ももくその、楽園てどこにあるんだろう・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

アトリエ ももくそ ~ オープン♪

最近、悩みゴトが頭の中を駆け回っていて気が晴れない。
こんな時は美しい絵でも見て気分転換しよう・・・。

と、いうことで~ これから不定期ではありますが、私の好きな絵をここで紹介して
ゆきたいと思います。


今回のテーマは、オフィーリアです。 パチパチ
オフィーリアと言うと、

そうです。
シェークスピアの戯曲「ハムレット」に出てくる悲劇のヒロインです。
恋人ハムレットに父親を殺され、気がふれたオフィーリアは川で溺死してしまいます。

このオフィーリアの美しくも悲しい死の場面は、多くの画家が芸術魂を刺激されて描いている
のです。


では、ミュージックスタート!



音楽を聴きながら幻想的な世界へ行ってらっしゃい!(注:音楽スタート遅し)


※絵をクリックしたら拡大します。

ジョン・エヴァレット・ミレー (1829~1896)
John Everett Millais

millais4.jpg

オフィーリアと言うと、このミレーの絵を思い浮かべる人が多いだろう。
この絵はモデルを務めたエリザベス・シッダルが、真冬に湯の張ったバスタブの中でポーズを取り続けた為に風邪を拗らせてしまい、モデルの父親から治療費の支払いを請求されたという逸話も残されている。


アーサー・ヒューズ (1832~1915)
Arthur Hughes

Ophelia アーサー ヒューズ


アーサー・ヒューズのもう1つのオフィーリア


ArthurHughes-ophelia2.jpg


 どちらのオフィーリアも私は好き。

 画像が悪くてこのオフィーリアの美しい青い目

 の色が綺麗に出ないのが残念・・・。




お次は私の大好きな画家、ルシアン・レヴィー=デュルメル(1865-1953)
Lucien Levy-Dhurmer

Opheria levy_dhurmer

彼の作品はね。
パステル画なんだけど、もう~そりゃぁ~、繊細で幻想的なのよぉ~。
フランス人嫌いなはずなんだけど、なぜか好きな画家はフランス人が多いんだな。
いつかきっと彼を特集します。


ジョン・ウィリアム・ウォーターハウス(1849~1917)
Jhon William Waterhouse

Ophelia ウォーターハウス

ウォーターハウスはオフィーリアの主題を好んで3点描いているが、私はこの絵が
一番好き。
水辺のオフィーリアではなく草の上で、挑むかのような妖しげで何かを訴えるような
瞳がいい。


ジュール・ジョゼフ・ルフェーブル(1836-1911)
Jules Joseph Lefebvre

ophelia20julesjoseph20lefebvre.jpg

 このオフィーリアはまるでニンフのよう。

 透明感があります。



ジョルジュ・ジュール=ヴィクトール・クレラン(1843-1919)
Georges Jules Victor Clairin

Ophelia Georges Jules Victor Clairin

私はこのオフィーリアが1番好き。 (・▽・)bイイッ!!!
残念な(?)ことに彼もフランス人。

そして彼のもう1つのオフィーリア。

Ophelia- Georges Jules Victor Clairin1
 
 1枚目のオフィーリアはお姫様のように美しいのだが、

 このオフィーリアはもっと大人で、気がふれた狂気の

 感じがよく出ている。



アレクサンドル・カバネル(1823-1889)
Alexander Cabanel

Ophelia Alexander Cabanel

やつもイム。
彼の絵で有名なのはヴィーナスの誕生。
貝殻の上で股間押さえるヤツじゃなくって(それはボッティチェリ)波の上で寝そべって
いるヤツね


エルネスト・エベール(1817-1908)
Antoine-Auguste-Ernest Hebert

hebert.jpg

 ヤツもイム。

 しつこい?w

 なんか生意気な目をしてますねぇ~。

 描いている人間のヘソが曲がっているから



フランク・ディックシー (1853-1928)
Frank Dicksee

Ophelia Frank Dicksee

 上の絵の表情がアニメチックなのに対して

 こちらはとても古い顔。

 真面目で清楚な表情は描いている人間が

 イギリスの人だから・・・?

 って関係ないって。(やっぱしつこい?w)



ポール・アルバート・スティック(?-1924)
Paul Albert Steck

Ophelia ポール アルバート スティック

 沈んじゃってます。

 もう川の底です。

 でも口から泡が出ているので、まだ生きています。



お疲れ様でした。
音楽と絵画鑑賞っていいものですね♪
サティのジムノペディも好きな曲です。
・・・って、ヤツもイムじゃないかw(しつこい)

でも最初、音楽もつけようと思って思いついた曲がビックリするくらい「鬱々」
する曲で、聴いているうちに病んできそうで絵の印象も変わってきてしまう為、
その曲は止めました。(爆)   (゚Д゚)σしかもそれもイムw


みなさんいかがでしたか?
たまには美術館で絵画を見るのもいいですねぇ~。
 

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
           にほんブログ村 

関連記事
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ありがたやありがたや

「ももくそアトリエ」オープンセレモニーにお招き頂き、有難うございます。。。って、勝手に押しかけてますが・・・。
実は私、色々と難題を抱えて居りまして、美術館へ行って静かに過ごしたいな~と思っていたところでしたので、タイムリーなアトリエオープンに感謝。感謝でございます。
薄幸の美しい女性は、やはり絵になるのですね~。
お多福の私は・・・ダメだ、こりゃ。

次回も楽しみにしております。

jyobitaki | URL | 2009/12/08 (Tue) 18:33 [編集]


Re: ありがたやありがたや

jyobitaki さん、いらっしゃいませ~♪
なんと本当にタイムリーですね!
私もここ1,2ヶ月ずっと鬱々悩んでいまして、気がつくとその事ばかり考えていたりして・・・。
でもこのブログをやっているお陰で気が紛れたり、こうしてコメントを頂いて更にみなさんに元気を貰ってこちらこそ感謝、感謝です。

絵は私の好きなもので「オフィーリア」と暗い題材だったのですが、少しでも幻想的な世界観で俗世のしがらみから心を解き放つことが出来たら幸いです。

私も美人薄命ってなりたいんですけど、多分、80代後半くらいまでは絶対長生きしそうです・・・。(笑)

ももくそ | URL | 2009/12/08 (Tue) 21:12 [編集]


ももくそさん、こんばんは。
「アトリエももくそ」オープンおめでとうございます。
しかし、ももくそさん学芸員並みに詳しいですね!!
目にしたことのある絵はわずかに2枚・・・
勉強になります!!
ジムノペディがBGMのオフィーリアのフロアを一周した気分になりました。

スティングレイ | URL | 2009/12/08 (Tue) 21:45 [編集]


Re: タイトルなし

スティングレイさん、こんばんわ~。
偏ったチョイスでしたが如何でしたか?
私は全て、広く浅くなんです・・・。w 
だから〇〇派とかは全然ダメです。分りません・・・。
ただ、好きな物だけ追いかけます。(つめが甘い)
音楽も然り・・・。(照)
だからスティングレイさんのようなレビューは書けないのです。
尊敬します。

ももくそ | URL | 2009/12/08 (Tue) 23:26 [編集]


いいですね~^^

私は、美術に関する薀蓄は無いのですが、仕事などで詰まった時期には、ふと美術館に出かけて、そこで時間を過ごすのは好きです。
まあ、どちらかというと、作風が好きな画家の展示があれば見に行くという形なのですが、こういう風に、対象となるテーマという切り口で楽しむのもいいものですね!
個人的には、ウォーターハウスの絵が気に入ってしまいました。何を語ろうとしてるのか、、その怪しげな魅力もまた、、惹かれますね (^-^ )

卒煙魂 | URL | 2009/12/09 (Wed) 06:44 [編集]


ほ~~~ぅ。

ももくそさん、こういうご趣味あったんですね?なんだか今日は静かな美しい空気が流れています(明け方まで飲んだくれた二日酔い頭にはなんて有難い!)。私は、足すべらして沼に落っこちたけど、かろうじて木の根っこに引っかかって、その状況にもかかわらずポーズ作ってるカバネルのにひっかかりました。あ~、やっぱまだ酔っ払ってる。また、見に来ます。この企画、とっても素敵です。どうもありがとうございます。ほんじゃ、また。

かのちゃん♪ | URL | 2009/12/09 (Wed) 14:01 [編集]


Re:

卒煙魂さん、いらっしゃいませ。
> 個人的には、ウォーターハウスの絵が気に入ってしまいました。
> 何を語ろうとしてるのか、その怪しげな魅力もまた、惹かれますね 
私もこの絵がとても好きです。
ウォーターハウスはギリシャ神話や古代ローマなどを主題にして素敵な絵を書いています。

今回は、画家によってどんな風にオフィーリアをイメージしているのか違いがあるので、こうやって自分のイメージにあう絵を探すのも楽しいです。


かのちゃん♪さん、いらっしゃいませ~。
明け方まで飲んでいたんですか?
実は私も昨日は飲み過ぎちゃって、かなりの二日酔いです。
まだ酔ってます・・・。
確かにカバネルの絵、木に引っかかってますね。
これで溺死って難しいぞ。
このあとずり落ちるのかしら・・・?
言われて初めて気がつきました。(爆)
感想言い合うのって新たな発見があって楽しいですね。

ももくそ | URL | 2009/12/09 (Wed) 16:44 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。