ももくその、楽園てどこにあるんだろう・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ミラノぷらぷら

さて・・・。
ここまでイタリア旅行記を書いてきたけれど、チンクエテッレを入れてまだ4日分
しか書いていない。

ミラノには7日も滞在したのに、既に書くことがない。


ほんと、買い物しかない街。

みらの

フランスは見るものいっぱいだし歩くだけで楽しいのにな~。


円高&世界的経済不況の為、昔に比べて物が安くなっているイタリア。
縫製は悪いがデザインと生地の質の良いイタリアの服が、セールじゃないのに激安!!!

夫からも「好きなだけ買っていいよ」(スーツケースに入るならね(笑))の
微妙なゴーサインをもらったので、ミラノは買い物に明け暮れました。



買い物超!たのし~~

かお22


買い物&街散策はメトロもバスも使わず、ずっと歩き通しました。

ミラノの土地勘がない方はピンと来ないと思いますが、ホテルのある中央駅近辺から
ブエノス・アイレスを通り、ドゥオモを超えてスフォルツェスコ城まで~
と言うコースを何度も繰り返し歩く私。

「つまらない・何もない」と言いながらも、歩くだけで楽しいのがヨーロッパ
だったりします。


さて、我が家が今回滞在したホテル。
・・・ホテルと言ってますが、正しくはキッチンが付いたレジデンスです。


実はこのレジデンス、モデル事務所と契約しているらしく、滞在者はみんな
ミラノで開催されるコレクションに参加するモデルでイッパイ!!

同じ人間とは思えない美しい人々が、レジデンスにはびこっています。


モデル1


  レジデンスから
   出てきたところを
   激写

足の長さが半端じゃありません。

絵も人間もなんでも『綺麗』なもの好きの私は、彼女らを見かけるたびに後ろから激写。
今考えたら、一緒に撮って貰えば良かったわ・・・。

モデル2

これでも高級ホテルに宿泊が出来ない、三流・四流のレベルな彼女ら。
うじゃうじゃいるモデル全員、ロシアやその他東ヨーロッパ出身のスラブ系。

トップモデルを目差して是非頑張って欲しいものだ。


今回のヨーロッパ滞在で、ビックリするくらい痩せた私。
何故なら毎日物凄い距離を歩き、一日の食事のうち2食はサラダだったから。

よく「ヨーロッパ旅行中の野菜不足」なんて言葉を聞くけれど、飛んでもない!
新鮮で豊富な種類がある野菜とおかずのサラダは、どこのお店にもあり、ランチでたっぷり
食べることが出来る。

みらの1

これで5ユーロ。
安い!!!(フランスだったら8~18ユーロはする)

画像では分からないけれど、かなりデカいサラダボウル。
こちらの人は、これで一食分。

日本人みたいに、ご飯もおかずもサラダも・・・と言う風には食べない。
『サラダ=一食分のご飯』なのだ。
他にチキンが乗ったものなど豪華なメニューもある。

この日の夕食はミラノに住む友人と、「予約の超取れない激ウマ有名店」に行く予定。
それまで散歩。


メルカート(市場)を発見!

メルカート1

アジアでもヨーロッパでも市場を見るのは楽しい。

お昼すぎだったので、魚屋さんはほとんど売り切れ。

メルカート5


色とりどりの野菜。


メルカート2

ここで、例の「モレ」を発見!


やっぱり桑の実だったじゃーーーん!!!

メルカート3

夫に「これが本物だ!この野郎(←まだ騙された事を根に持っている)」と
教える為に1パック購入。

お惣菜屋を物欲しそうに覗き込み通り過ぎ、手芸店で人形用のレースをお買い物。
長い市場を通り抜けて行くと、骨董市に辿り着く。

骨董市というよりはガラクタ市。


このガラクタ具合がなんかいい・・・。


(クリックすると大)


メルカート

リモコンとかワケのわからん鎖とか「これ一体何に使うの?」なんてものばかり・・・。
興味深い。

その点、レコードなんかはジャケットだけでも「買い」かもしれない。

メルカート4

レトロでカッコいい!
インテリアにいいかも~。

この市場は中央駅前から続くビトルヴィオ通りをブエノス・アイレス近くまで
歩くと左側にあります。
ベネデッド マルッチェロ通りからサヴェリオ メルカダンテ通りまでです。

つづく。

次回はミラノの超予約の取れない大人気トラットリアのグルメレポートと
美味しいお店の見つけ方をお教えしますね!

にほんブログ村 主婦日記ブログ ぐうたら主婦へ にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ

関連記事
スポンサーサイト

PageTop
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。