ももくその、楽園てどこにあるんだろう・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

頑張れ自分 ~ 蘇州3日目 パート2

旅行3日目にして、
一緒にツアー参加している足立のおじさんが、どうしても我慢ならなくなる・・・。


何かと私たちの所に寄って来ては、「〇〇安かったよ」とか、他の人が扇子を買っていると
「アレは偽物だ白檀じゃない。本当は10分の1の値段だ」とかイチイチ言ってくる。


(;′Д`)ノ買い物も旅行の楽しみなんだから、他の人のことなんか放っておけばいいのに・・・。


しかも!

距離が近い・・・。

顔4 「ねー。ねー」

と言ってくるので振り向くと、ピッタリ体をくっつけて顔が近い・・・。


Σ(゚ё゚ノ)ノ  チ、チカッ!!


前回にチラッと、工場ショッピングで嫌な思いをしたと書いたが、実はそれは足立のおじさん
のことなのだ・・・。

その時も、ロビーでみんなの買い物が終わるのを待っていると、物凄い勢いで近寄って
話しかけてきた。

顔4 あんた、家どこ?こんな所で買うより、秋葉原で毎年2回セールがあるんだよ。


と、ここで私の胸に手を伸ばしてきて、胸のトップの所のブラウスをつまんで


顔4 ほら、コレ!コレ!こういうの売ってるんだよ。


ドキドキ などと言ってくる・・・。


その後も、如何にそのセールが安いかをずっと語り続け、「洋服」って単語を言う
シチュエーションが来ると、
「コレがね・・・」と言って、何度も胸のブラウスをつまんでくる・・・。


(╬⓪⓪)  あ!ありえん・・・。
         お前!確信犯だろ!!



その時ちょうど夫はトイレに行っていたので、私は1人だった。
出てくると同時に私は、


TT ウキー!!コッチ!コッチ!!


と手招きするが、夫が来たらきたで再度、その話をし始める・・・。


しかも!!
夫がいるのにも拘わらず、同じように 

顔4 コレがね売っているの・・・。


と、私の胸の前のブラウスをつまんでくるではないかっ!!


( ◢д◣)ムゥ ウッキー!! ありえん!!
       お前の手口は、
       「思いっきりあてているけど、手の甲なので
        スレスレセーフです」っていう確信犯の痴漢と
       一緒なんだよっっ!!!



この場合、過剰に反応すべきなのか?(実際嫌な思いしてるんだからね)
それともこの先、一緒に旅を続けなくてはならないのでグッと我慢するのか・・・?


多分、欧米人の女性だったら即座に手を払うだろう・・・。
でも私は出来るだけ波風立てずに穏便に持って行きたいし、ヘナチョコ日本人だ。


電車での痴漢行為は即座に手を掴んで「やめてください」と言えるが、こういう
シチュエーションではどうしていいか分からない・・・。


夫も後では、
「あのエロ親父。信じられない・・・。」と言っていたが、その場では無言でいた。
男性の立場としてはこういう時ってどう思うのかしら?  A´ε`;)゚・゚



(;′Д`)ノぇー ちなみに、
         うちの夫は万が一、私がピンチに陥った時は(チンピラに絡まれるなど)
         自分だけ真っ先に逃げ出すタイプのヘタレです・・・。



その後、極力近寄らないようにしようと夫と話し、距離を置いて観光。


でも、いくら距離を置いても、話しかけられたら無視は出来ない・・・。
素っ気なくとも多少は受け答えをするのだが、次の昼食の時に 怒りで完全無視をしてしまう
出来事があった。


それは昼食を取るレストランで子猫を見つけた時だった。

ネコ5 2匹いた ネコ2匹 


(✪ฺД✪ฺ) ネ、ネ、ネコチャだぁ~~ ❤❤❤


レストランで飼っているネコを見て興奮 
鼻の穴を広げて鼻息荒くしながら、足元で丸くなる子猫をワサワサ撫でる。


すると突然、二の腕を誰かに思いっきり掴まれる・・・。
見上げると、足立のおじさんが腕を掴んで顔を近づけてくる・・・。



顔1 ダメダメ!中国の猫は寄生虫いるから!

ここで頭の中で「プチッ」と何かが切れる音がする・・・。

(╬ಠಠ凸) うるへー!!!
        海外でむやみに動物に触らないのが鉄則だって
        知ってんダヨ!!
        だから鶏とか豚とか犬には触らねーヨッ!
        中国に限らず寄生虫ってのは日本にも居るんだよ!!
       バーカ!バーカ!バーカ!
                   てか、気安くさわんじゃねー 

       

あまりにアホらしかったので、完全無視して触りまくる・・・。
それでもずっと「触っちゃダメだよ  チッチ 」とかやって腕をずっと掴んだまま。
イラっとしたので腕を振りほどいて、無我夢中で子猫を撫でる。


すると一緒に雑技団を見に行ったマダム(他の人と一線を引いていた)も、寄って来て
もう1匹いた白いネコと遊び始める。


夫も紙ナプキンでこよりを作ってネコにじゃれさせる。
ここまできたら何も言えないっしょ・・・。


諦めて離れるが、まだ他の人に「中国の猫は寄生虫がいるから危ないんだよ」とか言って
いるのが聞こえる・・・。怒る


ここで一緒にネコを可愛がっていたマダムが、白いネコの名前は「ミミちゃん」
と教えてくれた。


試しに呼んでみる。
 


・:*:・(*´Д`) ミミちゃん・・・ ♡


ミミちゃん  にゃあ


鳴いた♡ (*´艸`)ウフ


ネコって癒しだわぁ・・・。
なんて気分を持ち直して午後を観光する。


が!


ここで癒された私の心を打ち砕く事件がまた勃発する・・・。orz
それは夕食の時。


このツアーで出る食事は「粗食」だと書いた。
その中で、1品だけその土地の名物が給仕される・・・、


今回は 『万三蹄 (ワンサンティ)』 (長時間豚足を醤油で煮込んだ料理。多分・・・。)


夕食 1

                        アップ
              これがその日に出た食事の数々・・・。

真ん中の麻婆豆腐、下は炒り玉子のシラスのせ、右に向かって大根煮、上は白菜塩炒め
海苔のスープ、その上は春雨の醤油煮(文字通り春雨のみ)、つみれ団子、白米、


そして待っていました  『万三蹄 (ワンサンティ)』

写真では食べかすで骨と皮しか残ってないが、バラス前はこんな風になっている。
            ダウン
豚足 この街ではこの様に売っているお店が沢山あった。


こういう大皿料理は、端から順番にお皿に取ってテーブルを回していくので、誰かが
最後の食べ残し(?)をチマチマと取ることになってしまう。
しかし、このツアーのみなさんは 後の人を気遣ってチョットずつ取り、残ったら再度
おかわりをしていた。
今回の席順は私たち夫婦が、一番最後にお皿が回ってくる位置に座っていた。


最悪なことに私達の隣に足立のおじさん夫婦が席を取る・・・。orz

いっつも食事でガツガツしていた足立のおじさん夫婦。
反対側で誰かがお皿に取っていても、自分が欲しいお皿があったらイライラして回転
テーブルを小刻みに揺らし、相手にプレッシャーをかける・・・。


今回もメインの「万三蹄」を食べたくてしょうがなかったみたいだ。
やっと自分の所に回ってくる・・・。


お皿に残った「万三蹄」を 根こそぎ自分と妻の皿に盛る・・・。 マジですか


大皿には元々2本あった。
みんな、ちょっとずつお皿に取ったので、足立のおじさんに回ってきた時は綺麗に1本
残っていたのだ・・・!!!


それを・・・。


それを・・・。


骨と皮だけ残った状態を

顔4 「ハイ、どうぞ」

と、テーブルをまわして目の前に置かれる・・・。


(⓪⓪) お、お肉!な!無いやんけ・・・・!!!



щ(ಠಠщ╬) ウオォォォ~!!! 食べ物の恨み !!!
                 絶対に忘れん!!!!
  

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
           にほんブログ村 

関連記事
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

足立のおっさん!!!

自分が体験したわけではないので、最初はゲラゲラ笑ってみていたものの・・ かなりうざいおっちゃんですね~ 

つうかぁ!! タダのエロおじさんではないですかぁぁ!! (でもウチの主人も現場を見ても言わない派です・・平和主義なんで・・ ) 確かに・・痴漢ならいえますが・・これから共に行動する人には言いにくいですよね・・そのジレンマが・・イライラ!!

今までもかなり「怒」ですが・・食べ物の恨みは恐ろしいですよ~!! ワタシなら・・多分聞こえるように文句をぶぅぶぅいうかも。。です。。(特に食いしん坊なんで・・)

カワユイニャンコで唯一慰められましたね!!

おっさん・・・でも・・まだ・・少しだけ面白い・・
主人本日も大爆笑です!!

sakiちゃん | URL | 2009/09/23 (Wed) 22:17 [編集]


Re: 足立のおっさん!!!

私も食には並みならぬ拘りがあるので、その時はさすがに
声に出して「肉ないじゃん!!v-359」って言っちゃい
ました。w
痴漢行為(?)は堪えられても、食に関しては押さえが一切
効かない所に己を知ります・・・。(照)

ももくそ | URL | 2009/09/24 (Thu) 00:34 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。