ももくその、楽園てどこにあるんだろう・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ロリータ と フレンチポップ

つい最近になって、ウラジミール・ナボコフの「ロリータ」を読んだ・・・。 
日本では「ロリータ」なる言葉の意味はすでに認識されている・・・。

私が言葉から想像するに本の内容は、「中年のおじさんが10代前半の子供に恋心を
抱いて、ただ単に妄想する本」だと勝手に思っていた・・・。汗とか (○´д`A)フキフキ

しかしまさか

子供側から誘惑して、深い関係になっておじさんを翻弄する話だとは知らなかったよー!!


フランスで一躍売れたアイドル。アリゼの「Moi Lorita 私、ロリータ」

          

この映像のロリータも、少女に恋心抱く青年にお金をせびって、都会の
ディスコティックへ遊びに出る妖婦の心を持っているところを垣間見れる・・・。

しかし、アリゼ可愛いなぁ・・・。

このミュージックビデオがMTVで流れて、爆発的にヨーロッパで売れた。
ということは、ヨーロッパで国境越えて「みんなロリータに萌え~ ふるーつ☆Cultivation・ドキドキハート」って
ことなんですかね・・・?汗とか

アリゼは年齢と見た目とコンセプトを、上手く計算されてデビューしたのは分かるが、
私が滞在していた時に、MTVを見て純粋に、

「ナヌ?子供じゃない!!!」 w(☆o◎)w

って驚いたのが、彼女だった。(今はもう立派な大人。・・・子供の成長って早いな)


懐かしのフラッシュダンスのカヴァー




わたしはロリータわたしはロリータ
(2001/05/03)
アリゼ

商品詳細を見る


Cette Vie NouvelleCette Vie Nouvelle
(2003/09/01)
Priscilla

商品詳細を見る


ロリータ (新潮文庫 赤 105-1)ロリータ (新潮文庫 赤 105-1)
(1984/08)
ウラジミール・ナボコフ

商品詳細を見る


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。