ももくその、楽園てどこにあるんだろう・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

両神山・八丁尾根コース③

東岳から山頂までは、鎖場ではなく緩やかな登りが続きます。
鎖場は飽きたけれど、何もない登りも疲れるわ~。

山頂前の最後の2本続く鎖場に到着。

両神山47

最後の鎖場を登る。



両神山28

鎖場だらけで、画像もどれがどこのものだか、正直分からなくなってますが・・・(笑)
撮った順番で並べて、これが最後で合っているかな~。

山頂到着。

両神山35


山頂はとても狭く、狭い中でみなお昼ご飯を食べている。


両神山36


居場所が無さ過ぎて、三角点の確認も出来ないし山頂を表すポールの写真も撮れない。
さっさと下山しようとした途端、下から年配の登山ガイドらしき人から


すみませ~ん。
 
これからツアー登山者20名が登ります!


と、声をかけられる。


こ、こんな狭い山頂に20人!!!

加奈子


次々と、年配のツアー登山者が山頂にやってくる。(ツアーは別のルートから)
みんなクラブツーリズムのシール貼っている。

旅行会社のツアーがあるんだ~。


そして私の横では、男性が一人、狭くて不安定な岩の上で、ガスストーブでラーメンを
作っているし・・・。
「どんなに混雑した狭い中でも、山頂で飯!」の姿は、強い意志を感じるわ・・・。


山頂の鎖場が空いたので、下山します。


今回は、来た道を帰るのではなく、大声では言えませんが・・・。
別のルートで帰ります。


両神山マップ

以前は登山道だったが今では廃道扱いになっており、通行禁止になっている作業道です。
この作業道を通ると、あの鎖場を引き返さず一気に90分で駐車場まで戻れる。

この便利なルートが何故廃道になってしまったのか謎のまま、ネットで書かれていた
通りの作業道への分岐に辿り着く。

両神山37

この標識の左には立ち入り禁止のロープが張られている。
ここを潜って、先に進む。

するとその先で、数人の女性と一人の男性がシートを引いて座談会で盛り上がって
いた・・・。

するとその中の一人のおばちゃんが、私たちに声をかけてくる。


「あれ~、さっき会ったよね???」


(も) え?別の方だと思いますよ・・・?


するとその中の男性が、「どこまで行くの?」とこちらにやってくる。


(も) 上落合橋までです~。と答えると、



それを聞いた男性は、頭を押さえて、「あ~~~~、上落合かぁ~~~~~」と、
ちょっと考え込む。


すると、その男性が「わたし、こういう者だけれど~」と、山岳救助隊のワッペンを
見せてくる。


バッジ


この方は・・・もしや・・・?!と思って話を聞いていたら、

「こっから右は埼玉県で、こっから左は私の土地でね・・・」のセリフ。

そうです!
まさかの、山中さんだったのです!

※ 両神山の一部は私有地で、その持ち主が山中さん。
  国立公園に指定した行政と地権者の意見の相違(税や登山者への対応)で対立
  した為、メインルートだった白井差からの登山道2本を封鎖してしまい、
  ニュースでも取り上げられ、登山者の間で物議を醸し出した経緯を持つ。
  現在では山中さんが新しく作った山道を1000円支払って登れるようになったそう。


わー!
噂の山中さんに出会えて、嬉しい~。

世間では「有料なんて」とか、いろいろ言われていたけれど、私は山中さんの方の
考えがよく分かるのよね~。
長野の山を所有している親戚がいるからね・・・苦労とか聞いた事あるし。

完全な見方よ~(←その割には勝手に禁止区域に入っている)


山中さんの話によると、近年、上落合橋までの作業道を下りた登山者の事故が
絶えないのだとか・・・。

去年は、51歳の男性が滑落し、岩に背中を打って下半身麻痺になってしまう怪我を
したのだそう・・・。

その時は、山中さんが75キロもあるその男性を背負って下山し、救急車を呼んだ
のだとか(中肉中背なのに山で75キロを背負えるのは凄い!)

保険に入っていなかった為、残された家族が可哀相・・・と、話す山中さん。
(家族に責められたような事も言っていたな・・・・)

行きに撮った山岳事故の看板を見直したら、書いてあった!これか。

両神山2
  下から5つ目

なるほど・・・・。

そういうことで道を閉鎖したのか~。
もしかしたら、来た道を帰らなければならないかな・・・?と覚悟を決める。

しかし、私たちの姿を上から下までざっと見て、「ゆっくり注意して降りる事」
「無事に下山すること」を約束し、そのまま私たちは作業道に進む。

作業道に到着。

両神山38
 
入り口はこんな風に厳重にロープが張られています。

両神山39

ここをくぐって進みます。

事故の絶えない下山道はこんな感じ。

両神山42

ずっとこんな感じの道で、一見危ないようには見えません。
そこが、ここの下山道の落とし穴なのかもしれません。

山頂から駐車場までは90分で到着するこの道は、かなり急。
しかも、下の土が柔らかく滑りやすい。

私は1回、土が滑って地すべりし、そのまま転げ落ちそうになってしまった。

あまりにも土が不安定な上、急坂で膝に負担がかかる。

両神山43

ここを通って帰る人は、みんな八丁尾根コースを通った人だから、岩場はみんな心して
登るけれど、下山のこの道はついつい気が緩んで歩いて滑落・・・なんて事になって
しまうのだろう。


(も) これが前日雨が降っていたりしたら、最悪だね・・・。

(夫) 絶対に、滑るね。今日みたいな良いコンディションでも滑るんだから。

(も) 昨日が雨だったらここ通った?

(夫) それだったら、ここを通すGOサインはくれないよ。

(も) あ、そうか・・・。


道にはちゃんと赤テープがあり、迷うことはない。(いったん分からなくても登山道
らしい道を行けば、先に赤い印が出てくる)


日本100名山で誇り高い自分の土地で、登山者が次々事故ったり死亡したら嫌だよね~。
山中さんの為にも無事に下山しよう~。

などと話しながら、歩く。

しかし、ここは本当にキツイ。
今回初めて、膝が痛くなった。

今回初めてトレッキングポールを使って下山してみたけど、ポールがなかったら
どれだけ膝を痛めているんだか・・・。


下山の途中で沢を何回か渡る。

丸太の橋も掛っている。

両神山40

途中で「滑落しやすそうだな~、したら嫌だな~」という場所があり、去年滑落事故を
起こしてしまった方は、恐らくこの場所なのでは・・・・?なんて夫と話す。

車の走る音が聞こえる。


ゴール間近だ!


見えた!

両神山44

この頃には両膝が痛くてしょうがない。

一刻も早くゴールに着きたい。


着いた~。

両神山46

(駐車場側の入り口も封鎖されてます)

お疲れちゃ~ん!

さて、今回初めて使ったトレッキングポール。
どんだけ楽なんだ!!!!と驚き。

今まで、自分の筋肉痛めてなんぼじゃ~!と思っていたくせに、トレッキングポールの
余りの楽さに一気に考えが変わる。

今回は手を突く岩場と急な下りがあって役だったのが、トレッキングポールアタッチメント
の付いているザック、オスプレーのカイト36。

ポール

ポールが邪魔なった時、わざわざザックを下すことなく、脇に差して両手を空ける
事が出来る。

侍みたいで気に入ってます。

ニンニン♪ (←それはハットリ君)


帰りは、大滝温泉遊湯館で温泉に入って帰ります。(顔が砂砂)


帰りのトンネルが怖っ!!!

両神山45


やっぱり温泉はヌルヌルだった・・・。

奥多摩・秩父の温泉の基本はヌルヌルなのね~。


入浴後はもちろん、コーヒー牛乳!


じゃなくて・・・・。


梅酒。

温泉

この梅酒うまーーーーーーーー!!!
日本酒ベースのこの梅酒は、甘さが控えめで上品な味。

ゴクゴク飲めます!(笑)
この温泉に来た時は是非どうぞ・・・。

にほんブログ村 主婦日記ブログ ぐうたら主婦へ にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ

関連記事
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

いわくつきの山だったのですね
それにしてもツアーで来ちゃうなんてすごすぎる
ももさんのルートを知ってしまった今、帰りはどうするのかしらね??

国とのいざこざ、山中さんとしては譲れないですよね
国の言い分で、好き放題にされては怒れます
ももさんたちは、私道を歩かせてもらってよかったですね
事故のこともあれば、パトロールにも力が入りますね

Yottitti | URL | 2013/06/05 (Wed) 19:44 [編集]


v-281 Yottitti さん、こんばんわ。
> いわくつきの山だったのですね
> それにしてもツアーで来ちゃうなんてすごすぎる
> ももさんのルートを知ってしまった今、帰りはどうするのかしらね??

山でいわくつきが無い所はない気がします。
前回の乾徳山も岩場で滑落事故死がありますし、その前の川苔山も上智大生が
遭難死しているんですね~。
やっぱ山は、「なめたらあっかん~(天童よしみ風)」ですね~(笑)
ツアーの方が絶対に安全ですね~。
特に年配の人は・・・。
下山は、この山は数か所のルートがあるので、安全な道があるので、そこを
通るんだと思います。

> 国とのいざこざ、山中さんとしては譲れないですよね
> 国の言い分で、好き放題にされては怒れます

以外に山が私有って多いですからね。
所有するだけで税金や整備にお金がかかりますよね~~~。
維持できないと、手放すしかないですし・・・。
それが理由で、日本の山林がバンバン中国人に買われてますね~~~。
中国からしたら「安全な水」を採取して国で販売するのが目的なんですが。
気が付いたら、国のほとんどが中国人の所有だった!!!なんて、近い将来
ありますね~~~。
ここは頑張って、国と所有者で維持して欲しい物です。

> ももさんたちは、私道を歩かせてもらってよかったですね
> 事故のこともあれば、パトロールにも力が入りますね

本当は禁止区域に入らないのがお互いの為なんでしょうけどね~。
車で来ていなければ、正規ルートを安全に降りる事が出来たんですが、車が
あると同じところに戻らないとダメですからね~~~。
このルートは有り難いです。

ももくそ | URL | 2013/06/05 (Wed) 22:04 [編集]


いや~~~、お疲れ様でした!
これは筋肉痛になりますわ!!

鎖で登ったり降りたりでしょ?
腕もパンパンですね!
しかし、体力ありますね~凄いなあ~

この鎖場の連続ですけど、どれも急ですね!
ロッククライミングと変わりませんやん!
普通の女子なら見ただけでギブアップでしょ!これ!

帰りの裏道はラッキーでしたね!
山中さん、お二人の姿をまじまじと見て、この二人なら
OK!合格っ!って事ですから、たいしたもんですよ!

急な下り道の連続は膝上の筋肉が痛くなりますね!
もう、ガクガクしてたと思いますよ!僕もブータンで
経験しました。もう痛くて痛くて、辛かったですもん!

やはりトレッキングポールは楽ですね!
僕もこの前の週末は大台ケ原に行ってきたのですが
トレッキングポールが大活躍でしたもん!
登りはもちろん下りの楽さにはびっくりしました。
富士山には必ず持っていきたいと思います。

そうですね~、出来る限り富士山までは毎週山登りして
経験を積んでおきたいと思います~~

ももくそさんも楽しみながらがんばってね!

では~~!

chempakaでした!

Chempaka | URL | 2013/06/06 (Thu) 00:08 [編集]


鎖場は飽きたけれど、何もない登りも疲れるわ~。

あはは、わーかーるーw
もう岩場でもいいから変化が欲しくなりますよね。
逆に鎖場、岩場が多いと何にもない登りが欲しくなるという。

山中さんの話は初耳でした。山持ちの苦労って山の手入れだけじゃないんですね。
しかし、事故発生状況表にのってる事故の数・・・怖いですね。ご無事でなによりです!

ねこ地蔵 | URL | 2013/06/06 (Thu) 16:03 [編集]


v-281 Chempaka さん、こんばんわ~。
> いや~~~、お疲れ様でした!
> これは筋肉痛になりますわ!!

でも私は筋肉が付きにくい体質らしく、ここに限らず毎回筋肉痛です。
夫は1度もならないんですけどね~。

> 鎖で登ったり降りたりでしょ?
> 腕もパンパンですね!
> しかし、体力ありますね~凄いなあ~

最後の鎖場は正直ヘロヘロでしたよ(笑)
体力ないわ~。
腕よりやっぱり足の筋肉痛がひどかったねす~。

> この鎖場の連続ですけど、どれも急ですね!
> ロッククライミングと変わりませんやん!
> 普通の女子なら見ただけでギブアップでしょ!これ!

やっぱりここは若い男子が多いんですが、ご夫婦とか男女のグループとか
何組かいました、
ここはハードで登山口に来るのも大変な山の所為か、マナーのいい登山者
ばかりでした~。

> 帰りの裏道はラッキーでしたね!
> 山中さん、お二人の姿をまじまじと見て、この二人なら
> OK!合格っ!って事ですから、たいしたもんですよ!

事故の票を見ると、20代30代は遭難で、それ以外の滑落や事故は
60歳以上ばかりなんですよね~。
きっと若さでOK貰ったんだと思います(笑)

> 急な下り道の連続は膝上の筋肉が痛くなりますね!
> もう、ガクガクしてたと思いますよ!僕もブータンで
> 経験しました。もう痛くて痛くて、辛かったですもん!

痛くなるのは辛いですいよね~。
筋肉痛はなかったですか?←しつこい

> やはりトレッキングポールは楽ですね!
> 僕もこの前の週末は大台ケ原に行ってきたのですが
> トレッキングポールが大活躍でしたもん!
> 登りはもちろん下りの楽さにはびっくりしました。
> 富士山には必ず持っていきたいと思います。

ググってみたんですが、景色の変化があっていい所ですね~。
ポールがこんなに楽だとは思いもしませんでした~。
邪魔になるかと思ったんですが、全然そんなことなかったです。

> そうですね~、出来る限り富士山までは毎週山登りして
> 経験を積んでおきたいと思います~~

富士山まできっとあっという間でしょうね~。
頑張りましょう~。


v-281 ねこ地蔵 さん、こんばんわ~。
> もう岩場でもいいから変化が欲しくなりますよね。
> 逆に鎖場、岩場が多いと何にもない登りが欲しくなるという。

それを考えると富士山は延々登りで同じ景色なんですよね~。
須走口なんでまだ変化ある方でしょうけど。
景色がずっと一緒って過酷そうだわ~。

> 山中さんの話は初耳でした。山持ちの苦労って山の手入れだけじゃないんですね。
> しかし、事故発生状況表にのってる事故の数・・・怖いですね。ご無事でなによりです!

自分の家の敷地内で怪我人が出るのは嫌でしょうから、歩きやすいように
橋を作ってかけたり色々としているみたいです。
うちの親戚は車が通れるように道路作ってました。
そこで秋は一般の人に有料でキノコ狩りとかしてましたが。
事故の内容と数を見るとビビりますよね~。
気を抜けないのが山なんですね~。

ももくそ | URL | 2013/06/06 (Thu) 20:23 [編集]


かなりハードな山ですね!!
レユニオン島ではよく登山をしていたけど、最近は腰が痛くて全然してませーん。
それに、山に登るのが怖くて。。
自然のチカラというか、亡くなっている人も多いからか、そういうものを感じませんか?!
とにかく、怪我なく下山できて良かったです^^

現地ツアー会社のサイト、まだ訪問地の変更などがありますが、ようやく形になってきました!
http://www.l-amitie-voyage.jp
日本のフレンチレストランに、名刺などを置かせてもらう予定です!
知り合いの方でフランス旅行に興味のある方にがいたら、宣伝宜しくお願いします^^

なでしこ | URL | 2013/06/10 (Mon) 00:34 [編集]


v-281 なでしこ さん、こんにちは~。
> かなりハードな山ですね!!
> レユニオン島ではよく登山をしていたけど、最近は腰が痛くて全然してませーん。

登山て膝や腰を絶対に痛めるスポーツ趣味ですよね。
私も今まで膝の不調は一切なかったのに、山に行ってから負担がかかって
痛むようになりました。
それでも登り続けると軟骨すり減ってしまうんでしょうね~。

> それに、山に登るのが怖くて。。
> 自然のチカラというか、亡くなっている人も多いからか、そういうものを感じませんか?!
> とにかく、怪我なく下山できて良かったです^^

友人の登山仲間が今年の冬山で亡くなって、まだ遺体回収されてませんが
冬山を登る人達は覚悟があって登っているんですかね~?
夫の知り合いで、凍傷で指をなくしても登っている人いますからね~。
霊的な事は一切わかりませんが、自然の力というか、人間や生き物を
拒む感じがしますね・・・冬山は。
「生物侵入禁止区域」ってイメージです。

> 現地ツアー会社のサイト、まだ訪問地の変更などがありますが、ようやく形になってきました!
> http://www.l-amitie-voyage.jp
> 日本のフレンチレストランに、名刺などを置かせてもらう予定です!
> 知り合いの方でフランス旅行に興味のある方にがいたら、宣伝宜しくお願いします^^

今、ちょうど記事を書いているところです。
なでしこさんの所のツアーで訪れる街とは違うかもしれませんが、西南仏の
街を紹介している記事です。
HPも載せますね!
てか最近、ブログ離れをしていまして・・・・(笑)
頑張って書きます~。

ももくそ | URL | 2013/06/10 (Mon) 08:45 [編集]


お久しぶりです♪

ちょっとご無沙汰している間に、しっかり登山ブログになりつつありますねe-454
富士登山の下準備も着々…といったところでしょうか?
富士への並々ならぬ執念?(笑)を感じさせていただいてます。

それにしても体力ありますね~e-451
普段の生活でほとんど「歩く」ということをしない私は、写真見てるだけで筋肉痛になりそうですが(笑)、森林浴気分を味わえました~。

Mic | URL | 2013/06/13 (Thu) 11:37 [編集]


v-281 Mic さん、こんにちは~。
> ちょっとご無沙汰している間に、しっかり登山ブログになりつつありますねe-454
> 富士登山の下準備も着々…といったところでしょうか?
> 富士への並々ならぬ執念?(笑)を感じさせていただいてます。

お元気ですか~?
もうすっかり登山ブログになってしまっているので、登山と旅行は
別に作ろうと思ってます~。
富士山は今では登山の登竜門に成り下がってます~(笑)
どんな感じになんでしょう~。

> それにしても体力ありますね~e-451
> 普段の生活でほとんど「歩く」ということをしない私は、写真見てるだけで筋肉痛になりそうですが(笑)、森林浴気分を味わえました~。

秋には美しい紅葉をお届けする予定です~(笑)
富士山もまだなのに気が早いですけど。

ももくそ | URL | 2013/06/13 (Thu) 15:06 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。