ももくその、楽園てどこにあるんだろう・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

やっと帰国・・・。

無事、社会科見学を終えて帰国しました~。

 (゚Д゚)σ もはや、バカンスではなくなっている・・・。

今回の旅行はある意味、完全な社会科見学で貴重(?)な体験だった。 A´ε`;)゚・゚
今まで想像していた中国、中国人像が完全崩壊した旅でもあった。  

私が今までしてきた旅行は、飛行機とホテルだけのパッケージで完全フリーか、または
飛行機のチケットからホテルも自分の好きな所に決めた完全自由旅行。
(現地の1日ツアーなどは参加した事はあるが (゚Д゚)σ)


なので今回の様に、現地ガイドがフルアテンドで付いて、見知らぬ人たちとの団体行動ツアー
は初めての体験だった。 

今までずっと、大型観光バスからゾロゾロ日本人が出てくるのを見て、
 λλλλλλλλλλλλλλλλ....... 幼稚園バス 

。:゜(;´Д`)゜: うわぁ~、こんな旅行嫌だなぁ・・・。
 
なんて思っていたのだが、
まさか自分がその中に入るとは思ってもいなかったよ。(;´д`)トホホ…

まあ中国語分らないし土地勘もゼロだから、フルアテンドの団体地ツアーしか手立てが無い
から仕方が無い。

未知の国をバックパッカーするほど 
            気力も無けりゃ、若くもないしね・・・。(ノ∀`♥)


こういう旅行って、何より気を使うのが人間関係・・・。


大体さぁ、出発前に旅行会社から来た「旅行の手引き」を見た瞬間、嫌な予感はしたのよ。
注意事項の欄で書いてあったのが・・・、

「1、食事を喉に詰まらせる事故が多発しております。ゆっくり少しずつ口に運ぶように
   注意して下さい。

 2、浴室で転倒する事故が多発しております。焦らずゆっくり~なんたらかんたら。

 3、観光地で躓いて転倒する事故が多発しております。足場が悪く~なんたらかんたら。」



(╬⓪⓪)  どんだけ老人なんだヨッ!!!


日本からも近く食事も親しみがあって、ガイド付きのツアーなので多少の覚悟はしていたが、
いざ空港の現地ガイドがいる待ち合わせ場所に行くと、そこには総勢15人の団体客。

推定平均年齢65歳。

 ・・・。


どっからどう見ても、うちら浮いてるっしょ!!w


さあさあ。 

うんざりグッタリ社会科見学の幕開けダヨ~。 

To be continued 
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
           にほんブログ村 

関連記事
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

おかえりなさ~い

旅行は楽しんでこれましたか?

バカンスが社会科見学になってましたが…(笑)
中国ネタのUP楽しみにしています。


にゃん次郎 | URL | 2009/09/12 (Sat) 22:50 [編集]


ももくそさん、お帰り~。
爆笑ツアー、期待してます。

スティングレイ | URL | 2009/09/12 (Sat) 22:53 [編集]


お帰りなさ~い!!

待ってました!!
やはり中国は「シニア」の方に人気なんですね!!

期待・・・膨らみます!!

ツアー・・未知の国では頼ってしまいますが・・
ある意味・・面倒ですねぇ・・・ もうムリです・・・

sakiちゃん | URL | 2009/09/12 (Sat) 23:33 [編集]


Re: タイトルなし

ただいまです~。
いや~、今回の旅行は完全に社員旅行、もしくは社会科見学でした。
初日から3日まではずっと、
(゚゚) ツマンねー!! って苦痛でしたw

ももくそ | URL | 2009/09/14 (Mon) 11:46 [編集]


Re: お帰りなさ~い!!

ただいまです~!!
ツアーも4、5人までだったら問題ないんですけどねぇ・・・。
時間もいっぱいいっぱいに詰め込んでいるので、
写真すら取りたい時に取れませんでした。

まあ、いい勉強になりました。

ももくそ | URL | 2009/09/14 (Mon) 11:51 [編集]


Re: タイトルなし

スティングレイさん、タダイマですぅ~。
爆笑かどうかは分らないですが、お土産話盛りだくさん
で帰ってきました~。

でも、半分以上がただの愚痴です。w

ももくそ | URL | 2009/09/14 (Mon) 11:55 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。