ももくその、楽園てどこにあるんだろう・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

川苔山 ②トレッキング続き

どうやら正規コースから外れていたようで、急いで元の道に戻る私達。

2人でしきりに
「赤い印あった?なかったよね?」
「他に登山道らしいのなかったよね~」
と、話す。

一体どこで道を間違えてしまったのか・・・。

しばらく歩くと、夫が叫ぶ。



あった!こっちだ!!!

山


確かに登山道っぽい。
足元を見ると、白いテープが土で薄汚れて貼ってあった。

こ、これは気が付かん・・・。


コースを外れた事にすぐ気が付いて良かったわ~~~。

夫が「絶対におかしい」と言い張るから戻ったけど、私としてはもうちょっと進んで
様子見ても大丈夫なんじゃない?なんて思っていたのだ。

こちらから引き返すと正規ルートは一目瞭然なのだが、元の道からだとちょっと分からり
ずらい道。

川苔山20


正規ルートを少し登った木には、ちゃんと赤いテープが張ってある。


川苔山21


良かった、良かった~。

コースを外れた道の岩に一眼レフの蓋を忘れてしまった人は、そのまま歩いて行って
しまったんだろうか?
蓋はまだ最近の物で全然古くないし、汚れてもいなかった。

こういう時、一人で登っている人は不安だろうし、遭難したことを周りが知るのも
時間がかかるんだろうな~。

私達の様に引き返して無事に下山していたらいいね~と、夫に話すのだが、
夫が一言


「道を戻っていたならば、忘れた自分の一眼レフの蓋に気が付くはず。
 あのまま置いてあるって事は、そのまま進んだ可能性大だ。」




確かにそうかも・・・・。

ぴのこ1

ニュースで遭難者が報道されるのは、必ず何人かのパーティーだし、クレヨンしんちゃんの
作者の単独登山遭難だって、家族が行く事を知っていたからなのよね。

1人暮らしで単独で行った場合、誰も遭難に気が付かない可能性もあるんだよね・・・。
中には単なる行方不明とか蒸発で探されていない人もいるんだろうか・・・?

いやいや。
悪い事を考えるのは止そう。
ちゃんと無事に下山したでしょう。


では気を取り直して・・・・。

この正規ルートから山頂までの道のりはとてもキツイ。
急な坂を延々登る為、太腿がパンパン。


川苔山の東の肩に到着。

川苔山22


ここから山頂までもうすぐ。

でも、この緩やかに見える坂がなかなか進まない。
亀の様にゆっくり登って頂上。


川苔山23


頂上は、たいした景色ではない こんな感じ。


時間もちょうど11時なので、先ほどの東の肩に戻ってそこでランチにします。


川苔山24


先日購入したメスティンに、事前に水を吸わせたお米とホタテ缶、家から持ってきた
白だしと水を入れて火にかける。

結構、風が強かったけれど、固形燃料でも十分に火が上がる。
てか、風の所為で火が激しく燃え上がり、アルミホイルでガードしないと他に火が移りそう。

で、アルミでガードしたらガードしすぎて火に酸素が行かなくなり消火。

(  これを何度も繰り返す)


ホタテご飯が炊きあがり、保冷保温弁当箱で蒸らしている間、お次の料理に取りかかります。
ニョッキで~す。

川苔山25

(この時、ニョッキ用のレトルトソースはメスティンと一緒に保温弁当箱に一緒に
 入れて温めておきます)

固形燃料で水からお湯を沸かすのは時間がかかるので、魔法瓶に持って来ていたお湯を
入れて火にかけ、ニョッキを茹でます。

ニョッキの茹で汁は、インスタントスープに使って無駄にしません。
蒸らしたご飯に温められた、ソースをニョッキに絡めて出来上がり。


きのこのクリームチーズソースのニョッキとトマトスープ~

ニョッキ

山でイタリアンの出来上がり~♪

ニョッキを食べ終わった頃、ホタテご飯が蒸らしあがる。
震災の非常食用に常備していたサンマの味噌煮缶が、消費期限が近くなったので
おかずとして持参。

火にかけて温めます。

ではホタテご飯とサンマ味噌煮、きゅーりのキューちゃんで頂きます。

川苔山27

ご飯に散らすように持ってきた浅葱の存在を、半分食べて思い出す。

山で食べるご飯はうまい!!!!


しかし、ご飯よりも何よりも






寒い!!!

寒い

この日、下界では20度を超える暖かさなのだけれど、同じ東京でもここでは
凍え死にそう・・・。

フリース着ても寒さで震えが止まらない。

二日酔いだったのでお酒を飲みたくなかったのだが、余りの寒さに暖が欲しくて
夫が持って来ていたパックの日本酒を盗み飲む。


その上、筋肉を酷使して、寒さで一気に筋肉が収縮した為か、夫も私も足が攣って大騒ぎ。


終いには両足が攣ってしまう。
弁当を食べながらしばらくこの体制で居た私。




周りから、「何あの人?」と思われても気にしない。


ヨガ2

この体制を止めると、またすぐに足が攣っちゃうんだもん・・・。


足の攣りが治まった頃には、寒さでトイレに行きたくなる。
しかし、この川苔山には下山して鳩ノ巣駅のトイレに行くか、川乗橋のトイレに戻る
しか手立てはない。

下山途中で大変な事にならない様に、ガクガクブルブル震えながら片づけをして出発します。


帰りの鳩ノ巣駅コースは、延々下る道。
しかもこんな景色。

川苔山28

登山道としては、まったくもってつまらない道。
これを登って下っての往復は、拷問以外の何ものでもない。

面倒だけれど、川乗橋口から登って良かったね~と話す。


延々の下山は、トイレに行きたい私には拷問。



一歩一歩の振動に触発されてか、お腹も痛くなり



ビッグウェーブが次々襲ってくる!!!

ウェーブ








誰かー!ストッパー下痢止め頂戴!!!


ストッパー


万が一の事を考えて、富士山はこれを持って行こうと思った私。

2時間ほどでやっと下山。
何度も危ない目にあったけど、良かった。

ちゃんと駐車場のトイレまで持ったーーー。
良かった~!

川苔山29

 こんな手作りの看板で「おつかれさま」の言葉は心がほっこりします。


楽しみにしていた下山後の温泉は「もえぎの湯」に向かう。

しかし、ゴールデンウィークで混んでいる為、駐車場でアナウンスが流れる。


「混雑しているため、入浴は整理券を貰って番号が呼ばれた方から入れます~」


そのまま帰りまーす・・・・。


川苔山を登って思った事。
山は適度に山あり谷ありの道がちょうどいい。
「延々登り」とか「延々下り」はかなりきつい。
富士山大丈夫だろうか・・・。

にほんブログ村 主婦日記ブログ ぐうたら主婦へ にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ

関連記事
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

とっても羨ましい一日を過ごしてたんですねえ。
私もこういう山に登りてい~っ!!
最近そう言う筋肉ぜんぜん使ってないのできっとぜいぜい+足攣るだろうな。
ももさんは野でe-283は無理なの??
駄目よ、無理しちゃあ。 体に良くないわよ。
それにしてもせっかくの清々しいバロル(チューブウェーブ)がこんなセッティングで使われるなんて。。。
ももさん、やだあ。(笑)
コースに戻れて何よりです。
山でイタリアン。あっぱれ。おつですなあ。

カントリーママ | URL | 2013/04/30 (Tue) 18:07 [編集]


kこんにちは!

ヨガを極めかけてる
ももさんならではのポーズ
お見事としか言いようがない(笑)

非常食で思ったんだけど、1年以上は持って欲しいじゃないですか(少々は大丈夫だと思うけど)すると缶詰しかない
(カロリメイト類は8箇月ちかだし)
するとサバ缶とかですよね
自分で万が一のことがあって、逃げれて時、非常食にサバ缶などたべられるのか??(魚苦手)という疑問に悩まされます・・きっとお腹すいてるからOKだと(爆)

でも意外だな~
ももさんが。
保冷バックですか?ピンク色
イメージ的に違ってた

 黒に迷彩かグリーンの蛍光色w 

法律に忠実なんですね(笑)
野外活動の一環として のぐ✖はしないんですね

またまた
お見事ですv-218

なんかビッグウェーブを止めるポーズ考えなきゃね

で・・・一眼レフの蓋を探す亡霊には出会いませんでしたかヾ(・ε・。)ォィォィ




tookue | URL | 2013/05/01 (Wed) 15:12 [編集]


v-281 カントリーママ さん、こんばんわ。
> とっても羨ましい一日を過ごしてたんですねえ。
> 私もこういう山に登りてい~っ!!
> 最近そう言う筋肉ぜんぜん使ってないのできっとぜいぜい+足攣るだろうな。

カントリー家の住んでいる島では簡単なジャングルトレッキングする場所ない
ですか?
いっぱいありそうですね~。
でも山より今は海ですよね。
カントリーキッズは不思議の島のフローネ(←歳がばれる)みたいな生活で
楽しそうです~。

> ももさんは野でe-283は無理なの??
> 駄目よ、無理しちゃあ。 体に良くないわよ。

いや~。
見渡す限り杉の木なんですよ!!!
上も下も隠れる場所がない!!!
さすがの私も、おっちゃんや若い男子の登山者が下山する中、野ぐそは出来
ませんですわ~(笑)
枝や葉が多い木がある森なら出来そうですけど~。
必至に我慢しましたわ~。
何度鳥肌が立ったことか(笑)

> それにしてもせっかくの清々しいバロル(チューブウェーブ)がこんなセッティングで使われるなんて。。。
> ももさん、やだあ。(笑)

下痢って波がありますよね。
少しするとおさまるんだけど、定期的にやってくる。
私のイメージだとこんな感じなんです~(笑)

> コースに戻れて何よりです。
> 山でイタリアン。あっぱれ。おつですなあ。

茹でて市販のソースをかけただけですけどね。
今度は何作ろうかな~と、山ごはんが楽しみです。


v-281 tookue さん、こんばんわ。
> 非常食で思ったんだけど、1年以上は持って欲しいじゃないですか(少々は
> 大丈夫だと思うけど)すると缶詰しかない
> (カロリメイト類は8箇月ちかだし)するとサバ缶とかですよね
> 自分で万が一のことがあって、逃げれて時、非常食にサバ缶などたべられる
> のか??(魚苦手)という疑問に悩まされます・・
> きっとお腹すいてるからOKだと(爆)

缶詰めの消費期限を見たら、大体3年くらいでした。
震災後、非常食を常備しているんですが、人生のうちに缶詰めなんて滅多に
食べないので、期限が迫ると困るんですよね~。
登山だと美味しく食べれるので、一石二鳥です!(笑)

tookueさん、漁師(?)なのに魚食べられないんですよね~。
まあ、私の伯母も島育ちで親も夫も漁師なのに、一切魚が食べれなくて
完全なベジタリアンでしたわ(笑)

> でも意外だな~
> ももさんが。
> 保冷バックですか?ピンク色
> イメージ的に違ってた
>  黒に迷彩かグリーンの蛍光色w 

これはですね~。
100円均一で買って、選択の余地がなかったんですよ~。
これしか色もデザインもなかったんですよね。
レジャーシートも買おうとしたら、マイメロディーとアンパンマンの
ガラしかなくって、さすがにそれは他で買いました(笑)

> 法律に忠実なんですね(笑)
> 野外活動の一環として のぐ✖はしないんですね

いや~。
杉林はしゃがんでもどこからでも丸見えなんですよ~(笑)
夫が「いざとなったら野ぐそだな」と言ってたんですが、隠れる場所がない!

> で・・・一眼レフの蓋を探す亡霊には出会いませんでしたかヾ(・ε・。)ォィォィ

きっと「カシャ!カシャカシャカシャ!」って聞こえたあの音がそうなの
かしら?(笑)

ももくそ | URL | 2013/05/01 (Wed) 18:36 [編集]


温泉残念でしたね。
でも、山ごはん美味しそう!
山ごはんはなんでも美味しく感じますが、大抵はおにぎりとかの冷たいものになりがち。
山頂は夏でも寒いことあるし、温め器具で温かいご飯はいいですね〜♪
ホタテご飯&さんま缶&きゅーちゃん。。
あー、食べたい!!
ワインにパテとかリエットとか、ちょっとうんざり。。
パテとかリエットとか、ちょっとうんざり。。

なでしこ | URL | 2013/05/02 (Thu) 08:05 [編集]


早く道をずれたことにき気づいてよかったです!
山の上には結構な人がいるものですね
あれだけ混んでたのだから当たり前といえば当たり前なのかしら

山の上でのご飯、あの手この手を考えましたね
まさかのイタリアンが出てくるとはびっくり
もう少し暖かければ最高ですね
それにお酒もすすみそう

お腹に来ちゃうのは、やっぱり寒かったからかしらね
富士山にはお腹は温めて登ったほうがいいですね
意外にカイロとかいいかも!?

Yottitti | URL | 2013/05/02 (Thu) 17:59 [編集]


v-281 なでしこ さん、こんばんわ~。
> 山頂は夏でも寒いことあるし、温め器具で温かいご飯はいいですね〜♪
> ホタテご飯&さんま缶&きゅーちゃん。。
> あー、食べたい!!

海外に住んでいると、日本食の事ばっか考えませんか?
昔、ヨーロッパの部屋というチャット部屋を作っていたんですが、そこに
参加する海外組の話す事と言ったら、1位は自分の住んでいる国の愚痴で
2位が食べたい日本食でした。
毎晩毎晩飽きずにしゃべってたな~(笑)

> ワインにパテとかリエットとか、ちょっとうんざり。。
> パテとかリエットとか、ちょっとうんざり。。

すっごい分かるわ~(笑)
うんざり感が物凄く伝わります!(笑)
しかも、ナデシコさんのお住まいの所だと、日本食材屋とか中華食材屋が
ないですものね。
醤油とか出汁の素とか手に入らないのが辛いですね。
これがイタリアだったら不思議な事に、日本食がなくても全然苦しくない
んです。
なくても全然過ごせます。
でも、フランスはきつかった・・・。絶対無理です。
全てが重すぎるし飽きます。
フランス生活では「ご馳走」=「日本食」だったので、星付きレストラン
にはほとんど行かなかったです。
タイ料理やクスクスばっかり食べていました。
あらゆる面からみて、フランス料理よりもアラブ料理の方が美味しくて上だ
と思っております。


v-281 Yottitti さん、こんばんわ~。
> 早く道をずれたことにき気づいてよかったです!
> 山の上には結構な人がいるものですね
> あれだけ混んでたのだから当たり前といえば当たり前なのかしら

どこで引き返すかって、大事な事なんだな~と思いました。
「もうちょっと」とか「大丈夫でしょう」とかの考えがあっても、少しでも
「ちょっと変」と思ったら、即座に引き返すことが大切なんだと思いました。
山は結構人がいましたよ~。
山頂のベンチは人がいっぱいで座れませんでした。
なのに、私たちが登ってきた道は、人が全くいませんでした・・・。

> 山の上でのご飯、あの手この手を考えましたね
> まさかのイタリアンが出てくるとはびっくり
> もう少し暖かければ最高ですね
> それにお酒もすすみそう

飯盒も鍋も一人だったら一食で十分なんですが、2人なのでメニューを
2つ作って分けないと足りないんですよね~。
本当はサッポロ塩ラーメンを作ろうと思ったんですが、山なので汁を
捨てる事が出来ないんですよね~。
飲めばいいんでしょうけど、一応万年ダイエッターなので(笑)
ニョッキは温める程度でいいし、お湯もそんなに使わないので、メニュー
に入りました。

> お腹に来ちゃうのは、やっぱり寒かったからかしらね
> 富士山にはお腹は温めて登ったほうがいいですね
> 意外にカイロとかいいかも!?

朝からお腹の調子も悪かったですよね~。
で、そこであの寒さ!!!
カイロ必要でした!
富士山に持って行きます!

ももくそ | URL | 2013/05/02 (Thu) 22:48 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。