ももくその、楽園てどこにあるんだろう・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

いろんなヨガ

ヨガ話が続くが、この前に「ヨガをやっている整体師がいたらな」と、書いたけど
よく考えたらいた。 

私がずっとお世話になっている先生で、施術しながら寝ちゃった人 なんだけど、汗とか
物凄い好奇心旺盛で、健康に関するものは、何でも手を出す人だった・・・。

ある日突然、「僕、最近ヨガに行きだして、はまってるんですよ。」と、言ってきた。
どんなヨガかと話を聞くと・・・、

「あのですね、クラスに参加したみんなで輪になってストレッチっぽいヨガポーズを15分して、
その後、自分の体を

おもいっきりバチバチ叩くんですよ・・・。

・・・。マジですか
詳しく聞くと、男は上半身裸になって、体が真っ赤になるまで思い切り叩かなければ
ならないらしい・・・。
きっちり15分叩いたら、またヨガポーズ。
それを何回か繰り返すそうだ。

力が入ってないと、そのヨガの先生に怒鳴られるそうだ。 (´Д`ι)アセアセ
そうすることによって、体の中の悪いものが出て行くらしい・・・。

どうやらこんな感じで叩くらしい。ダウン

          

こんなヨガ・・・、やだ。

椎名誠の「インドでわしも考えた」という本に出てくる「空中に浮かぶヨガ修行者」
(日本人でオ○ム真理教とは関係ない)もいるように、ヨガには色んなジャンル(?)
があって、まだまだ私たち日本人が計り知れない世界があるみたい・・・。

最近よく、「ヨガは宗教か?否か?」という言葉を耳にする。
「宗教ではない」という先生が大多数。
でも歴史的に見ると、ヨガは立派に宗教の修行の一環だし、深い哲学も持っている。
バラモン教、ヒンズー教、仏教、ジャイナ教でも取り入れられている。

私たちが普段行っているアーサナを行うことだけがヨガじゃない。
最近は、こんなのもある・・・。ダウン
           
           笑うヨガ(30秒後くらいから始まる)

            

このヨガと、アニマル浜口の「ワハハ」の違いが分からない・・・。(○´д`A)フキフキ
ヨガって、お笑いの要素も含んでるのか・・・?(笑)

そうかと思えば、海外にある苦行も元々はヨガと繋がりがあるのかな?とも思う。

元々はインドの奇祭でシンガポールの「タイプーサム」(←衝撃映像)のような苦行と、
タイの仏教徒の中華系の人々が行う10月の「菜食祭り」も、「タイプーサム」と全く似たような
苦行を行うのを考えると、同じく身体を鍛える為の修行という意味で繫がっているんだと思う。

手塚オサムの「ブッダ」でも、シルシャアサナスプタクルマのポーズのまま一生過ごす苦行
者が登場するし・・・。(滝汗)

他にもこんな苦行している人いるよ・・・。
暇があったら見てみて。→ヒンズー教苦行 

ああ、火の上歩いたり 針を体に刺したりするよりは、
笑うヨガって幸せでいいな・・・。


人気ブログランキングへヨガナビゲーターblogランキングにほんブログ村 健康ブログ ヨガ・ピラティスへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。