ももくその、楽園てどこにあるんだろう・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

乾徳山①

この土日を利用して、清里に1泊旅行に行ってきました。
初日は清里に行く前に、軽く岩殿山に登ろうかと企画していたのだけど、現在の関東の
気温は26度前後。

夫が、暑いから低山は嫌だ! (岩殿山はスカイツリーと同じ634メートル)

と言うので、急遽、標高2,031mほどある乾徳山へ行く事に決定。

乾徳山の正規(?)ルートっぽい『徳和』の登山口から登ると、5~7時間はかかる予定。

今回は宿のチェックインを早めにしてあるので、歩行距離と標高差の少ない「大平牧場」
から登ります。

乾徳山0


『徳和』が無料なのに対し、ここは駐車料800円。
個人の土地なので、お金を取られるのは当然なのだが、「山と高原地図」では

山と高原地図 26.金峰山・甲武信 2013

大平牧場を超えたところに3台ほど無料で停められる駐車場があると、記されている。

しかし牧場にはこんな表記。


駐車


私が読んだブログの中には、駐車料金を取られるのが嫌で、この先に進んだ輩がいた模様。

しかし、地元の人と牧場の人から、
「この先の駐車場は、地元の山菜取りの人の為」と言われて、駐車出来なかったとの事。

「集金ババア」とか、地元民と揉めたような事を記事に書いている人がいた。





かお26


いや・・・。
地元民優先は当たり前でしょう?(と思う私)

「登山者の車で地元民が大迷惑」なんて、噂の現場で取り上げられないようにして
欲しいものだ・・・。

今回山に登って思った事は、ここ3,4年の登山ブームで、無神経で自己中な人が
物凄く増えたよな~と、思う私。(すっごいイライラしたよっ)

 
登山者は、撮り鉄みたいな無神経な輩の仲間になって欲しくないんだけど・・・・。
(撮り鉄は、写真を撮る為に邪魔な木を切り倒したり、私有地に入り込んだりする
 人がいる・・・と、噂の現場で取り上げられていた)


では、出発です。


ルートは、 登山道入口 - 国師ヶ原 - 月見岩 - 扇平 - 乾徳山山頂
- 道満尾根 - 登山道入口 (休憩含めて6、7時間を予定)


ルート


自宅の東京を出発した早朝4時の時点では、快晴。
しかし、山梨に入ると・・・どんより曇り。

中央道で見えるはずの富士山が一切見えない・・・。


こりゃ、山頂の素晴らしい景色は期待しない方がいいね~。
元々この日は雨の予報だったんだし。

を、夫婦で何度も同じ会話を繰り返す。


既に閉鎖している、大平牧場をカーナビに入れても出てこない。
なので、1番最寄りの「山梨私立三富小学校」をカーナビに設定。

それからの道のりは・・・。

小学校を左にして通り過ぎたすぐに、「乾徳山登山口」の看板が出てくるので、そこを左に
曲がる。

道を突き当ったら右に曲がる。
そこからは、登山口への看板を見てそのまま道なり(落石だらけの悪路)


無事、大平牧場に到着して、トイレを済ませて出発です。


乾徳山


早朝は物凄い曇りだったのに、こんな感じに晴れました・・・。





乾徳山1


空があおーーーーい!
天気がいいーーーー!

こんな道をグングン進みます。


乾徳山2


常に夫は先に進みます。
定期的に私を待ちますが、私がやっと夫に辿り着いた途端、夫は出発し始めます。


乾徳山3


私の休憩はありません。
山に登る度に「やっぱり夫は富士山に連れていかない」と、心に決める。


グングン登って来ると、そこには・・・・。



富士山!!!


乾徳山4


この美しい姿を見て、「あと約2ヶ月ちょっとには、この山に登るんだな~」と、
なんだか誇らしい気持ちが湧き出た私なのでした・・・。


乾徳山5


乾徳山にはたくさんの巻き道があり、分岐も分かりやすい。
鎖場のある頂上を目指します。



そしてまた富士山!!!

乾徳山6


ズームして撮ったら、絵画みたいに撮れてしまった。
やっぱり富士山は美しいな~。

こんな景色の中の登山は楽しいな~。


富士山を背に、ぐんぐん進むと


一面のススキ野原。


乾徳山7  


乾徳山山頂が左に見えます。


ススキ野原を進むと、月見岩が見えてきた。
人の姿が見えます。


乾徳山8


月見岩に到着。


乾徳山9
 

この岩には別に登らなくても良いのだけど、この岩に登ってからのススキ野原と
富士山の景色を見てみたい!!!


が、しかし・・・。
この既に乗っている20代前半グループ(↑2枚は同じグループで写真の他に4,5人いる)が、
いっこうに退かない。


いつしか岩の下には、岩に登りたい人で溢れかえる。
みんな会話でも「岩に乗って写真」をアピールするのだが、奴らは岩の上で休憩し始めて
この事態を完全に無視。



なんて無神経な奴らなんだ!

かお怒20





そしてやっと奴らが退いたので、登って富士山を撮ろうとしたら、今度は無神経な女が
私と夫の目の前に陣取って写真を撮り始める・・・。









なんて図々しいんだ!

かお怒17

ちょっと前までは、写真を撮っている人がいたら邪魔をしない様に待ったり
写らない様に屈んだり、みんなそうしていた。

しかし、この日の乾徳山を登っていた20代前半の若いグループは、道も譲らないし
邪魔はするしで、最悪なマナーだった。


乾徳山の若者は、格好はバッチリ登山ウェアで決めている。
富士山は、一度も山に登った事もない人もいるだろうし、マナーはきっと

これ以上なんだよなぁ~・・・。


はぁぁぁぁぁ。


つづく
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ ぐうたら主婦へ にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ

関連記事
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こんにちは!
駐車場の看板
かなり
傷んでますが、私ならゴミ?や思って
信用しませんよ(笑)
誰か捨てたんだと

そやけど
この前から
私は感じるのですが
結構真面目というか ももさん・ボルフガングさんの
愛情日記みたい

なんか後ろから夫を撮る
遅れた女房をまつ

いいね~~v-218


tookue | URL | 2013/05/21 (Tue) 13:40 [編集]


v-281 tookue さん、こんばんわ~。
> こんにちは!
> 駐車場の看板
> かなり
> 傷んでますが、私ならゴミ?や思って
> 信用しませんよ(笑)
> 誰か捨てたんだと

確かにボロボロですね~。
私も知らずに通って見たら、スルーします(笑)
今回は駐車場をネットで調べていて、たくさんの記事を読んだのでね~。

> そやけど
> この前から
> 私は感じるのですが
> 結構真面目というか ももさん・ボルフガングさんの
> 愛情日記みたい

ええええーーーーーーーーーーーー!!!!!(驚)
そんなんじゃないですよ~。
記事には書きませんが、当たり前のような罵り合いを普段からしています。
人前でも平気で夫は悪態をつくので、周りにいる人はビックリですよ。

> なんか後ろから夫を撮る
> 遅れた女房をまつ
> いいね~~v-218

いやいやいや。
じつはこれには物凄い嫌がらせがあるんです。
今度の記事で、その嫌がらせの全貌が明らかになります(笑)

ももくそ | URL | 2013/05/21 (Tue) 20:58 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。