリースの上にダウンを着る弾丸登山の20代の若者2人。
彼らに、


「おねえさん、そんな薄着で大丈夫ですか?」と心配される。


「ガソリン飲んでいるんで大丈夫っす!」と、答えると、「なるほど」と納得する若者。


酔っていい気分の私は、「富士山は何回目~?」と、まるで自分は何度も登った事が
あるかのような上から目線の質問をする。(←立ち悪い)


すると一人は富士山3回目(毎回弾丸)で、もう一人は今回が初めてなんだとか・・・。

普段はどこら辺に登っているのか聞いたら、なんと富士山以外は登山を全くしない
のだそう!!!!


ウエアも装備も登山用でバッチリなのに、なんて勿体ない!!!!


まだ7合目までしか登っていないこの時点で、

「富士山、登山としてはつまらねー。
 景色も登山としても最下位だわ・・・・。」

と思っていた私。


「是非、1度でいいから近場の低山にでも登ってみて欲しい!」と、熱く語る私であった。


「富士山=登山」思っては悲しいからね・・・。
他の山は比べものにならない程、変化に富んでいて、景色もいいし辛いし楽しい。


山頂を目指す彼等とは別れて、私は1時間ほど外で暇をつぶす。


すると大勢の自衛隊員が登ってきた・・・。


富士山30
(  自衛隊員の横で豚汁を食べる弾丸登山の若者たち・・・みんな相当
     寒かったらしい・・・)


お酒もいい感じに回ってきたので、穴蔵に戻って寝る事にします。


つづく

にほんブログ村 主婦日記ブログ ぐうたら主婦へ にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ
 

関連記事
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

よっ!待ってました!!第二弾。

ああ、どうりで足が痛いとw(嘘です。

あの山小屋の匂いなんですが、夜中まんじりと時間を
潰すため何回か外と中を行ったり来たりしてたんですが・・・。

中に入るとなーんか臭かったんですよ!こう湿りに湿って何かが発酵したような、うすら酸っぱい匂いが昼間より強く匂ってorz

もうちょっと何とか寝床だけでも改善してもらいたいですよねー。

昨日のニュースで吉田コースの登山者の渋滞を見て、つくづく須走口コースにしてくれたももくそさんに感謝しましたよ!

あの人混みでむちゃくちゃなペースで登ってたら登頂は無理だったよ。

あと、予告通り下山してから髪をショートにして染めましたよw

ねこ地蔵 | URL | 2013/08/12 (Mon) 21:42 [編集]


待ってました~。

ずっと快晴だったのかと思いきや、前日まで雨だったんですね。
でも、雨に洗われたような新緑がキレ~。

富士山の山小屋、寝床環境が過酷そうe-452
しっかし、疲れた体に休息を与える場で、大声の会話はやめて欲しいですね~。
弾丸ツアーの若者との会話が楽しそうです(笑)




Mic | URL | 2013/08/13 (Tue) 11:06 [編集]


山小屋はやっぱり想像を超えますね
1枚の布団に3人は大変だー
きれいで快適なシェラフならまだしも、疲れも取れなくて、かえって危険・・・・
それに寒いという登山者が多いのも、ちょっと心配ですね
入山制限するしかないのかしら

さすがももさん、若者たちと語りあうなんて~
お酒の力もあるだろうけど、山での出会いこそなのでしょうね


Yottitti | URL | 2013/08/14 (Wed) 17:43 [編集]


v-35 ねこ地蔵 さん、こんにちは~。
> よっ!待ってました!!第二弾。

コメントも記事も遅くなってすみません~~。
先週に登った八ヶ岳が富士山よりもはるかにきつくて辛くて半端ない筋肉痛で
記事を書く気になれませんでした~。

> あの山小屋の匂いなんですが、夜中まんじりと時間を
> 潰すため何回か外と中を行ったり来たりしてたんですが・・・。
> 中に入るとなーんか臭かったんですよ!こう湿りに湿って何かが発酵したような、うすら酸っぱい匂いが昼間より強く匂ってorz

私、古い匂いってダメなんですよね~。
古本の臭いとかもダメなんで~(笑)
でも、今回行った八ヶ岳の山小屋は、富士山をはるかに超える臭さで驚きました。
トイレも強烈で何度も吐きそうになりました。
アンモニアで目まで痛くなりました~。
それを経験したら、大陽館は天国だったかも・・・???
その分、個室で自由だったんですけどね~。
どっちにしろ、山小屋恐ろしいわww

> もうちょっと何とか寝床だけでも改善してもらいたいですよねー。

着替えをしたカーテンの向こう側って、物凄く埃っぽかったんですが
掃除機なんてもちろんかけていないんでしょうね~。

> 昨日のニュースで吉田コースの登山者の渋滞を見て、つくづく須走口コースにしてくれたももくそさんに感謝しましたよ!
> あの人混みでむちゃくちゃなペースで登ってたら登頂は無理だったよ。

世界遺産になったから須走も混むと思ったんですが空いてましたね~。
やっぱりTVの影響とか世界遺産の思いつきで登る人は、メジャーな吉田口に
集中するんでしょうね~。

> あと、予告通り下山してから髪をショートにして染めましたよw

染めた色は何色ですか?
って普通に黒かブラウンですよねw


v-35 Mic さん、こんにちは~。
> ずっと快晴だったのかと思いきや、前日まで雨だったんですね。
> でも、雨に洗われたような新緑がキレ~。

晴れのち曇りの予報だったんですが、雲がすごくてイマイチな天気でした。
人もいなかったので良かったです~。

> 富士山の山小屋、寝床環境が過酷そう
> しっかし、疲れた体に休息を与える場で、大声の会話はやめて欲しいですね~。

迷惑行為をするのはみんないい歳したおじさん、おばさんでした。
子供も何人か泊っていたんですが、静かなもんですよ!
大部屋で寝ている人もいるのにライトをつけておしゃべりしたりして
眩し―のなんのって・・・。
困ったものです。

> 弾丸ツアーの若者との会話が楽しそうです(笑)

山だと知らない人同士でも会話が弾みますね~。
挨拶もそうですが、みんな目的が同じなので連帯感が生まれるんでしょうか。
久々に若い男の子と話したかも(笑)


v-35 Yottitti さん、こんにちは~。
> 山小屋はやっぱり想像を超えますね
> 1枚の布団に3人は大変だー
> きれいで快適なシェラフならまだしも、疲れも取れなくて、かえって危険・・・・

私は事前にマイシュラフシーツを持って来ていたんです。
自分に触れる所は、自分のシーツなので快適でした。
Chempakaさんは臭いをかいで「ももくそさんが正解」って言ってました(笑)

> さすがももさん、若者たちと語りあうなんて~
> お酒の力もあるだろうけど、山での出会いこそなのでしょうね

折角、装備万全なのに富士山しか登らないなんてもったいなかったです。
富士山以外の山の方が、断然登って楽しいのに・・・。

ももくそ | URL | 2013/08/15 (Thu) 13:20 [編集]


こんにちは!

隊長か~~良い響きですね(笑)

まさか 副隊長は「ボルフガングさん」携帯で指令を出すw

耳栓もっていかれたのですか?

私もいくんだった

あのカビ臭さ 癖になるかな~(爆)
私なら足が長いので
板を突き破るかもしれません(^^♪

tookue | URL | 2013/08/16 (Fri) 13:39 [編集]


v-19 tookue さん、こんばんわ~。
> 隊長か~~良い響きですね(笑)
> まさか 副隊長は「ボルフガングさん」携帯で指令を出すw

Tookueさんが参加されていたら、間違いなく隊長はTookueさんで副隊長がChempakaさん
でしたよ~。
山に馴れた人と前後を交互に登ったら、Chempakaさんの疲れも軽減したんでしょうね。

> 耳栓もっていかれたのですか?

持って行きましたよ~~~。
必需品です♪

> 私もいくんだった

そうですよぉ~~~~!!!
次の企画には参加して下さいね~~~。
山 + 宴会付です(←自分が単に飲みたいだけ)

> あのカビ臭さ 癖になるかな~(爆)
> 私なら足が長いので
> 板を突き破るかもしれません(^^♪

癖になりますか~~?
人間の加齢臭と汗臭さも混ざってますよ~(笑)

ももくそ | URL | 2013/08/16 (Fri) 16:53 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。