ももくその、楽園てどこにあるんだろう・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

いつまでも少女の心で・・・。

お姫様絵本が好きです・・・。 (*´Д`)ウットリ


パリの古本屋で絵本の美しさに魅せられてから、
少しずつ買い集めています。


日本の絵本のお姫様って、なんか子供っぽくて

あまり可愛くない 
と、思うのは私だけ・・・?   (;´艸`)ぁゎゎ


絵本なんて、せっかく夢の世界でのお姫様なんだから、


思いっきりゴージャスにいきましょうよ!!


て、ことで

これぞ、「THE お姫様」な絵本を紹介します。


私が初めて魅せられて、絵本収集するキッカケになったのがこの本。

Sleeping Beauty


こちらは英語版ですが、私が持っているのはフランス語版「眠れる森の美女」です。



次が、踊る12人のお姫様。
こちらもキヌコ・クラフトさんのイラスト。

日本語で販売されているので有名なのはエロール・ル・カインかな?

The Twelve Dancing Princesses (Mulberry books)


最後に、一番のお気に入り!!
 「人魚姫」を紹介します。

アメリカのイラストレーター、チャールズ・サントーレ

The Little Mermaid: From the Story by Hans Christian AndersenThe Little Mermaid: From the Story by Hans Christian Andersen
(2009/05/25)
Charles Santore

商品詳細を見る
私が所有している表紙と少し違って、こちらはリニューアル版。幻想的で美しく、持っているだけで宝物。
魚や他の細かいところまで、神経を使って描かれています。
最後は海の泡となって消えてしまう、オリジナルストーリー。



文字は英語だけど、みんな誰もが知っているお話しだから

自分でただうっとり眺めたり、贈り物にもいいと思います。



関連記事
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。