ももくその、楽園てどこにあるんだろう・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

どこまで食べれる・・・?

フランス人は日本人のように、1つのお皿を数人でシェアしたり、一口チョットなんて
ことはしない。 (ハシタナイからね♪)

まあ、私も (。′ё`)σコレ(一口ちょっと)がダメなんだけどネ。

なのでイムと日本で食事に行く時には気を使う。

みんなで1つの鍋を箸でつつく、しゃぶしゃぶや鍋なんて嫌がる人が多いし・・・。
(外食なのに自分で調理っていうのも、意味がわからない的な考え)


若い子ならみんなでワイワイそれもOKなのかもしれないが、ある程度の年を取っていて
しかもビジネスで来ている人には、それなりのところを考えて連れて行く。

だけど、今回はこんなチャレンジャーな事をしてみた。


パリから来たパリジャン に (アルザス出身ダケドw)
      ホルモン喰わせて
        ホルモンジャンにしちゃえ~www



って事・・・。
ホルモン屋に白人の外国人がいるのなんて見たことない。
ツーリストはもちろん、住んでいる外国人にとってもディープな場所なはず。


日本語分らなきゃダメだし、大体ホルモンなんて嫌悪する人のほうが多いだろうし。


でも実はイムでは、ステークタルタルという牛生肉のミンチをケチャップやケイパー
コーニッション、ビネガーなどで味付ける食べ物があるのだ。(不味いケドw)


steak tar tar


生肉が食べられる人種って数少ないと思うが、その1つなのだ。

それにホルモンだってお手のもの♪

前にも記事で書いたが、アンドゥイエットなる 激臭 内臓ソーセージもあるからだ。


アンドゥイエット


日本のホルモンはいかに新鮮で臭みが少ないかが勝負なのに、イムでは全てがこれに
反しているような物が出てくる。

とも角、臭い。
「肉は腐りかけが良い」なんて言うけれど、腐りかけどころか「完全に腐ってるでしょ!」って
くらいに臭いのだ。

だから問題はないハズ・・・。


(○´д`A)フキフキ いえいえ。さすがの私でもアラブ人に騙まし討ちで豚肉食わすような
           事はしませんよ。
           それじゃ嫌がらせ通り越して戦争になっちゃいますものね。

セバスチャンがアンドゥイエットが好き、という話を踏まえた上で、ホルモン屋に
やって来ました。
(ちなみに私が嫌いって言ったら爆笑していた。イムでも好き派・嫌悪派に分かれる)


 で、まず手始めは、牛タン煮込み・酢モツ・明太子のせ厚焼き玉子

タン

厚焼き玉子は、もしやの為の保険で頼みました。

しかしセバスチャンは表情を変えずに黙々と食べる。
感想を聞くと、「うん。いいよ。」と答える。

でも顔は無表情だよ・・・?
本当に美味いのかい・・・?

イムはダメならダメってはっきりしているし、二度と手をつけないから分りやすいけど。
何度もお皿に盛るってことは、美味いのね・・・。

じゃ、いきなりですが・・・。

ホルモン刺し~♪

盛り

これが登場した途端、セバスチャンの顔が強張る。

「これは網で焼くんだろ?」って聞いてくるが、笑って「このままで!」と答える。
すると・・・。
めっちゃ、嫌ぁ~~~~~~な顔してビビッて何度も「有り得ん!」と言っていた。

ステークタルタルだと思えばいいよ、と言ってみたが、何よりもレバ刺しがドン引き
らしい・・・。
生で大丈夫なのか?
と、何度も聞いてきた。

私はこのリアクションを見て、さすがのフランス人も食べないだろうと思った。
しかし、夫がレバ刺しを小さく切ってあげてニンニクと醤油を垂らしてあげたら・・・。

まさかの・・・、


(・▽・) 食べたーーーー!!!


私いつも思うんだけど、こういう時って絶対にフランス人は断らないの。
人に持て成されたりして、「なんじゃこりゃ!!!」って思うもの出されても
断らないで、絶対1口はちゃんと食べるのがマナーって徹底しているの。

これって凄いと思う。

イムと同じように、自分の国の食いもんが世界一と思っているイタリア人は違う。
物凄く保守的。
物珍しいものは「なんだろ?」なんて興味を一切持たないし、口にしない。

今まで色んな人種に出会ったけど、先入観や食わず嫌いとかで出された食べ物を
拒否しないのは、今のところフランス人だけだ。


これって凄い見習うべきいい事だなぁ~って思う。
不味かったものは二度と手を出さないけどね。(笑)

しかし、あれだけドン引きしていたセバスチャンは、一口レバ刺しを口にしたら、
無表情のままで残りの1枚を平らげた・・・。

それって、想像と違って美味しく感じたから・・・?ドキドキ

(゚Д゚)σ 後に夫が言うには、一口食べてあんまり美味しくなくて、もうちょっと
      食べたら美味しさが分るかな?っていう確認の2枚目らしい。(笑)


そして、その他のホルモン刺しも、考えた表情で黙々と食べる。


最後にメインの、モツ鍋~♪

モツ鍋

このモツ鍋の何がドキドキかって・・・。
あの小腸の脂だ!!!

これがアメリカ人だったら「ファット!ファット!」うるさい。

しかしさすがのイム。
脂好き~と、ご満悦。

そうよね。
イムでは見なかったけど、イタリアではラルドが存在するものね・・・。

ラルド ラルド

これは豚の脂。
パンに挟んだり、薄くそのまま切って生ハムと同じようにおつまみにしたり・・・。
強い塩気と濃厚な脂の旨みを堪能する一品。


こんなもの食ってりゃ、そりゃホルモンいけるわな・・・。


この日は、いつもの上品料理とは違う、ディープな日本に触れてどうだったかしら・・・?


帰り際に夫が


 よし!明日は 生きた魚 (生き造り) を食わせてやる!

と言ったら。


すかさず、


もう勘弁してくれ!!!


と嘆いてました。(爆)


今日の音楽♪Soul Dracula

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
           にほんブログ村 

関連記事
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

いい人ですね

こんにちは、ももくそさん。

おもてなしの裏にある、優しさ半分の
「これ、どうよ?大丈夫かな?」のちょっかいが
なんとも笑えました~。セバスチャンさんには
悪いけれど。(ごめんなさーーーい!)

それにしても、セバスチャンさん、すばらしい!
いい人だなあと心底思います。ももくそさんご夫婦の
気合に負けたのかな?ふふふ。明日のごはんも
楽しみにしてます。

のりぶう | URL | 2010/01/27 (Wed) 19:07 [編集]


素晴らしいですね~

出された物は必ず一口は食べるのがマナー。
ほんとにそうですね。
それが異国の地であろうと、マナーとして当たり前のことなのでしょう。
フランス人魂に触れたような気がしました。
常に無表情ってとこは、ちょっと笑えますね。
不味いのは分かるとして・・・美味しいなら美味しい!と言ってくれればいいのにね~e-455

Mic | URL | 2010/01/27 (Wed) 21:25 [編集]


世界は広~い!

パリジャンのセバスチャンは、
とうとうホルモンジャンになったんですね!!

黙々と食べてる時の表情を想像して笑っちゃいました。
臭いソーセージを食べるなら、くさやも大丈夫なのかな?
出されたものは、必ず断らない・・・
流石、プライド高いだけありますね。
食の文化の違い。
世界はほんとに広いもんですね。
いろんなこと勉強になります。

ももくそさん、本当にありがとうございます!

jyobitaki | URL | 2010/01/27 (Wed) 21:47 [編集]


Noと言わない

Noと言わないんですね~フランスの方って!なんだか自己主張の塊みたいなイメージだったので、そのギャップに驚きましたーーー。

生きた魚は、そりゃ、ももくそさん。。。(^_^;)
日本人だって抵抗ありますよぉ・・・

実験台にされちゃってるセバスチャンに、同情しつつ、外人にゲテモノを食べさせてふふふ~とSを堪能するのが大好きな私でもあります~(^_^)v

Larimarmaid | URL | 2010/01/27 (Wed) 21:48 [編集]


あ!?そうそう

ももくそさん、度々ごめんなさい!

今日ね、スーパーに行ったらロマネスコ売って居てビックリ!
初めて生で見ました。
食べるのが楽しみです!(笑)
お友達にもあげたら、初めて見る造形に目を丸くして驚いていました。
嬉し楽しのご報告でした~♪

jyobitaki | URL | 2010/01/27 (Wed) 21:53 [編集]


Re:

のりぶうさん、こんばんわ。
> おもてなしの裏にある、優しさ半分の「これ、どうよ?大丈夫かな?」
> のちょっかいがなんとも笑えました~。
あ、分っちゃいました・・・。
ちょっと遊んでいました。(爆)
ダメもとでおススメしたんですが、まさかみんな残らずちゃんと食べるとは!

> それにしても、セバスチャンさん、すばらしい!
本当にそうだと思います。
こう言ってはなんですが、西洋人からしてこんなB級グルメは、野蛮な食べ物って嫌悪感持ってもおかしくないんです。
それをなんの偏見も先入観もなくしてチャレンジしてくれました。
こういうところに、ああ、この人は差別とかない人なんだなあ~って思います。
結構、食べ物に偏見があるかないかって、人としての目安にもなります。


Micさん、こんばんわ。
>常に無表情ってとこは、ちょっと笑えますね。
多分、不味かったんだと思います。
普通はそれなりに答えるんですが、決して彼はマイナスな答えはしないんです。
何事も・・・。イムにしては珍しい・・・。
いい人なんです(笑)だからパリでは大変らしい・・・。
いい人は苦労する街って・・・!!!(爆)


jyobitaki さん、こんばんわ。
>臭いソーセージを食べるなら、くさやも大丈夫なのかな?
美味しいかどうかは別として、セバスチャンなら一口は絶対に食べます(爆)
他のイムは、出されたものは食べる主義ですが、好き嫌いはハッキリしているので、最初に主張します。
その後に出したら嫌がらせなので、そういう人にはこういう実験はしません。(爆)
食に関するのはプライドというよりは、好奇心とマナーが大きいと感じます。
タイなどのアジアの屋台を不衛生で汚らしいと思う日本人が多いように、日本の食文化に対してそう思っている西洋人も沢山いる中、すごいな~って思います。
多分、セバスチャンはタイで虫もいけるかな~?
どこでNON!て言うか実験したいです(爆)


Larimarmaid さん、こんばんわ。
>フランスの方って!なんだか自己主張の塊みたいなイメージだったので
確かにそうなんですが、食に対しては好奇心旺盛みたいです。
だからイムの日本食でナイフ&フォークで食べている人はいないんです。
その国のマナーをちゃんと実践して食べています。
だから箸で豆も掴めます。(驚)

>生きた魚は、そりゃ、ももくそさん。。。(^_^;)日本人だって抵抗ありますよぉ
生きた魚は、生き造りですよ~。
ちゃんとお刺身になっています。
飾ってある下ろされたばかりの頭と尻尾はピクピクしていますが・・・(笑)
釣堀と居酒屋が一緒になった所に行きたいです。
自分で釣った魚をその場でさばいてお刺身や煮物にしてくれるんです。
テーマパークみたい(笑)

ももくそ | URL | 2010/01/27 (Wed) 22:12 [編集]


フランス人のこと

私は、あまり良く知らなかったので勉強になりました!
保守的ってイメージがあったので、驚き。
でも、確かに異文化に興味を持ち、OPEN なとこありますね!
モントリオールやケベック行くと、そう感じます。

しかし… 私は生肉を食べたことないし
出されても絶対食べないと思うので
イムさん、本当に勇気があるな~って尊敬します。

クランベリー ソース | URL | 2010/01/27 (Wed) 22:31 [編集]


Re: フランス人のこと

クランベリー ソースさん、こんばんわ。
> しかし… 私は生肉を食べたことないし 出されても絶対食べないと思うので
え~!ユッケもダメですか?!
韓国料理の!
あとイタリアのカルパッチョとか♪
おお~日本人でもダメな人いたんですね~(笑)
海外に住むと日本食が恋しくはなりませんか?
美味しいカナダ料理とかあったら教えて下さい~。

ああカナダと言えば、プーティンが食べたいです。
日本ではグレーヴィーが規制に引っ掛るのか輸入されていません。(涙)

ももくそ | URL | 2010/01/27 (Wed) 22:45 [編集]


こんにちは!

ももくそさん
こんにちは!

日本人でも苦手なホルモン屋に連れて行くとはなんて素敵なご夫婦でしょう(笑)最近は普通の焼肉屋にもいろんな種類のホルモンおいてありますよね。私も食べる機会が増えました。でもまだ今ひとつ美味しさがわからないですけど(^^;)レバーは焼いても刺しでも好きです♪私もセバスチャンの表情が見たかった(笑)

今日もありがとうございました!

ほぷほぷ | URL | 2010/01/28 (Thu) 00:33 [編集]


Re: こんにちは!

ほぷほぷさん、 こんにちは!
> 日本人でも苦手なホルモン屋に連れて行くとはなんて素敵なご夫婦でしょう(笑)
はい!チャレンジャーなので・・(笑)
てか、まあ・・・。根っからのS・・・?!!
ガクガク((((゚Д゚;))))ブルブル

>でもまだ今ひとつ美味しさがわからないですけど(^^;)
私もホルモン刺しのレバ刺し&カルビ刺し以外は手をつけませんでした。(爆)
世の中の食べ物全てを美味しく感じたら幸せなんでしょうけどね~。
今日も訪問ありがとうございました。

ももくそ | URL | 2010/01/28 (Thu) 01:09 [編集]


マナーが

仏って食のマナーが徹底してるんですね~。スゴイ!
その5分の1でも公衆マナーも徹底してるといいんですけどねw
セバスチャン好感がもてます。
まぁ、人種もさることながら食に対する冒険心って本当に人それぞれですよね。
自宅で初めて、韓国人夫婦をもてなした時がありました。料理は私の手料理で純和風。
旦那さんは好奇心が旺盛で「山芋と梅干の和え物」や「肉じゃが」や「ブリのカマの塩焼き」・「大根おろしと酒盗」と、おいしいと言って、なんでも食べたけど奥さんはそんな旦那を驚きの目でみてましたよw
奥さんは箸が進まなくて申し訳なかったなぁ。
次回は日韓両方の料理を作ってもてなそうと思ってます。

ねこ地蔵 | URL | 2010/01/28 (Thu) 10:38 [編集]


Re: あ!?そうそう

jyobitaki さん、こんにちは。
> 今日ね、スーパーに行ったらロマネスコ売って居てビックリ!
とうとう見つけたのですね!!!
どんな風に料理するんですか?
jyobitaki さんは料理上手だから楽しみです~。
ブログにUPして下さい~♪

ももくそ | URL | 2010/01/28 (Thu) 11:27 [編集]


Re: マナーが

ねこ地蔵さん、こんにちは。
>まぁ、人種もさることながら食に対する冒険心って本当に人それぞれですよね。
ですよね~。
なんじゃこりゃぁ→どんな味だろ?→食べてみたい と、
なんじゃこりゃぁ→得体が知れない→怖くて食えるか!
に分かれますね。
うちにも日独夫婦(奥さんがドイツ人)が遊びに来たんですが、彼女は食に拘りがあって、私の料理はとうとう一口も口にしませんでした。(水だけ飲んで)
その時は10人くらい集まったパーティーだったんですが、5時間何も口にしないんですよ。
ベジタリアンと聞いたので、スープならいいかな?と思って即行ボルシチを作ったんですが(肉ナシで)、「ロシアの料理は世界的にマズイと言われているので、食べません!」とキッパリ言われてしまいました。(爆)
世の中には色んな人がいます・・・。

> 次回は日韓両方の料理を作ってもてなそうと思ってます。
やっぱり楽しんで喜んで欲しいですよね~。

ももくそ | URL | 2010/01/28 (Thu) 11:58 [編集]


こんにちは!

ももさん。接待じゃなく・・(いじめじゃないですよね?)^^
私も肉生では駄目ですね。
(sennzo furannsuzinn kamo)
向こうから見れば・・・日本人が旅番組で芋虫食べてるようなものでしょうね

次回鯨の肉はどうなんでしょうかね?よくわかりませんが!

tookue | URL | 2010/01/28 (Thu) 13:53 [編集]


Re: こんにちは!

tookue さん、こんばんわ。
> 私も肉生では駄目ですね。
え~、日本にユッケが登場して以来、カルビと同じくらい生肉は日本人に認知されて、メジャーになっていると思ってました。
焼き肉と言えば、カルビ・牛タン・ユッケが三冠王だと・・・。w(☆o◎)w

そう言われると、父が「生肉なんて」って昔言っていた気がします。

> 次回鯨の肉はどうなんでしょうかね?よくわかりませんが!
私はクジラだったら牛肉の方が断然、美味しいと思うので、国際的に批難を受けながら食べる意味が分らんです。
まあ、牛肉が高価で手に入らなかった頃の貴重なタンパク源だったから、その世代は子供の頃のご馳走の味が忘れられないんでしょうけどねぇ。

ももくそ | URL | 2010/01/28 (Thu) 18:49 [編集]


貴重な体験

ももくそさんご夫婦、やりますね~。だいたい海外のお客様には機嫌良く帰ってもらうために、あたりさわりなさげなところに連れて行きますもん。ホルモンとは!!なんだかセバスチャンさんに感情移入しながら読んじゃいました。それにしても、ももくそさんは海外の食べ物に詳しいのね!私なんぞイムへ行っても日本の食べ物ばっかり食べてた。今度行ったら、イムの食材で、イムの家庭料理でも習ってみたいな。でも、ウサギは触れない。。。

かのちゃん♪ | URL | 2010/01/28 (Thu) 22:23 [編集]


Re: 貴重な体験

かのちゃん♪さん、コメントありがとうございます。
イムは結構雑食ですから・・・(笑)
中国ほどではないですが、先入観で「汚い」とか「野蛮」とか「危ない」って思わなければOKかな?って思いました。(笑)
だって牛の脳みそだって食べるし・・・。
ウサギ可愛いですが、美味しくて大好きです。
猫は絶対にダメですが、可愛いと思いながら食べれました&好きです。
食で言えば、イムに「日本人は人間を食う」って責められました。
佐川事件(日本人がガールフレンドのイム女を殺して食って無罪だった)を引き出して虐めてきます。(汗)

ももくそ | URL | 2010/01/28 (Thu) 22:29 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。