ももくその、楽園てどこにあるんだろう・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

イタリアの美味しいレストランの見分け方

早く旅行記を終えたいのにサボってました・・・。
気が付くともう11月。

今月中には頑張って書き終えます!

ではミラノ観光最終日(もっと日数あったけどほとんど買い物で終わった)
中央駅からスフォルツェスコ城まで歩いて行きます。

220px-Milano_Castello_1.jpg (ウィキペディアより画像拝借)

てくてく道を歩いていたら・・・。
しょぼくれたイタリア人のおっさんに声をかけられる。


イタリア語弾丸トークで何を言っているか分からない。
どうせしょーもない事を言っていると思われるので、少しも聞く努力をせず、

「イタリア語わからない!チャオ~」と言って、去ろうとする私。

しかしオヤジはしつこく、めげない。
今度は片言の英語を交えて、ナンパしてくる。

車



   迷惑な路駐車


自分はカメラマンで~
アジア人女性のモデルを探していて~だから君が~


と、なんともうさん臭い話。
そう言えば昔、六本木で同じように「自称カメラマン」に声かけられたことあったよ。


電話番号と、自分の写真が載っているサイトのURLを書いたメモを渡され、
いつの間にか「明日の夕方5時、この場所で待ち合わせてディナー」になっていた(笑)

面白かったので「ハイハイOK」と言って約束。


紙


実は私、ミラノ滞在が今日最後で、


明日はヴェローナに旅行なのよね~~。(*´艸‘)ウフ


明日、ここで寂しく待ちぼうけなんだろうな~~~。
と、思いながら、ブログ用と記念に、


このナンパオヤジの写真を撮らせてもらった。


オヤジは「自慢のバイクと一緒に撮ってくれ!」と、意気揚々にポーズ。




ハゲ


イタリア人なのにしょぼくれているしダサい
ハゲ散らかし具合も何とも言えない・・・。

イタリア人のハゲって、世界の中でもカッコいい人多いのになぁ~・・・。

どうせ待ちぼうけでも屁とも思わないのがイタリア人なので、心置きなくすっぽかします。


まさかオヤジも待ち合わせすっぽかされた挙句、ここでブログネタになっているとは
思わないだろう・・・(笑)
(酷い?酷い?)


再び歩いて、スフォルツェスコ城に到着。






修復作業で外観が見えない・・・。

城

今回の旅行はみんな修復作業ばっかりだった。

中の美術館部分以外は無料で入場できて城を散策できる。
ミケランジェロの最後の作品「ロンダニーニのピエタ」が展示されているけれど、
美術館はスルー。


城の前で日焼けに勤しむおばさん。

城2

ラテン人てほんと日焼け好きだよね~。


では、ミラノ最後の晩餐です。
今回は、夫がミラノ駐在時によく行ったお店に行きます。

住んでいたアパートの近くにある、絶品トラットリア。


トラットリア デイ カッチャトーリ Trattoria dei Cacciatori

『狩人たちのトラットリア』と言う名の通り、ミラノ藩主であったヴィスコンティ家の
かつての狩猟小屋(というか屋敷)が、レストランになっている。

れすとらん

歴史ある素晴らしい家屋でロンバルディア地方の伝統料理が楽しめるのだ。
リナーテ空港近くなので、車かタクシーでしか行けないのだけれど、機会があったら
是非、訪れて欲しいお店。

(タクシーでは市内から20~30ユーロで行けると思はれる・・・)

れすとらん8

ここは空港が近く出張者の接待などによく使われる為、英語も通じて英語メニューも
置いてあります。

お店の中はこんな感じ。

れすとらん2


最後の晩餐を泡泡で乾杯し、私の頼んだアンティパスト(前菜)は、フォアグラ。


れすとらん3

フォアグラに合わせて食べる、ジャムがウマ~~~。
味は、ま、フォアグラなので、フォアグラの味です(なんだそりゃ)


メインはうさぎです。


れすとらん5


このうさぎが




うまうまうま~~~~~!!!!

かお4

身がホロホロホロホロ~~~~っと口の中で崩れながらもジューシー。

見た目は、この通りチキン。
味もほとんどの日本人は「チキン」と思って食べてしまうだろう・・・。

しかし、チキンより柔らかくしっとりジューシーで臭みがなく、部位によって
味わいが異なり、チキンよりコクがあるのが「うさぎ肉」なのだ。

イタリア、フランスに行ってメニューで見かけた方は、是非試して欲しい食材。

イタリアでは coniglio とか Lepre(これだと味わいはまた違う)
フランスだと lapin とか lievre(↑に同じく)と書いてあります。


そして夫の食べた、普通によくあるステーキ。

れすとらん6

そう言えば、今回、美味しいフィオレンティーナのお店のショップカードを忘れて
予約できず、食べられなかったのよね・・・。

ドイツのアンガス牛だったかな?
やっぱり本物のキアーナ牛には敵わない。


夫の大好きなポレンタ(トウモロコシの粉)&ポルチーニ(イタリアの松茸)

れすとらん4


ドルチェ。


れすとらん7

イタリアのパンは美味しくないけれど、レストランのデザートはどれも美味しい。
甘さも控えめで品があって日本人の口に合う。


機会があったら是非、行ってみて下さい。

Trattoria dei Cacciatori
Via Trieste, 2 - Longhignana di Peschiera Borromeo Milano
02-7531154


ではでは・・・。


イタリアの美味しいレストランの見分け方を、


ここで 


独断と偏見 ではありますがお教え致します。


イタリアには  
リストランテ Ristorante いわゆる高級レストラン(安い店もあるが)
トラットリア  Trattoria  大衆食堂(星付きもある)
オステリア  Osteria   居酒屋的な食堂(宿泊できるところもある)
ピッツェリア Pizzeria  そのまま

と、種類が分かれているのだけど、リストランテよりイタリア人が気軽に食べに行ける
トラットリアの方が、


「当たり」が多い気がする。


何故なら、イタリアでは(フランスでも)外食は特別な日に行くのがほとんど。


前菜・メイン・デザート・ワインのコースで食すると、安いお店でも一人
40ユーロ~100ユーロするのが当たり前(イタリアとフランスでは物価が違うけど)

日本のファストフードやファミレスなんて、お気軽な感じでレストランには入れない。
(フランスではマックすら高い)


海の幸
フランスの海の幸盛り:これで3人分(あほメガ盛り)

3人前でこれが出ちゃうって、レストランで海の幸盛りがどれだけ『特別』なのか
ご理解いただけます・・・?

(出張者に喜ばれるので、接待でみんな注文します)


その為、リストランテはお金持ちではない限り、庶民にとっては「特別な日」
非日常なのだ。
なので当然、みな着飾っている。

Tシャツ&短パン、Gパンで行くなんて言語道断。

夫はイタリアに住んでいたくせに、すっかりその事を忘れて、Tシャツでレストランに
行った時、同行したイタリア人に



なに?その恰好!!!恥ずかしい!!!!


ここはイタリアですよ!!!


かお17


と、怒られていた(笑)


特別な日に客が入るリストランテより、美味しいものにうるさいイタリア人が足繁く通う
トラットリアの方が、当たりが多いのは当然なのかもしれない。

日本人はついつい「レストラン=リストランテ」に行ってしまいがちだけれど。

しかし、そんな大衆食堂のトラットリア。
ここは大衆的なので、気軽にTシャツで行っていいのか・・・?と言ったら


そうではない。



トラットリアでもイタリア人はみんなオシャレしている・・・・。




田舎臭かったサッカーの中田が、

中田




今のように洗練されてオシャレになったのは、


中田1


全てイタリアに住んだ影響が大きいはずなのだ・・・。


オシャレにうるさいイタリア人は見た目で人を判断する。
一昔前は、バールでコーヒーを飲みに行く為にネクタイを締めた程(ノータイだと
家畜扱い)


なので、




美味しいレストラン(トラットリア)=お洒落なイタリア人いっぱい




が、美味しいお店の見分け方第一条件。




店内に



こんな格好の奴らがウヨウヨ居たら

DSCF7659.jpg


即座に店を後にした方がいい。


この格好=観光客ばかりのお店だからだ。


それともう一つ。

こんな看板のお店は絶対に入っちゃダメ!!!








バールもリストランテもピッツェリアも一緒くたのお店!!!

だめ

もう、これは観光客の為のお店。
観光客からしたら、お手軽で分かりやすいから入りやすいのだろうけど、これはダメ。

イタリア人はまず入りません。
(食事ではなく飲み物だけなら有りだけど)


それと最後に、夫の意見。
美味しいお店は必ず、ホールからキッチンが解放されて見えるのだとか・・・・。


れすとらん1
Trattoria dei Cacciatoriの席から見える厨房風景

オープンキッチンはないけれど、席によっては見えない場合もあるが、完全に調理場が
閉ざされることなく、誰もが通路を歩いたら覗けるお店は必ず美味しいのだとか・・・・。

そう言えば、この前に記事にしたペスカトーレ(絶品海の幸のお店)も、トイレに
行く時や別席からは厨房丸見えだったわ・・・。

要は・・・。
イタリア人が多いお店に行け!!!って事なのでザマス。

イタリア語が不安だと、なかなか足を踏み入れられないのかもしれない。

しかし、

メニューが分かって糞マズイお店に行くのか・・・・。
メニューが分からなくとも入って、美味しそうな隣の食事を指差し注文するのか・・・。

で、満足度は全く違うはず。

取りあえずオシャレをして、観光客狙いではないお店に行ったら、そこのギャルソンは
騙したりしないはず・・・。(観光客狙いのお店は酷い!!!)

&パスタを頼んですすらなければ、ちゃんと人として対応して貰えます。
(パスタをすする行為は、下品で周りから不快に思われ、ギャルソンに相手に
して貰えません)

これらを踏まえた上で、イタリア人に包囲されたお店だったら、安心して美味しい食事が
楽しめるはずです。


ほとんどの人が書きませんが、これはあながち間違っていない自信がるので
独断と偏見ですが、ここに記します(笑)


ボナ ペティート~♪(笑) 


*・゜゜・*:.。..。.:*

今日のミュージック

もう!!!!!
去年から欧米のラジオの変わりない洗脳に飽きたわ!!!
どこまで同じ曲流すか~~~~~~。

で、その中でも気にならない曲(他があまりに洗脳でうんざり)

Ellie Goulding - Lights  

ラジオで聞いた印象だと、声から想像するような儚く、めっちゃ可愛い女の子を
想像したけど・・・。
YOU TUBEを見てショック。

そこらにいる伝統的なイギリス女性だったわ・・・。


にほんブログ村 主婦日記ブログ ぐうたら主婦へ にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ

関連記事
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

イタリア料理って
美味しいですね
ももさん褒めまくり多いですし

イタリア=スパ・ピザやと思ってる田舎者ですからね・・メモメモ

だけど
ヴォルフガングさん
結構伝説がおおいですね(笑)
ローソクの火を消すのには負けてますが

ももさん約束やぶっちゃいけんよ(笑)
いい出会いになってたかもです
しかも有名人の所まで案内してくれたかもしれない
イタリアの有名人?
サッカー選手しか知らん
「ロベルトバッチオ」くらいかな~

日焼けしてる人何歳なんだろ~ね
写真でわかりづらいけど
30代に見えるんですが・・・違いますか?

軟派おっちゃん・・・東京に来て
ももさん探してる頃だと思います(爆)

tookue | URL | 2012/11/06 (Tue) 15:27 [編集]


相変わらずもてもてですね(笑)
カメラマンなんて~、カメラ持ってないし、なんか、格好があやしい~
でも日本でネタになってるなんて面白い!

おいしいお店を見つけるコツ、すっごいわかりやすいです
格好を見るって言うのもポイントですね
バールでネクタイですか~
そんな硬いものなのですね

うさぎのお肉はうさぎと聞いただけで敬遠しがちだけど、鶏肉みたいなら食べてみようかな
それにポレンタ&ポルチーニおいしそう
なんかおなかへってきました

Yottitti | URL | 2012/11/06 (Tue) 16:07 [編集]


v-372 tookue さん、こんばんわ。
> イタリア料理って
> 美味しいですね
> ももさん褒めまくり多いですし

日本人に合っていると思います。
海外に行くと日本食が恋しくなったりするんですが、イタリアではないですもん。
毎日、何食べよう?ってそれがまた楽しかったですね~。

> イタリア=スパ・ピザやと思ってる田舎者ですからね・・メモメモ

いやいや。
イタリア=スパ・ピザはあってますよ。
でも他にも料理はいっぱいあります~。
日本でも食べられるから、今回は1度もピザ食べませんでした。
せっかくの食事をピザにしちゃうのが勿体ないくらい、色んなのが食べたく
て欲張りましたね~。

> だけど
> ヴォルフガングさん
> 結構伝説がおおいですね(笑)
> ローソクの火を消すのには負けてますが

伝説は多いですよ~。
フランスの古城で、床が朽ちていて落ちそうだったんですが、そこをあえて
狙って何度もトランポリンみたいにジャンプしている夫を発見した時は、
マジで怒りました(笑)
壊したらどうすんだーーー。

> ももさん約束やぶっちゃいけんよ(笑)
> いい出会いになってたかもです
> しかも有名人の所まで案内してくれたかもしれない
> イタリアの有名人?
> サッカー選手しか知らん
> 「ロベルトバッチオ」くらいかな~

てか・・・
このオヤジが約束を守って翌日来たのかも謎です。
イタリア人の事ですから、ほかにタイプの女性を発見して、そこで約束を
したら、平気でそっちに行きますからね~(笑)
手当たり次第声かけているから(多分)きっと居なかったと思いますよ~。
イタリアの有名人・・・知りませんね~。
映画俳優も知らない。

> 日焼けしてる人何歳なんだろ~ね
> 写真でわかりづらいけど
> 30代に見えるんですが・・・違いますか?

いや~~~。
日焼けで真っ黒な人の年齢は難しいですね。
30代にも40代にも50代にも見えます。
で、元の画像を拡大してみてみたら、50代か60代に見えました。
体は若くてハリがあるのに、顔は凄いシワシワでした。
一体いくつなんだろう・・・。
顔のシワは何か病気なのかしら?ってくらい体とアンバランスでした。

> 軟派おっちゃん・・・東京に来て
> ももさん探してる頃だと思います(爆)

きゃきゃ!
きっとナンパしまくってますよ~(笑)


v-372 Yottitti さん、こんばんわ。
> 相変わらずもてもてですね(笑)
> カメラマンなんて~、カメラ持ってないし、なんか、格好があやしい~
> でも日本でネタになってるなんて面白い!

いや~、若い頃、イタリアで声をかけられるなんて1度もなかったんです
けどね・・・。
歳を取って声をかけられるなんて、イタリアっていい国だわ~(笑)
日本は若い子が好まれますが、イタリアは年増好き?
しかもURL見て見たら、画像をシェアするサイトみたいで、よく分かりません
でした。

> 格好を見るって言うのもポイントですね
> バールでネクタイですか~
> そんな硬いものなのですね

レストランに行くたびに、あまりにみな着飾っているので、イタリア人
凄い気合い入っているな~って思ったんです(笑)
「バールでネクタイ」は夫が良く言ってました。
スーツ着て行く時とカジュアルで行く時と、態度が全く違うと。
イタリア駐在組で、その話で盛り上がるので、いまだにあることなんだと
思います。

> うさぎのお肉はうさぎと聞いただけで敬遠しがちだけど、鶏肉みたいなら
> 食べてみようかな

うさぎは美味しいですよ。
チキンと違いがないかも?って、だったらチキンでいいじゃん!て感じなん
ですが、確実にチキンより美味しいです。
私もフランスで食べた事がないって話を料理人をしている友人に話したら、
「美味しいんだよ?!うさぎだから食べないって!何言ってるの?!」と
数人に驚かれ、即座に美味しいお店に連れて行かれて、食べさせられました。
牛肉は糞マズイのに、うさぎが美味しいとは驚きでした。
イムでメニューにあると必ず頼みます~。
機会があったら是非どうぞ~(笑)

> それにポレンタ&ポルチーニおいしそう
> なんかおなかへってきました

ポレンタ美味しいですよね~。
素朴なあの味がいいですね。

ももくそ | URL | 2012/11/06 (Tue) 18:46 [編集]


イタリアに行ったこともなければ、イタリア人の知り合いもいませんが、
2分の1イタリア人の知り合いから、そのいとこ100%イタリア人のはなしを聞いたことがあります。
彼は車を運転中に女性に見とれて、3度電柱に追突しているそうです。
彼らはDNAに何を刷り込まれているのでしょう。
美人を見たらナンパしなければ、地獄に落ちるとでも教育されているのでしょうか。
それでも男性が女性に敬意を持っているというところは、日本人から見るとうらやましいなと思います。
しかし、オッサン! ナンパの前に鏡を見ろ!

料理はホントにおいしそう。
海の幸盛りは、ホント、アホ盛りw
ももさんの嗅覚はさすがだな〜
地元の人が多いというのは、どこでも応用が利きそうなポイントですね。
覚えておこう!

ゴー子姉 | URL | 2012/11/06 (Tue) 21:47 [編集]


こんにちは!2

ヴォルフガング伝説

>フランスの古城で、床が朽ちていて落ちそうだったんですが、そこをあえて
狙って何度もトランポリンみたいにジャンプしている夫を発見した時は、

これは想像しただけで、そうとう受けました
可笑しくて可笑しくて笑みがとまらないです(爆)
なかなか出来るもんじゃないですよ
素晴らしい

そやけど
ももさん
二人で・・ジャンプしながら
「ヴォルフガング♪」
「もも♪」アハハハと二人で跳んで欲しかった(笑)

そやけど
怒るももさんと
二人の釣り合いがとれてるんでしょうね~

tookue | URL | 2012/11/07 (Wed) 11:10 [編集]


v-273 ゴー子姉 さん、こんばんわ。
> 2分の1イタリア人の知り合いから、そのいとこ100%イタリア人のはなしを聞いたことがあります。
> 彼は車を運転中に女性に見とれて、3度電柱に追突しているそうです。
> 彼らはDNAに何を刷り込まれているのでしょう。

爆!
ありそうですね~。
イタリア人て、ほんとマンガみたいなんですよね。
単純で笑える。
そう言えば、10年以上前に私が持っていたイタリア語の本、これがまた
凄い内容だったんです。
大体、どこの国の言語でも脈略のない会話だったりするんですが、何故か
私の持っていた本は「黙れ!売女!」とか「この泥棒猫!」とかの例文が
あったんです(爆)
初級なのに、いつ使うんだよ~~~って、笑っていたんですが。
例題になるくらい、こんな会話頻繁なんですかねぇ~(笑)
あの本、なくなっちゃって残念です。
あったら記事で紹介したかったわ~。

> それでも男性が女性に敬意を持っているというところは、日本人から見るとうらやましいなと思います。

まったくですね~。
若かろうが歳を取っていようが、重い荷物(スーツケースとか)持って
階段なんか登ろうなら、必ず男性が持って運んでくれます。
今の日本は「看護婦」が「看護師」になったり「保母さん」も「保育士」
になるなど性の差を埋めようと必死ですが、私はヨーロッパのような
無条件に男性が女性が崇める文化ってすごくいいと思うんですよね~。

> しかし、オッサン! ナンパの前に鏡を見ろ!

しかもTシャツ短パンにインしてますからね(笑)
たまにおしゃれに疎いイタリア人がいるんですよね~。
って、自分を棚に上げて偉そうに言って色々言ってます(テヘ)

> 料理はホントにおいしそう。
> 海の幸盛りは、ホント、アホ盛りw

イタリア料理って、盛り付けのせいなのかいまいち美味しさが伝わり
にくいんですよね~。
私の写真の腕って話もありますが(笑)

海の幸盛りは、やり過ぎですよね。
これが出ると豪勢でみんな感嘆の声をあげますが、実際はたいして美味しくない。
しかも中る率高し!(笑)


v-273 tookue さん、こんばんわ。
> これは想像しただけで、そうとう受けました
> 可笑しくて可笑しくて笑みがとまらないです(爆)
> なかなか出来るもんじゃないですよ

お城の観光に飽きたらしくてね。
いつの間にかどこかに消えたな~って思ったら、どこからか
「ギィ ギィ ギィ ギィ ギィ ギィ ギィ ギィ ギィ 」って音が
聞こえるんです。
なんだろうって最初は放っておいたんですが、次の部屋に入ったら
夫がジャンプしてました(笑)

私も「ありえねー」って、思わず笑っちゃったんですけどね。

> 二人で・・ジャンプしながら
> 「ヴォルフガング♪」
> 「もも♪」アハハハと二人で跳んで欲しかった(笑)

いや~、それで床を抜いた日には、ニュースになりますよ!
遺跡の落書きどころじゃないです~(笑)
あれ?そう言えば日本の学生が落書きしたのイタリアでしたよね。

ももくそ | URL | 2012/11/07 (Wed) 19:28 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。