ももくその、楽園てどこにあるんだろう・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

コルマール一人旅

今回、夫が仕事をしている間、アルザスに一人旅に行ってきました~~~。
行き先はコルマール。

フランスとドイツの国境沿いの可愛い街です。

では朝5時起きをして出発です。
東駅に到着。

東駅0

※TGVに乗る時は、必ず画像の真ん中に見える黄色い機械で、チケットに刻印を入れて
 下さい。忘れると物凄い罰金が科せられます。


数は少ないですがパリーコルマールの直行が走っています。
(それ以外はストラスブール乗り替え)

3時間ほどで到着。

コルマール0

パリは天気悪かったけれど、コルマールは晴天!秋晴れ!!!

ホテルのチェックインまで時間があるので街をブラブラ。

コルマール2

アルザスの街は、ドイツ領だったりフランス領だったりを幾度も繰り返した土地。
その為、建築物がドイツっぽい。

とても可愛らしい。

コルマール14
( ↑ いつでもどこでも車がうざい)


こんな可愛らしい街では想像もつかない、国土争いの歴史に翻弄されたアルザスの人々。


コルマール12


戦争に負けた為、「明日からドイツ語しかしゃべってはいけない」とか
「フランス語しかしゃべってはいけない!」なんて事を、何度も当たり前のように
繰り返してきた。

最後の授業 (ポプラポケット文庫) 普仏戦争でフランスが負けた為、アルザスはプロイセン王国
 (ドイツ帝国)領エルザスになり、ドイツ語しか教えては
 いけないことになる。
 生徒たちは、これが最後のフランス語の授業だと悟る。
 そして、プロセインの兵士が鳴らす最後のラッパの音が鳴った・・・。
 先生は最後の言葉を何と生徒に伝えたか・・・。
 最後の授業 ドーデ 

 こんな風に物語を読むと、「ウルッ」っこみ上げるものがあるけれど・・・。

よくよく考えたら、彼らはもともとアルザス語をしゃべっていたのよね。
それをイム語や独語を強要されていた訳だから、どっちをしゃべらされても、迷惑な
話なのだ・・・。


コルマール20

街にはたくさんのドイツ人観光客。
近いからね・・・。

でも、自分の国の建築物とそんなに変わりないのに、楽しいのかな~?

実はこのコルマールの旅は、食事が1番の楽しみだったりする。

半日もあれば観光し終わってしまうくらい小さい街なのに、星付きレストランがなんと
3軒もあり、この日のランチはそのうちの1つの店で食べるのだ~~~。


コルマール


夕飯はお腹いっぱいで食べられない可能性があるので、予約なし。
場面で決めます。

そして翌日のランチは(コルマール最後の食事)、星はついていないけれど、実は1番
楽しみな魚料理のお店。
行った人がみな絶賛していたので、絶対にそこにいくのだ~~~。

と、散歩していたら、明日の目的のレストランを発見!


なんと・・・。




















火事で閉店ーーー!

いやー





コルマール22

Aux Trois Poissons(3匹の魚)という名のレストラン。

まじかーーーーーーーー!!!
ショック!

星付きレストランなんかより1番楽しみだったのに~~~~~~。

どうやら火事はつい最近、起きた模様。
コルマールの市民のみなさんも解体作業を見に来ていました。

ではお昼を食べに行きましょう。

お昼は今夜宿泊するホテルのレストランです。
(ホテルで食事をするのはかなり稀)


Hostellerie le Marechal
 ( クリックするとHPに飛びます)  

コルマール4

正面はこんな感じ。
この1階にレストラン『 A l'Echevin 』がある。

ホテルの裏には運河が流れ、最高の立地。


コルマール3

この可愛らしい建物がホテル  

レストランの中はこんな感じ。

レストランこ1

さすがミシュランの星付きレストラン。
メートル ドテル(給仕長)らしき女性の接客が素晴らしい。

フランスでこんな風に人として扱ってもらったのって、初めてかもしれない・・・
パリの星付きレストランて、丁寧なんだけど、やっぱりなんだか小ばかにした感が
否めないんだよね~~~。

レストランこ8


アペリティフ(食前酒)は、このレストラン特製のカクテル。


レストランこ


アプリコットのリキュールにアルザスのスパークリングワイン割り。
これがまた、めっちゃアルコール度数強し!!!

すきっ腹に飲んだ事も重なり、初っ端に泥酔スレスレ状態。

レストランこ2

今になっては何だったか忘れた・・・。

かなり酔ってて覚えてません(照)
ワインはアルザスなので土地のワイン、リースリングです。


レストランこ3


メインのカイユ(うずら)ファルシ

レストランこ4

フォアグラを挟んであります。

どれも「まーまー」・・・いや、たいしたことないお味。


一口食べて、「うん、フランスの味・・・」って感じ。
なんなんだろうな~。

「もったり」というか「憎々しい 肉々しい」というか。


ではチーズ。
アルザスなのでマンステール(ウォッシュタイプチーズ:チーズの中でも特に臭し)

レストランこ5

ではではでは。
マンステールだけで一口。














くせーーーーーーー!!!

長淵


いや~~~~~~。


チーズは臭いのでも結構イケる!と思っていた私なのだけれど、マンステールはやっぱ
臭すぎた・・・。

チーズ特有の味や旨味より、臭さが強くて、もはやうんこを食っているとしか思えないw

その為に、クミンシードとジャムが添えてあるのね・・・。
「この2つと一緒に食べるように」と、言って給仕されたのは、そういう理由だったのか。

クミンも相当個性が強いスパイスなので、「チーズにクミン???」と疑問だったのだが
一緒に食べて納得。


これなら食べられる(笑)


完食。


ではデザート。

レストランこ6

見た目は残念な感じだけど、これが1番美味しかった。
ブルーベリーのアルザス風タルトとシナモンアイス

これがめっちゃ美味い~~~。
見た目とのこのギャップも相乗効果に一役買っているんだけれど・・・。


最後にエスプレッソを飲んでお会計。

レストランこ7

ランチの安いコースだったので、〆て60ユーロちょっと。

私的には「ショボボーン」な内容でした。
絶対に、火事で燃えてしまったレストランの方が美味しかったはず!(断言できる!)
色んな意味で、残念だわ~~~。

 夫の仕事中に妻はゆったり一人旅で、ミシュランの星付きレストランでランチをして
   文句たらたら・・・。
   「お前、何様だ!」の、自覚はしております・・・。


ではチェックインの時間になったので、チェックインをして部屋に行きます。
つづく。


にほんブログ村 主婦日記ブログ ぐうたら主婦へ にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ

関連記事
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

いいんじゃないですか?夫と同伴でなくても。
我家も奥さんだけバンコクへ買い物行ったり
香港行ったりしてますよ(笑)

一緒に行っても別行動も珍しくないですし、
それぞれの楽しみ方を尊重ってことで(笑)

今回の写真、みんなきれいですね!
欧州に疎い僕は何がドイツ風でフランス風なのか
わかりませんが、確かに可愛い感じの街ですね~

ぼ~っとウロウロしたくなりますね!
お目当てのレストランが火事とは!!(苦笑)
閉店だった!とか休みだった!は良くありますけど
火事とはねえ~。。。そんな経験ないなあ~(笑)
ほんまに屋根が燃えてるし(笑)

星付きのレストランでもアジア人に対しては
人として扱ってくれないんですか??
こういうのを聞くたびに欧州に行くか!!って
思ってしまうんですよね~~~

最近トリップアドバイザーとか口コミの投稿が
盛んでしょ?それを意識した見え見えのサービスなら
悲しいですよね~~

運河もこじんまりとしていいですね。
いいホテルです!

いい旅しましたねえ~~

chempakaでした!

Chempaka | URL | 2012/12/01 (Sat) 15:49 [編集]


v-365 Chempaka さん、こんばんわ~。
> いいんじゃないですか?夫と同伴でなくても。
> 我家も奥さんだけバンコクへ買い物行ったり
> 香港行ったりしてますよ(笑)
> 一緒に行っても別行動も珍しくないですし、
> それぞれの楽しみ方を尊重ってことで(笑)

いや~~~。
それが~。
うちの夫は常に夫婦一緒じゃないと怒るんです・・・。
買い物ですら、傍にいないと怒ります。
私は夫の買い物なんて興味がないし、その時間があったら自分の買い物を
したいので、別行動が一番効率いいと思うんですよね。
なのに夫は、夫婦は常に一緒!と、怒ります・・・。
自分は友人とオランダに泊まりで旅行とか行っている癖に、妻には個人旅行を
許さないタイプなんですね~~~~。
友達と行けばいいじゃん!て言うくせに、行く友達に制限をかけて、結局は
行けなくさせます・・・。

> 今回の写真、みんなきれいですね!
> 欧州に疎い僕は何がドイツ風でフランス風なのか
> わかりませんが、確かに可愛い感じの街ですね~

ドイツは可愛いメルヘンな街なんですよね~。
その点、フランスは石が取れたから、石造りの重厚な建築なんです。
地域で全然違うんですが・・・。
イム人は嫌いですが、街は素晴らしいので、そのうちまたイムを周る旅行が
したいです。

> お目当てのレストランが火事とは!!(苦笑)
> 閉店だった!とか休みだった!は良くありますけど
> 火事とはねえ~。。。そんな経験ないなあ~(笑)
> ほんまに屋根が燃えてるし(笑)

これは衝撃的でしょう~??!!
なかなかないですよね?!
1番の楽しみだったので愕然としましたよ・・・。

> 星付きのレストランでもアジア人に対しては
> 人として扱ってくれないんですか??
> こういうのを聞くたびに欧州に行くか!!って
> 思ってしまうんですよね~~~

一応、ちゃんとはしているんですけど、当たり前ですがやっぱ
「心の中では、この猿め!って思っているんでしょ!?」と、思うような
薄っぺらさがあります(笑)
星付きレストランで、店の奥に通され、そこにはアジア人だらけが押し込まれて
いた時なんか、感じますね~(笑)
でも差別って、感じない人は全然感じないんですよね~~。
今回思ったのは、「鈍感でいること」って、物凄く幸せで大事な事なんだと
思いました・・・。

> 最近トリップアドバイザーとか口コミの投稿が
> 盛んでしょ?それを意識した見え見えのサービスなら
> 悲しいですよね~~

トリップアドバイザーね~~~(笑)
あれって信用できませんよね。
書いている人の国を見て信用できません。
基本、英語圏の国のひとが書いたレヴューは信用しません。
どうせ、おまいらの舌の判断だろ!?って(笑)
読めなくても現地人が現地語で書いて、点数を多くしている店が1番信用
できるのかな~と、思います。

> 運河もこじんまりとしていいですね。
> いいホテルです!

古いんですが、可愛くてこじんまりしていて、いいホテルでした。
スタイリッシュで豪華なホテルもいいですが、一人旅はこういう「ホッ」と
出来る宿がいいですね~~~>

ももくそ | URL | 2012/12/02 (Sun) 00:48 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。