ももくその、楽園てどこにあるんだろう・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

パエリヤ ~ スペインの風

   パエリヤ 大

パリに住んでいた時代に、何度かスペインに旅行した。
その度にパエリヤを食べたけど、実は・・・、

一度も美味しいと思った事はない Σ(o>艸<)  

日本で食べるパエリヤは、日本人が大好きな「おこげ」があって、ほかほかに炊けている。
 (私はおこげ嫌い 汗とか硬いのが歯に詰まってどうしても美味しいとは思えない・・・)

でも現地で食べるパエリヤは、リゾット以上に水分多めで半生状態で芯が残っている。
芯の残り具合がハンパじゃない。(アルデンテを超えて、生です!!)
これはとても日本人が、「美味しい~」と感じる物だとはなかなか思えない・・・。

パエリヤというと豪華でお洒落なイメージがあるが、元々本場バレンシアでは兎やカタツムリ、
鶏肉などを使った「ごった煮」の漁師料理だ。
それが今ではスペインの観光地ではどこでも、魚介だけではなく色んな種類のパエリヤを
食べることが出来る。

何故突然パエリヤの話かというと、
先週、ルクルーゼのファミリーセールに行ってきた。
ビュッフェキャセロール鍋を見た瞬間、

「これでパエリヤ作りたい・・・。 (*´艸`)ウフ 」と思った。

しかし今回販売っされている鍋は、日本未発売の直径30cmのどデカイものだ。
下手したら、3~6人前あるかも・・・。 
ずっと欲しかった鍋だから、この際是非手に入れたい おーっ
そして、せっかく買ったからには使いたい・・・

Le Creuset ビュッフェ・キャセロール 26cm オレンジ 25032-26-09Le Creuset ビュッフェ・キャセロール 26cm オレンジ 25032-26-09
()
不明

商品詳細を見る
蓋をしたまま200度までオーブンの加熱もOK。そのままテーブルに出してとても豪華。パエリヤの他にもアクアパッツァなどにも・・・

家にはよく人が集まってパーティー(いわゆる飲み会)をする。
毎回、すっごい迷惑 なフーディー(食通でウルサイ人)が来るから大変・・・。 A´ε`;)゚・゚
自分じゃ作れないくせに、いちいちウルサイ。

肉1つ焼くのにも、焼加減に拘る。
美味しくワインを飲みたいから、料理の順番までケチつける。
料理に使うアルコールや調味料まで指定する。

・・・うち、レストランじゃないんですけど・・・。

今回はパエリヤだ。
特別繊細な料理じゃない(どちらかと言うとガサツ)、早く鍋を使いたいし料理も余らせたくない。
仕様がない、フーディー呼んでやっつけるか 

PAELLA DE MARISCOS
米 2.5~3カップ
ブイヨンキューブ溶かしたお湯 1リットル
頭付海老 5~8尾 背腸を取って焼いて丸まらないように、ボキボキ体を反対に曲げる)
アサリ 1パック(砂抜きしてね♪)
イカ 1杯(輪切り)
チョリソーか鶏肉 1本(一口大に切る)
にんにく 1個(みじん切り)
玉ねぎ 1/2個(みじん切り)
サフラン 適量
パプリカ粉末 大1

好きな野菜(今回は・・・)
アスパラ 3本(5㎝間隔に切る)
赤・黄パプリカ 各1個(縦に細切り)
パセリ 1房(みじん切り)
レモン スマイルカットしたもの人数分

オリーブオイル 適量
黒胡椒 適量

① 別鍋にオリーブオイルで海老を赤くなるまで焼いて取り出す。
② 同じ鍋に鶏肉、イカを焼いて取り出す。
③ アスパラ、パプリカ(フレッシュな方)を塩コショウして炒める。
④ パエリヤ鍋(食卓に出すフライパン)に、オリーブオイルで玉ねぎにんにくを炒めて
   洗わないそのままのお米とパプリカ粉末を入れて透明になるまで炒める。
⑤ ブイヨンキューブを溶かしたお湯にサフランを溶かして半量を④に入れて蓋をして
   15分中火で煮る。
⑥ 蓋を開けて水分の状態を見て、残りのお湯を足して、アサリを投入し再び蓋をして5分煮る。
⑦ 蓋を開けて水分の状態を見て、②を入れてかき混ぜて①の海老を並べ、アスパラや
   パプリカの野菜を入れて蓋をして5分煮る。
⑧ パセリを散らしてテーブルに・・・。
   各自、お皿に盛ってレモンを絞ってオリーブオイルと黒胡椒を轢いて食べる。
 
 Bon appétit jumee☆cheers1R

お米の状態は個人の好みがあるので、個々に味見して調節して下さい。
このパエリヤの作り方は、めっちゃ面倒クサイ作り方だ。
ただ、見た目を美しくするためのもの。

本来は1つの鍋で最初に魚介と肉を炒めてから野菜を炒める。
その後にお米を入れて炒めてからブイヨンを溶かしたお湯を入れて煮るのだ・・・。
その時点で、見た目の美しさは諦めのただの「ごった煮」だ。
手間を掛けて美しくするか、味は変わらないのなら簡単にするのかは、
貴方の判断に任されます・・・。

結局、5人前はあるかと思ったパエリヤは、大食漢にとっては何の問題もなかった
みたい・・・。
たった2人で私の分を除いた全てを全部綺麗に平らげた。

にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
にほんブログ村
アップランキングに参加しています。良かったら2つボタンを押して下さい。(^ヮ’人) 
関連記事
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。