ももくその、楽園てどこにあるんだろう・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

イタリアの温泉保養地

シルミオーネに移動します。
ヴェローナから車で約30分ほど、ミラノ方向に戻ります。

シルミオーネは日本人にはほとんど知られていないけど、




イタリアでは有名な温泉保養地。
さすが温泉&風呂好き大国・・・。(ローマ人はね)

テルマエ


ガルダ湖南岸に突き出た半島のシルミオーネ。
ローマ時代から続く有名な保養地は、マリア・カラスも別荘で長く滞在したのだとか・・・。


半島は、こんな感じに突き出ています。

マップ1

イタリアの国の形と同じように、ニョロッと長いガルダ湖の南側に、
ニョキっと飛び出ている。

無事にホテルに辿り着き、街を散策です。
長~~~く、突き出た半島の真ん中に道があり、両脇にはホテルが点在。


道を行くと突如、13世紀に建てられたスカラ家の要塞が現われる。

要塞2


半島の最先端部分には、この要塞の橋を渡らないと行く事が出来ない。
その為、この先にホテルを取った人は、狭い道を大勢の観光客に足止めされながら
進まなければならない。(一般の車は要塞の前に駐車場があります)

歩いている側としては、これがまた大迷惑。

要塞
       
運転している本人も、なかなか進むことが出来ず、大変そうだ。
好き勝手に歩くラテン人の中、突き進んで運転はイライラするだろうな~(笑) 

宿を取る時に、半島先のホテルにしようかかなり悩んだけど、手前に取って大正解。


では入場料を払って(いくらか忘れた)要塞に入ります。

要塞1


この階段を登ります。


13要塞


窓(?)から外を見ると、可愛らしいレストランやお土産屋さんが立ち並んでいます。


シルミオーネ3


上からの風景。(中段)
半島の最先端方向。

シルミオーネ1


街並みはイタリアなんだろうけど、なんかドイツっぽさがある気がする・・・。

シルミオーネ7

それはここの観光客のほとんどがドイツ人だから、そう思ってしまうのだろうか・・・。
観光客の多くがドイツ人で、次がロシア人。

日本人は一人も見なかったわ~~~~(中国人は数人見た)

半島の東側。

シルミオーネ2

この門に観光客用のボートが何度も入ってきます(観光客乗ってなかったけど)


ではそろそろ・・・。
この1番高い塔の上に登りましょう。


シルミオーネ8


上に登ると、このシルミオーネが長く突き出た半島である事が一目瞭然。


3要塞


では要塞を出て半島の先の街を散策。
物凄く人が多い。

ドイツ人が多いけれど、彼らも温泉好きだからなのかな・・・?

イムに住んでいた時、どうしても温泉に入りたくなって、イムから比較的近いドイツの
バーデンバーデンに行こうとしたけど、「素っ裸で混浴」って聞いて、止めたの
よね~~~(笑)

シルミオーネ7


一目でドイツ人なのかイタリア人なのか、服装で分かるのが面白い(顔も違うけどw)


花に覆われた家!

要塞4

圧巻!

何の花だろ???これ・・・。


ちょうど咲いている時期にこの家を見れて良かったわ~~~。

花



股下何センチ????
の、これまた驚きファッションのシニョーラ(マダム)。

イタリア人

ドレスアップして、
これからディナー前のアペリティフでも飲みに行くのでしょう。


日没です!

夕焼けを見ていたイタリア人カップルのシルエットが良かったので激写。

夕日


そんな景色の後ろにはこんなものが・・・。

ミノタウロス

シルミオーネの街の各地に、象や馬やワニなどの大きな像がある。(後ろに象がいます)
後ろの象を見ると、あれが相当デカい事がお分かりでしょう。

何故だ・・・?意味が分からない。

しかし、1番分からないのは、動物ではない、この、ギリシア神話に登場する
牛頭人身の怪物『ミノタウロス』の像だ。


何のために置いてある?


そんな時、この像にお茶目な感じで写真を撮る人。





だ~れだ!



だれだ


シルミオーネのテルメ(温泉施設)

テルメ

温泉好きなので入りたかったけど、水着を持って来なかった・・・。
(※ 海外の温泉施設のほとんどが水着着用)

日本のように裸で入りたい方は、ドイツのバーデンバーデンにどうぞ。
ここはマッパで混浴です(笑)


カステロに戻ると、夕日でピンクに染まっていた!

夕焼け


夕食は車で移動して、シルミオーネ半島から少し離れたところにある、絶品の
トラットリアへ・・。

しかしここでまた大失敗。

観光地から外れた住宅街にあるお店だからと、予約をしていなかった私たち。
お店に行ったらすでに予約で満席だった!!!

レストランしる

お店を覗くと・・・。


ここは絶対に美味しいお店!!!


の匂いがプンプン・・・。
入れないのは残念だわ~~~。

今日は本当についていない・・・(昼に引き続き)

急きょiPadで美味しいお店を検索。
トリップアドヴァイザーの上位2つのお店に予約の電話をするものの、全て満席。

やっと決まった3位の「Quanto Basta」なるお店に到着。


私の取った前菜

レストランしる2

普通・・・。  (・c_・`)


夫の取った前菜:焼いたトマトとチーズ 『Burrata di Pomodori』(←こんな感じ)
(モッツァレラの、超・生チーズとトマト)

ディナーし2


なにこれ????激ウマ!!!!


かお11

こんなトマト食べたことない!!!!

トマトだけどトマトじゃない!!!!


こんなトマトがこの世にあるなんて・・・。
言葉では説明できない美味しさ。

これはフルーツです。


たたこのメニューを食べる為だけに、再びシルミオーネに来てもいいかも・・・。



シェアしたプリモ:白ワインのひき肉ソースパッケリ

パッケリ

イタリアンなんて食べた事のない新米主婦が、イメージで作った・・・。
みたいなお味・・・。  (・c_・`)


セコンド:私の頼んだマグロステーキサラダ

ディナーし1

デカいし、多すぎ!!!
1切れは物凄く美味しく食べれたけど、それ以降はキツイ・・・。

夫とシェアで良かったかも~。



セコンド:夫の頼んだステーキ

レストランしる1

見た目はめっちゃ美味しそうなのに・・・・。




何時代の何の肉だよっ!


ってくらい、固くて噛みきれません・・・。
イタリアで珍しい・・・。


ホテルに戻り、バーで一杯飲もうとしたら、バーテンダーがいない!!!
呼んでもこないので、アマーロを勝手に注いで飲んでいた私たち。

(だってここはイタリアだから・・・。照)

アマーロ

バーテンダーが後からきて、「居ないから飲んでたよ」と言うと、「そうかそうか」と、
ルームナンバー聞かれてお支払。
問題ナッスィング。

こうしてイタリア最後の夜が終わる。

にほんブログ村 主婦日記ブログ ぐうたら主婦へ にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ

関連記事
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こんにちは!

>この階段を登ります
写真下の部分の女性 不二子ちゃんなのかな
いますね~~

好き勝手に歩くラテン人
信号があれば守るのですか(笑)
みんなで渡れば怖くないヽ(´o`;

そそ
イタリア人って民族というか
多民族になるのですか?
ローマ人?
金髪と黒髪のひとがいますよね

シニョーラ(マダム)
かなり足長いですよね
うらやましい
そやけど
凄い筋肉質的な
下半身だけみるとオネエと勘違いしてしまう

あのトマト
見た目で美味しいとおもいます
なんとなくですが

噛み切れない肉
ホルモンとかミノとかありますよね
私は駄目ですが
友人は飲み込む時の感覚がいいそうです(笑)
喉詰めてしにそうなのにね


tookue | URL | 2012/11/15 (Thu) 15:47 [編集]


凄い!

ももくそさん、

凄い綺麗な街ですねぇ~!
私がマリア・カラスだったら、別荘建てちゃうかもです~。

北イタリアって、なんだか「安心感」がありますよねぇ。(いろいろな意味で)

「ミノタウロスの銅像」、マッチョでけっこう好みかも。。。フィギュアとかあったら、即買いしちゃうと思います(#^.^#)

Larimarmaid | URL | 2012/11/15 (Thu) 19:43 [編集]


またまた返事遅れました~~~~

v-20 tookue さん、こんばんわ。
> >この階段を登ります
> 写真下の部分の女性 不二子ちゃんなのかな
> いますね~~

なぬ???
と思って、拡大してみて見ました~。
そしたら、開いた胸元っぽく見えるのは、彼女の長い金髪でした~。
確かに不二子ちゃんファッションに見えますね~(笑)

> 好き勝手に歩くラテン人
> 信号があれば守るのですか(笑)
> みんなで渡れば怖くないヽ(´o`;

イタリアもフランスもスペインも信号は無視ですよ~(笑)
車は守りますが、通行人はネコみたいにワラワラ道路を渡ります。
全然車が通らない道で、黙って信号が青になるのを待つのは、彼らから
したら、訳わからない「でくの坊」に見えるのかもしれません。
自分で考えて行動する分、彼らはよく周りを観察しているんですよね。

> そそ
> イタリア人って民族というか
> 多民族になるのですか?
> ローマ人?
> 金髪と黒髪のひとがいますよね

イタリアの祖先である元々のローマ人は黒髪の民族なんですが、ローマ時代、
各地を植民地にして奴隷を持ち帰ったり、働かせていたので、スラブ系や
アングロ・サクソン、ゲルマンやらアラブなど、たくさん混ざっているの
で、色んな髪の色や目の色の人がいるんでしょうね~。

> シニョーラ(マダム)
> かなり足長いですよね
> うらやましい
> そやけど
> 凄い筋肉質的な
> 下半身だけみるとオネエと勘違いしてしまう

骨格や筋肉が逞しいですよね。
日本人と違いますね~。

> あのトマト
> 見た目で美味しいとおもいます
> なんとなくですが

これは是非、みなさんに食べて欲しいわ~~~~~~~。
感動ですよ!
こんな野菜があったなんて・・・って、うひゃ!ってなります。

> 噛み切れない肉
> ホルモンとかミノとかありますよね
> 私は駄目ですが
> 友人は飲み込む時の感覚がいいそうです(笑)
> 喉詰めてしにそうなのにね

イカとかもヤバいですよね(笑)
喉にながくぶら下がって死にそうになります。
ホルモンの噛みきれなところは、お下品ですが、口から出してティッシュに丸めて
捨てます~(*´∀`)ノ


v-20 Larimarmaid さん、こんばんわ。
> 凄い綺麗な街ですねぇ~!
> 私がマリア・カラスだったら、別荘建てちゃうかもです~。

お久です~~~。
お元気ですか~?
イタリアってつまらない街と、ずっと思っていたんですが、田舎はなかなか良い街
がたくさんあって新鮮でした。

> 北イタリアって、なんだか「安心感」がありますよねぇ。(いろいろな意味で)

南ってローマとナポリしか知らないんですが、全然違いますよね~。
今はミラノもジプシーは激減したので、さらに安心ですね。

> 「ミノタウロスの銅像」、マッチョでけっこう好みかも。。。フィギュアとかあったら、即買いしちゃうと思います(#^.^#)

おお~!
マッチョが好みですか~(笑)
このミノタウロス、花火師なんですかね・・・(笑)
何しているんでしょう~。

ももくそ | URL | 2012/11/16 (Fri) 23:32 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。